IP : IP ルーテッド プロトコル

アップデート送受信時の RIP および IGRP の動作

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ルーティング アップデートの送受信時に Routing Information Protocol(RIP)および Interior Gateway Routing Protocol(IGRP)の両方によって実行される一連のアクションについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに適用されます。

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(27)

  • Cisco 2500 シリーズ ルータ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

一般的な動作

アップデートの送信

アップデートをアドバタイズする前に RIP または IGRP 送信がアップデート、それらある特定のチェックを行う時。 このリストはルータ 1 がルータ 2.に更新を送る前に発生する出来事の順序を示します。 ネットワークダイアグラムは出来事の順序を綿密に調べることを可能にします。

  • サブネット情報部品はアップデートのソースをたどるインターフェイスと同じ主要なネットですか。

    • いいえ: ルータ 1 は、メジャー ネット境界でサマリーを作 成し、ネットワークをアドバタイズします。

    • はい: ネットワークにアップデートのソースをたどるインターフェイスと同じサブネット マスクがありますか。

      • はい: ルータ 1 は、サブネットにアドバタイズします。

      • いいえ: ネットワークに /32 マスクがありますか。

        • はい: それが RIP である場合、ネットワークはアドバタイズされます。 それが IGRP である場合、ルータ 1 はネットワークを廃棄します。

        • いいえ: ルータ 1 はネットワークを廃棄します。

アップデートの受信

アップデートを受け入れ、サブネット マスクを適用する前に RIP または IGRP レシーブがアップデート、それらある特定のチェックを行う時。 これはルータ 2 がルータ 1 からのアップデートを受け入れる前に発生する出来事の順序です:

  • アップデートを受信したインターフェイスと同じメジャー ネットのサ ブネットでアップデートが受信されたかどうか。

    • はい: ルータ 2 は、アップデートを受信したインターフェ イスのマスクを適用します。 アドバタイズされたネットワークで、アップデ ートのホスト部分にホスト ビットがセットされている場合、ルータ 2 はホ スト マスク(/32)を適用します。 RIP の場合、RIP は後続のルータに引き 続き /32 ルートをアドバタイズしますが、IGRP は行いません。

    • いいえ: アップデートを受信したインターフェイス以外のイ ンターフェイスから通知されたルーティング テーブルに、このメジャー ネ ットのサブネットが存在しているか。 このアップデートのネットワークはアップデートがサブネット情報が含まれていればことは可能性のあるなら 2 人のルータ間のリンクが番号を振られていないリンクでなければ主要なネットであるはずです。

      • はい: ルータ 2 では、この更新情報が無視されます。

      • いいえ: ルータ 2 はクラスフル マスクを適用します。 ア ップデートを非番号リンクから受信し、そのアップデートにサブネット情報 が含まれている場合(ネットワークのサブネット部分のビットが設定されて います)、ルータ 2 はホスト マスクを適用します。 非番号 事例のための ip unnumbered コマンドの概要および設定を参照して下さい。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/ip-routed-protocols/13723-54a.gif

具体例

アップデートの送信

ルータ 1 は、ルータ 2 にアップデートを送信するときに、次のチェッ クを実行します。

  • 131.108.5.0/24 人の部は 131.108.2.0/24 とアップデートのソースをたどる同じ主要なネットです、か。

    • はい: 131.108.5.0/24 に 131.108.2.0/24 とアップデートのソースをたどる同じサブネット マスクがあります、か。

      • はい: ルータ 1 は、ネットワークにアドバタイズします。

  • 137.99.88.0/24 人の部は 131.108.2.0/24 とアップデートのソースをたどる同じ主要なネットです、か。

    • いいえ: ルータ 1 は、メジャー ネット境界で 137.99.88.0/24 のサマリーを作成し、137.99.0.0 としてルートにアドバタイズします。

このプロセスはルータ 2.にアップデートの 131.108.5.0 および 137.99.0.0 を含むルータ 1 という結果に終ります。 ルータ 1 で示されている debug ip rip コマンド出力でこれを次のように表示できます:

*Mar 25 00:22:46.177: RIP: sending v1 update to 255.255.255.255 via Serial0 (131.108.2.2)  
*Mar 25 00:22:46.178: RIP: build update entries
*Mar 25 00:22:46.182: subnet 131.108.5.0, metric 1
*Mar 25 00:22:46.185: network 137.99.0.0, metric 1

アップデートの受信

debug ip rip コマンドを発行するとき、ルータ 1 からルータ 2 で受信されたルーティング更新を次のように表示できます:

*Mar 25 00:22:46.201: RIP: received v1 update from 131.108.2.2 on Serial0 
*Mar 25 00:22:46.203:131.108.5.0 in 1 hops
*Mar 25 00:22:46.205:137.99.0.0 in 1 hops

容認ネットワークかで適用するべきどんなマスクを判別するためにルータ 2 が作動するチェックを検知 して下さい。

  • 受信したメジャー ネット 137.99.0.0 が、アップデートを受信したイ ンターフェイスに割り当てられたアドレス 131.108.2.0 と同じか。

    • いいえ: 他のインターフェイスから通知されたルーティング テーブルに、このメジャー ネットのサブネットが存在しているか。

      • いいえ: ルータ 2 は、137.99.0.0 がクラス B アドレス であるため、通常のマスク(/16)を割り当てます。

  • サブネット 131.108.5.0 が、アップデートを受信したインターフェイ スのサブネット 131.108.2.0 と同じメジャー ネットに属しているか。

    • はい: ルータ 2 は、アップデートを受信したインターフェ イスのマスクである /24 を適用します。

このプロセスは show ip route コマンドで表示する ルータ 2 のルーティング テーブルのこれらのネットワークおよびマスクという結果に終ります:

R    137.99.0.0/16 [120/1] via 131.108.2.2, 00:00:07, Serial0 
     131.108.0.0/24 is subnetted, 3 subnets
R    131.108.5.0 [120/1] via 131.108.2.2, 00:00:08, Serial0 
C    131.108.2.0 is directly connected, Serial0
C    131.108.3.0 is directly connected, Ethernet0

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13723