IP : ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)

BGP ピア グループ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2005 年 8 月 10 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Border Gateway Protocol(BGP)でピア グループを使用する場合の要件、制限、および利点について説明します。

BGP ピア グループの指定によって得られる主な利点は、BGP ピア グループがアップデートの生成に必要なシステム リソース(CPU およびメモリ)の量を減らすことです。 また、BGP ピア グループは BGP の設定も簡素化します。 BGP ピア グループは、ルーティング テーブルのチェックを一度だけ可能にし、アップデートがピア グループの各ピアに対して個別にではなく、すべてのピア グループ メンバーに複製されるようにすることによってシステム リソースの負荷を減らします。 ピア グループ メンバーの数、テーブル中のプレフィックスの数、およびアドバタイズされたプレフィックスの数に基づいて、大幅に負荷を低減できます。 同一の発信アナウンスメント ポリシーを持つピアをグループ化することを推奨します。

前提条件

要件

BGP の詳細な知識があることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は BGPピア グループが Cisco IOS でサポートされたというファクトに基づいていますか。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.0 以来のソフトウェア。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

BGP ピア グループ

同じ発信ポリシーを共有する BGP ネイバーを、BGP ピア グループにグループ化できます。 同じポリシーを持つ各ネイバーを個別に設定する代わりに、ピア グループを使用すると、個々のピアに適用できるポリシーをグループ化できるため、簡単な設定とともに効率的なアップデートの計算が可能になります。

ピアグループの要件

ピア グループには次のような要件があります。

  • ピア グループのすべてのメンバーは、ピア グループ メンバーに対してもピア ベースで処理される default-originate を除き、同一の発信アナウンスメント ポリシー(distribute-list、filter-list、および route-map など)を共有する必要があります。

  • ピア グループのすべてのメンバ向けに着信アップデート ポリシーをカスタマイズできます。

  • ピア グループは内部(内部 BGP(iBGP)メンバーを持つ)または外部(外部 BGP (eBGP)メンバーを持つ)のいずれかである必要があります。 外部ピア グループのメンバーは異なる自律システムの(AS)番号を持ちます。

ピアグループの制限

Cisco IOS ソフトウェアの 11.1(18) CC より前のリリースには、この項で説明する制限があります。 次のルールに従わないと、ルーティングに不整合が発生する可能性があります。

  • ルート リフレクタのクライアント用にピア グループを使用する場合、すべてのクライアントを完全にメッシュする必要があります。

  • eBGP ピア グループを使用する場合、中継はピア グループ メンバー間で実現できません。

  • すべての eBGP ピア グループのメンバーは、非接続ネクスト ホップのアナウンスを避けるため、同じサブネットにある必要があります。

ただし、これらの制限は Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.1(18) CC、11.3(4)、および 12.0 からは除かれています。 ピア グループが定義されているルータだけを、この新規コードにアップグレードする必要があります。

注: peer-group を使用して route-reflector-client としてデバイスを宣言する前に、そのデバイスで最初に隣接関係を設定する必要があります。 そうしないと再起動の実行時に、設定から route-reflector-client が削除されます。

この動作は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(25)S01 および 12.2(15)T02 で初めて発見され、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 以降では修正されています。

注:  ルータでサポートされている BGP ピアの総数と確立された BGP ピアの設定可能限度および最大数は、次のような多数の変数によって異なります。

  • BGP テーブルのルートの総数

  • ルートの安定性のレベル

  • 各ピアに送信されるルートの数

  • 異なるネイバーに送信されるルート間の類似性

  • デバイスで使用可能なメモリおよびプロセッサ能力

ピアグループを使用する方法

通常、1 台のルータ上の複数の BGP ピアを、発信アップデート ポリシーに基づいたピア グループにグループ化できます。 ISP によって一般的に使用されるピアグループのリストを次に示します。

  • 通常の iBGP ピアの通常の iBGP ピア グループ

  • ルート リフレクタでのリフレクション ピアのための iBGP クライアント ピア グループ

  • フル インターネット ルートを受信するピアのための eBGP フルルート

  • ISP の直接のカスタマーからのルートだけを受信するピアのための eBGP カスタマールート。 (一部のメンバーを default-originate で設定すると、カスタマー ルートの他にデフォルト ルートも受信できます)

  • デフォルト ルートを受信するピアのための eBGP デフォルトルート、および他の少数のルート。

BGP ピア グループの設定例の詳細は『BGP の設定』を参照してください。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13755