音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

新しくインストールした Cisco Unity 3.x および 4.x システムへのサブスクライバの追加に関する問題

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

新規にインストールされたシステムに Cisco Unity サブスクライバが追加された場合、追加のユーザは、選択されたサブスクライバ テンプレートに関連付けられたサービス クラス(CoS)に関連付けることはできません。 これはライセンス制限のしきい値が原因である可能性があります。 このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

この資料はまたサブスクライバが Cisco Unity サーバにインポートされるとき作成されるサブスクライバの解決を助けますがエラーメッセージによる分配リストに追加されませんでした

注: このドキュメントの情報は、Cisco Unity for Exchange に基づいています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco 公認のサーバの Cisco Unity 3.x

  • Cisco 公認のサーバの Cisco Unity 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: 追加ユーザは選択した加入者 テンプレートによって関連付けられるサービス クラスに割り当てることができません。

サブスクライバが Cisco Unity に追加されるとき、このエラー表示:

追加ユーザは選択した加入者 テンプレートによって関連付けられるサービス クラスに割り当てることができません。 サービス クラスによって有効に なる 機能の何れか一つ以上のためのライセンス制限に達しました。

解決策

この問題へのソリューションはこのセクションで詳しく説明されます。

追加ユーザを選択した加入者 テンプレートによって関連付けられる CoS に割り当てるためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. サブスクライバ テンプレートによって使用される CoS をチェックして下さい。 CoS はすべてのライセンス数を制限するためにユーザのちょうど総数使用されます。

    1. 『Subscriber』 を選択 して下さいか。> サービス クラスか。> 認可された 機能

    2. システムが選択される CoS すべての設定のために認可されることを確認して下さい。

      新しいインストールの間のよくある問題はこれらがシステムが認可される機能のとき ViewMail for Outlook (VMO)、Text-to-Speech (TTS)、または Visual Messaging Interface (VMI)オプション ボタンが選択されることです。 この問題を解決するために、オプション ボタンの設定の隣でチェックを外し、保存し、ユーザを追加するように試みて下さい。

  2. 使用可能なユーザ ライセンスの数を確認する。

    Cisco Unity 3.x

    1. [Start]、[Programs]、[Unity]、[Keydump] の順に選択します。 各 CoS のためのライセンスの数はこの例に示すように、表示する。 追加ライセンスを購入するために、Cisco販売販売担当者に連絡して下さい。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/13914-Fg1.gif

    2. 利用可能 なライセンスすべてが示せば使用されていますが、多くのサブスクライバが追加されなかったこと、インターネット一時ファイルか履歴フォルダをクリアしなければならない可能性があります。 これを行うには、次の手順を実行します。

      1. Internet Explorer のツールバーで、[Tools]、[Internet Options] の順に選択する。

      2. Internet Options ウィンドウで、General タブをクリックして下さい。 Temporary Internet Files セクションに行き、『Delete Files』 を選択 して下さい。

      3. [History] セクションに移動し、[Clear History] を選択する。

      4. システム アドミニストレータ(SA)からログアウトしてから再度ログインし、 他のサブスクライバを追加する。

    3. 利用可能 なライセンスが十分ある場合 Dongle 情報が SA に移植されたことを確認して下さい。

      これをするために、SA > System > Licensing > Licensing Counts に行き、Keydump の結果とこのページの数を比較して下さい。 情報が異なっている場合、それをアップデートするためにライセンス シンクロナイザを実行して下さい。 ライセンス シンクロナイザを実行するために、これらのステップを実行して下さい:

      1. Unity サービスを停止する。

      2. [Start]、[Programs]、[Unity]、[License Synchronizer]、[Update] の順に選択する。

      3. 完了したらサーバを再起動する。

    Cisco Unity 4.x

    Unity 4.0 では、認可は USB か並列キーを変更し、もはや使用します。 Cisco Unity 4.0 および認可に関する詳細については Cisco Unity ライセンス交付に関する FAQ を参照して下さい。

