セキュリティ : Cisco IOS ファイアウォール

Cisco IOS Firewall を使用する NAT なし 2 インターフェイス ルータの設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この設定例は、インターネットに直接接続されている非常に小規模のオフィスで動作するもので、ドメイン ネーム サービス(DNS)、シンプル メール転送プロトコル(SMTP)、および Web サービスはインターネット サービス プロバイダー(ISP)で稼働しているリモート システムから提供されていると仮定しています。 内側のネットワークではサービスは何もなく、インターフェイスが 2 つあるだけです。 ロギング サービスを提供するために使用できるホストがないので、ロギングもありません。

この設定では入力用のアクセス リストしか使用しないため、アンチスプーフィングとトラフィック フィルタリングは同じアクセス リストを使用して行います。 この設定は、2 ポートのルータでのみ動作します。 Ethernet 0 が「内側」のネットワークです。 Serial 0 は ISP へのフレーム リレー リンクです。

Cisco IOS を使用して NAT で 2 つのインターフェイス ルータを設定するために NAT Cisco IOS ファイアウォール 設定の 2インターフェイスルータを参照して下さいか。 ファイアウォール。

Cisco IOS ファイアウォールを使用して、NAT を使用しない 3 インターフェイス ルータを設定するには、Cisco IOS ファイアウォールを使用した NAT を使用しない 3 インターフェイス ルータの設定(英語)を参照してください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに適用されます。

  • Cisco IOS(R) サポートされる Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3.3.T からのソフトウェア リリース 12.2(15)T13

  • Cisco 2611 ルータ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/13892/cbac4-1.gif

設定

このドキュメントでは次の設定を使用しています。

2514 ルータ
version 12.2
!
service password-encryption
no service udp-small-servers
no service tcp-small-servers
no cdp run
!
hostname cbac-cisco
!
no ip source-route
!
enable secret 5 $1$FrMn$wBu0Xgv/Igy5Y.DarCmrm/
!
username cisco privilege 15 password 7 0822455D0A16
no ip source-route
ip domain-name cisco.com
ip name-server 172.16.150.5 
!

!--- Set up inspection list "myfw".
!--- Inspect for the protocols that actually get used.

!
ip inspect name myfw cuseeme timeout 3600
ip inspect name myfw ftp timeout 3600
ip inspect name myfw http timeout 3600
ip inspect name myfw rcmd timeout 3600
ip inspect name myfw realaudio timeout 3600
ip inspect name myfw smtp timeout 3600
ip inspect name myfw tftp timeout 30
ip inspect name myfw udp timeout 15
ip inspect name myfw tcp timeout 3600
!
interface Ethernet0/0
description Cisco Ethernet RTP
 ip address 10.20.20.20 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
 !
 
!--- Apply the access list in order to allow all legitimate traffic
 !--- from the inside network but prevent spoofing.

 !
 ip access-group 101 in
 !
 no ip proxy-arp
 !
 
!--- Apply inspection list "myfw" to Ethernet 0 inbound.
 !--- When conversations are initiated from the internal network 
 !--- to the outside, this inspection list causes temporary additions 
 !--- to the traffic allowed in by serial interface 0 acl 111 when 
 !--- traffic returns in response to the initiation.

 !
 ip inspect myfw in
 no ip route-cache
 !
 no cdp enable
 !
 interface Serial0/0
 description Cisco FR
 ip address 172.16.150.1 255.255.255.0
 encapsulation frame-relay IETF
 no ip route-cache
 no arp frame-relay
 bandwidth 56
 service-module 56 clock source line
 service-module 56k network-type dds
 frame-relay lmi-type ansi
 !
 
!--- Access list 111 allows some ICMP traffic and administrative Telnet, 
 !--- and does anti-spoofing. There is no inspection on Serial 0. 
 !--- However, the inspection on the Ethernet interface adds temporary entries 
 !--- to this list when hosts on the internal network make connections 
 !--- out through the Frame Relay.

 !
 ip access-group 111 in
 no ip directed-broadcast
 no ip route-cache
 bandwidth 56
 no cdp enable
 frame-relay interface-dlci 16
 !
 ip classless
 ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 Serial0
!

!--- Access list 20 is used to control which network management stations 
!--- can access through SNMP.

!
 access-list 20 permit 172.16.150.8
!
 
!--- The access list allows all legitimate traffic from the inside network
 !--- but prevents spoofing.

!
 access-list 101 permit tcp 172.16.150.0 0.0.0.255 any
 access-list 101 permit udp 172.16.150.0 0.0.0.255 any
 access-list 101 permit icmp 172.16.150.0 0.0.0.255 any

!--- This deny is the default.

 access-list 101 deny ip any any
 !
 
!--- Access list 111 controls what can come from the outside world
 !--- and it is anti-spoofing.

 !
 access-list 111 deny ip 127.0.0.0 0.255.255.255 any
 access-list 111 deny ip 172.16.150.0 0.0.0.255 any
!
 
!--- Perform an ICMP stuff first. There is some danger in these lists. 
 !--- They are control packets, and allowing *any* packet opens
 !--- you up to some possible attacks. For example, teardrop-style 
 !--- fragmentation attacks can come through this list.

!
 access-list 111 permit icmp any 172.16.150.0 0.0.0.255 administratively-prohibited
 access-list 111 permit icmp any 172.16.150.0 0.0.0.255 echo
 access-list 111 permit icmp any 172.16.150.0 0.0.0.255 echo-reply
 access-list 111 permit icmp any 172.16.150.0 0.0.0.255 packet-too-big
 access-list 111 permit icmp any 172.16.150.0 0.0.0.255 time-exceeded
 access-list 111 permit icmp any 172.16.150.0 0.0.0.255 traceroute
 access-list 111 permit icmp any 172.16.150.0 0.0.0.255 unreachable
!

!--- Allow Telnet access from 10.11.11.0 corporate network administration people.

!
 access-list 111 permit tcp 10.11.11.0 0.0.0.255 host 172.16.150.1 eq telnet
!
 
!--- This deny is the default.

!
 access-list 111 deny ip any any
 !
 
!--- Apply access list 20 for SNMP process.

 !
 snmp-server community secret RO 20
 !
 line con 0
 exec-timeout 5 0
 password 7 14191D1815023F2036
 login local
 line vty 0 4
 exec-timeout 5 0
 password 7 14191D1815023F2036
 login local
 length 35
 end

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

IOS ファイアウォール ルータを設定した後、接続が機能しない場合は、インターフェイス上で ip inspect (name defined) in or out コマンドによる検査を有効にしてあることを確認してください。 この設定では、ip inspect myfw in はインターフェイス Ethernet0/0 に適用されます。

これらのコマンド、およびその他のトラブルシューティング情報については、認証プロキシのトラブルシューティング(英語)を参照してください。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。


関連情報


Document ID: 13892