IP : ネットワーク アドレス変換(NAT)

Cisco ルータでは、マルチキャスト NAT はどのように機能するのですか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2008 年 6 月 9 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco IOS のネットワーク アドレス変換(NAT)を設定する時か。 ルータ、マルチキャストソースおよびレシーバ、または Protocol Independent Multicast (PIM)エンティティは、ランデブー ポイント(RP)または RP マッピングエージェントのような追加設定コマンドなしで NAT ルータの、どちら側でも動作します。

すべてのルータ(Inside、Outside、および NAT ルータ自体)でマルチキャストを完全に有効にする必要があります。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントで説明されている機能は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(1)T で導入されています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

サポートされるアドレス変換

  • データ パケット送信元アドレス変換

  • Auto-RP や PIM バージョン 2 ブートストラップ ルータ(BSR)を含む、PIM 制御パケット(PIM ペイロード)アドレス変換

  • mstatmrinfo、および mtrace コマンドの要求と応答

  • SDR アドバタイズメントまたはアプリケーション ペイロード

上記の変換によって、PIM は企業 ドメインでドメインの一部が NAT の後ろにあってもはたらきます。 NAT ルータの背後にあるすべてのソースおよびレシーバは PIM クラウドの他にパケットを送信し、受信できクラウドの RP/RP マッピングエージェントをどちら側でも利用します。

警告

  • ip nat inside/outside コマンドを使用して、NAT ルータでトンネルを終端してください。 いずれかの側にエンド ポイントがある NAT ルータにトンネルを通すことはできません。

  • Real-Time Transport Protocol(RTP; リアルタイム転送プロトコル)や RTP Control Protocol(RTCP)などのアプリケーション ペイロードは変換されません。

  • この機能では、宛先グループ アドレスは変換されません。


関連情報


Document ID: 13738