    利用可能 なライセンスをチェックするために、Start > Programs > Unity > Licensing に行って下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/13914-unity4-0licensing.gif

    注: Cisco Unity を反映するか示されている何がこのページでに SA は > 行きまことを確認するために > ライセンス数および認可された 機能認可します

エラー: 作成されたサブスクライバはエラーによる分配リストにしかし追加されませんでした。

サブスクライバがインポートされるとき、Cisco Unity は作成されるサブスクライバを表示するがエラーメッセージによる分配リストに追加されませんでした

解決策

(AllSubscriber 公共分配リスト(PDL)のデフォルトでメンバーはだれであるか) Exchange 2000 環境の Cisco Unity と、既存のユニティ サブスクライバが再度削除され、次にインポートされるとき、エラーメッセージ ボックスは表示する。 表示する エラーは作成されるサブスクライバを読みますがエラーによる分配リストに追加されませんでした。 このエラーはそのようなサブスクライバが Cisco Unity から削除されるとき、サブスクライバが PDL のメンバーに残るので発生します。 サブスクライバが削除されたのに、どのメッセージでも PDL に当たる場合、サブスクライバはまだ電子メールだけを通して、ない音声メールによってこのメッセージを—受け取ります。

サブスクライバが再度インポートされるとき、Cisco Unity は自動的に AllSubscriber PDL にサブスクライバを追加することを試みます。 サブスクライバが既にメンバーであるので、Cisco Unity は述べられるエラーメッセージを表示する。

問題はサブスクライバをインポートするためにデフォルト サブスクライバ テンプレートが使用される AllSubscriber PDL はデフォルト サブスクライバ テンプレートから取除かれます場合解決し。 もう一つのソリューションはサブスクライバが AllSubscriber PDL の一部ではないことそのような物別のテンプレートを持つサブスクライバを再インポートすることです。

エラー: 受信者に有効な eメールアドレスがありません。

Exchange 2000 および Active Directory (AD)サービスの Cisco Unity に PDL を追加する試みがあるとき受信者に有効な eメールアドレス エラーメッセージが受け取られますありません。 ただし、既存の PDL 作業。

解決策

これは Cisco Unity における、しかしむしろ Exchange 2000 によって利用される AD サービスの権限における問題ではないです。 この問題を解決するために、AD サービスのための適切な Organization Unit (OU)で Exchange サーバの PDL を作成して下さい。 変更を行った後、受信者のアップデート サービス(RUS)は PDL のための eメールアドレスを押すのを助けます。

エラー: 認識されない エラー 0x80070005 は発生しました。

Cisco Unity への Exchange 特定のユーザのインポートは壊れ、認識されない エラー 0x80070005 は発生しました。 新しい サブスクライバは追加に成功しませんでしたまたはアクセスはエラーメッセージを表示する否定しました

解決策

この問題を解決するために、このプロシージャを行って下さい:

  1. AD のユーザアカウントが OU からの権限を受継いだかどうか確認して下さい。 これを行うために、これらのステップを実行して下さい:

    1. Cisco Unity サーバのデスクトップから、ターミナルを『Tools』 をクリック して下さい。 ツール ターミナルから、ユーザがインポートされる OU の Permissions ウィザードを実行して下さい

    2. Active Directory Users and Computers に行って下さい

    3. View > Advanced Features の順に選択して、アカウントのプロパティで Security タブを表示します。

    4. Properties ページはユーザアカウント 始動の OU およびダブルクリックに行きます。

    5. [Security] タブをクリックします。

    6. Allow inheritable permissions from parent to propagate to this object チェックボックスをチェックします。

      http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity/13914-inherit.gif

  2. AD の影響を受けたユーザの Properties タブをクリックして下さい。 それから、Security タブをクリックし、このオブジェクトにチェックボックスを伝搬させる親からの割り当て相続できる許可がユーザがあるようにまた確認されることを確かめて下さい。

