IP : IP ルーテッド プロトコル

RIP および IGRP で可変サブネット マスクをサポートしない理由

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 6 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ネットワーク番号が同じ複数のサブネットに対して異なるサブネット マスクを指定することを、Variable-Length Subnet Mask(VLSM; 可変長サブネット マスク)と呼びます。 RIP と IGRP はクラスフルなプロトコルであり、更新情報ではサブネット マスクの情報を搬送できません。 RIP または IGRP が更新情報を送信する前には、アドバタイズしようとしているネットワークのサブネット マスクに対して確認を行います。VLSM の場合はそのサブネットがドロップされます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

このセクションでは例を紹介しています。 この図では、ルータ 1 に 2 つの異なるマスクとの 3 つのサブネットがあります(/24 および /30):

/image/gif/paws/13722/ripv1-support-vlsm.gif

ルータ 1 はこれらのステップをルータ 2.へアップデートを送信 する前にこれらのステップに関する詳細については更新を送信 するか、または受信するとき示します RIPの動作および IGRP を通過します。

  1. ルータ 1 は 131.108.5.0/24 が 131.108.6.0/30 とアップデートのソースをたどるインターフェイスに割り当てられるネットワークである同じ主要なネットの一部であるかどうか見るためにチェックします。

  2. この条件が満たされていたため、次にルータ 1 は 131.108.5.0 が 131.108.6.0/30 とサブネット マスクが同じであるかどうかを確認します。

  3. それがので、ルータ 1 はネットワークを廃棄し、ルートをアドバタイズしません。

  4. 次にルータ 1 では、131.108.7.0/30 が 131.108.6.0/30 と同一のメジャー ネットの一部であるかどうかを確認します。131.108.6.0/30 は、この更新情報を発信するインターフェイスに割り当てられているネットワークです。

  5. この条件が満たされていたため、次にルータ 1 では 131.108.7.0/30 が 131.108.6.0/30 とサブネット マスクが同じであるかどうかを確認します。

  6. それがので、ルータ 1 はネットワークをアドバタイズします。

これらのチェックはルータ 2.に送られるルータ 1 はアップデートしか 131.108.7.0 が含まれていないことを判別しました。 debug ip rip コマンドが発行されるとき、実際にルータ 1.によって送信されるアップデートを表示できます。 これはどのように検知 するかです:

RIP: sending v1 update to 255.255.255.255 via Serial0 (131.108.6.2)
subnet 131.108.7.0, metric 1

前の出力で 1 サブネットだけアップデートに含まれていることに注意して下さい。 これは show ip route コマンドを使用して表示する ルータ 2's ルーティング テーブルのこのエントリという結果に終ります、:

131.108.0.0/30 is subnetted, 3 subnets
R       131.108.7.0 [120/1] via 131.108.6.2, 00:00:08, Serial0 
C       131.108.6.0 is directly connected, Serial0
C       131.108.2.0 is directly connected, Ethernet0

ルーティング更新から除去されるサブネットを持っていることを避けるために全 RIPv1 ネットワーク上の同じサブネット マスクを使用するか、またはネットワークのために異なるサブネット マスクとスタティック・ルートを使用して下さい。


関連情報


Document ID: 13722