  3. どのアカウント Av* サービスが LogOnAs を持っているか Start > Settings > Control Panel > Administrative Tools > Services に行き、に調べて下さい。

    ドメイン Admin group に動作するある、またこの資料で示されている他の権限をなりません AvDSAD および AvDSGlobalCatalog サービスはアカウントとして持たなければ。 AvMsgStoreSvc サービスはドメイン Admin group にあり Exchange 完全な管理者である必要があります。

  4. AvDSAD および AvDSGlobalCatalog サービスを再開して下さい。

    注: これらのステップを完了した後問題が解決されない場合、Cisco Unity サーバ C:\commserver\configurationsetup\setup.exe /sync から setup.exe を実行して下さい。 それから、Cisco Unity サーバを再起動して下さい。

エラー: MailStoreList を取出すエラー

単一性 SA ページを使用している Cisco Unityサブスクライバを追加する試みが行われるときこのエラーメッセージは受け取られます:

ERROR fetching MailStoreList (for server servername)
hr=0x8004010F (0x9004010F)
Check that the AVDSGlobalCatalog is registered

解決策 1

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバに移動し、[Start] > [Programs] > [Microsoft SQL Server] > [Enterprise Manager] を選択します。

  2. Microsoft SQL Server > SQL サーバ グループへのドリル ダウンは > Unity server_name > データベース > UnityDb および『Tables』 をクリック します。

  3. 右のペインでは、MailboxStore 表を置き、次に右クリックするためにスクロールして下さい。 それから Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい。

  4. 正しい Exchangeサーバ名が HomeServer フィールドで入力されることを確かめて下さい。

  5. Cisco Unity サーバをリロードして下さい。

解決策 2

DC/GC を試み、再接続するためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unity サーバから、ターミナルを『Tools』 をクリック し、ツール > DC/GC を再接続します設定を『管理』 を選択 して下さい。

  2. Force を再接続しますドメインコントローラおよびグローバル カタログ タブの下でボタンをクリックして下さい。

解決策 3

この問題を解決するために、詳述される Cisco バグ ID CSCse03163登録ユーザのみ)で回避策を実行して下さい。

エラー: 監察するアクティブ ディレクトリ(AvDSAD)をオブジェクトを作成されなくて Cisco Unity サービス。

分配リストに Cisco Unityサブスクライバを追加することを試みるときこのエラーメッセージは表示されます:

Event Type:	Error
Event Source:	CiscoUnity_DSAD
Event Category:	Error 
Event ID:	1048
Date:		2/29/2008
Time:		3:26:22 PM
User:		N/A
Computer:	UNITY1
Description:
The Cisco Unity service that monitors Active Directory (AvDSAD) failed to create object.

Type: AVOBJECTTYPE_RECIPIENT
Name: da4687450ff09540a8e9cf971a187c6d
Reason: ERROR_DS_NO_SUCH_OBJECT: There is no such object on the server.
Domain Controller: hawk.PPTNET.com

Possible causes include: 1) Network connectivity to the Domain Controller. 2) Insufficient
rights for The Cisco Unity service that monitors Active Directory (AvDSAD) account.

Ensure that The Cisco Unity service that monitors Active Directory (AvDSAD) can contact
the Domain Controller and has sufficient rights to create objects. If the problem
persists, enable all the micro traces for The Cisco Unity service that monitors Active
Directory (AvDSAD) in the Unity Diagnostic Tool.

解決策

問題を解決するためにこのプロシージャを行って下さい:

  1. Cisco Unity ツール ターミナルに行き、関連したサービス アカウントのための許可をリセットするために Permissions ウィザードを実行して下さい。

  2. AvDSAD および AvDSGlobalCatalog サービスを再開して下さい。

エラー: 白ページはユーザがサブスクライバを『Add』 をクリック すると開きます

ユーザが追加 Subscriber ボタンをクリックするとき、ユーザはブランク ウィンドウを受け取ります。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバで、Microsoft SQL Server > Enterprise マネージャ > データベース > UnityDB > に行って下さい。 ADDomain を右クリックし、Open Table > Return All Rows の順に選択 して下さい。 0Lastusn フィールドを設定 して下さい。

  2. Cisco Unity サーバから、ターミナルを『Tools』 をクリック し、ツール > DC/GC を再接続します設定を『管理』 を選択 して下さい。

  3. Force を再接続しますドメインコントローラおよびグローバル カタログ タブの下でボタンをクリックして下さい。

このタスクを完了した後、DC/GC からの終了は設定を再接続し、これらのステップと続きます:

  1. [Cisco Unity Tools Depot] > [Diagnostics Tools] を選択し、[DohPropTest] をダブルクリックします。 パスワードを入力し、[DOH Property Tester] ウィンドウをクリックします。

  2. [GC Monitor] をクリックし、[TotalResync] を選択します。

AvDSAD および AvDSGlobalCatalog サービスを再開して下さい。

何人かのサブスクライバをインポートすることが不可能な新しい Exchange サーバへの移動の後

Cisco Unity 改造を行った、新しい Exchange サーバに移動する後、いくつかのサブスクライバはインポートすることができません。

新しい サブスクライバを追加するとき、このエラーメッセージは表示する:

Error fetching MailStore list (for server OVERTIME).
hr=0x8004010F (0x8004010f)
Check that the AVDSGlobalCatalog is registered and running.
Please see your system administrator for more details. 

解決策 1

Unity にユーザをインポートする不可能は古いユニティサーバと関連付けられるので GlobalSubscriber 表からサブスクライバを削除する場合解決されます。 削除が完了したら、Cisco Unity ツール ターミナルグローバル な サブスクライバ マネージャ ツールに行き、サブスクライバ プロパティを取除いて下さい。 これが終了するとき、ユーザをインポートできます。

解決策 2

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unity サーバで、Regedit を開始して下さい。

  2. HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\アクティブな音声を\ Doh キー拡張して下さい。

  3. 現在のパートナー Exchange サーバの名前はキー メール サーバ名前に現われます。

  4. Exchange 新しい名前に MailServerName を変更して下さい。

  5. Regedit を閉じ、サービスをリセットして下さい。

既存の AD/Exchange サブスクライバだけ追加することできる

単一性 SA Webページを通して新しい サブスクライバを追加することが不可能; 既存のアクティブ ディレクトリ/交換サブスクライバおよび分配リストしか追加なできます。

または

インターネット サブスクライバを追加するためのオプションが選択不可能になるので Cisco Unityサブスクライバを追加することが不可能。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Permissions ウィザードを実行して下さい。 次の手順を実行します。

    1. Cisco Unity サーバで、Cisco Unity Tools Depot アイコンをダブルクリックして下さい。

    2. 管理 ツールを拡張し、Permissions ウィザードをダブルクリックして下さい。

    3. 権限を『Set』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

    4. オブジェクト Cisco Unity 管理者によって Create 画面できる選択に達するまでプロンプトに従って下さい。

    5. 『Users』 を選択 して下さい(Cisco Unityサブスクライバ)

    6. オンスクリーン プロンプトに従い、権限を適用して下さい。

    7. 結果をチェックし、すべての権限が適用することを確かめて下さい。

  2. Cisco Unity メッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザード(MSCW)を実行して下さい。 次の手順を実行します。

    1. Start > Settings > Control Panel の順に進み、追加/除去 プログラムに行って下さい。

    2. ユニティ メッセージ ストア コンフィギュレーション ウィザードを『Cisco』 を選択 し、『Change/Remove』 をクリック して下さい。

    3. プロンプトを『Next』 をクリック し、新しい サブスクライバを選択されることを追加するためにことを確かめるために従って下さい。

    4. MSCW を終えて下さい。

    5. Start > Programs > 管理 ツール > Services に行き、AvDSAD および AvDSGlobalCatalog サービスを再開して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13914