IP : 拡張内部ゲートウェイ ルーティング プロトコル(EIGRP)

クラスフル プロトコルとクラスレス プロトコル間の再配送: EIGRP または OSPF から RIP または IGRP へ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 6 月 18 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この文書は、RIP と OSPF、または IGRP と EIGRP の間で経路を再配送する際に発生する 2 つの共通の問題について説明しています。 RIP および IGRP では、経路が同じメジャー ネットワーク上にあっても、インターフェイスと異なるマスクを持っている場合は、それらの経路をその特定のインターフェイスからアドバタイズすることはありません。 RIP および IGRP のアップデートの詳細については、「アップデート送受信時の RIP および IGRP の動作」を参照してください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

OSPF が RIP よりも長いマスクを持つ場合

この問題のためのネットワークダイアグラムでは、ルータ GW-2 は RIP と OSPF の間で再分配を行っています。 OSPFドメインに RIP ドメインより別のマスクが(この場合より長い)あり、それらは同じ主要なネットワークにあります。 従って、RIP は OSPF から学習されたおよび RIP に再配布されたルーティングをアドバタイズしません。

52a.gif

解決策

OSPFドメインのサブネット マスクは、そう代りに変更しにくいです追加します 255.255.255.0 のマスクの OSPFドメインを指す、null0 のネクスト ホップとのスタティック ルートをルータ GW-2 の。 そして、スタティック ルートを RIP に再配送します。 このタスクを完了する設定はここにあります:

ip route 128.103.35.0 255.255.255.0 null0
 router rip 
 redistribute static
 default metric 1

これは 128.103.35.0 がルータ GW-2 の E2/0 インターフェイス RIP によってアドバタイズされるようにします。 ただし、ルータ GW-2 はまだルーティング テーブルで OSPF から学習される特定のルーティングを備えています、従って最もよいルーティング決定はなされます。

RIP が OSPF よりも長いマスクを持つ場合

この問題のためのネットワークダイアグラムでは、RIP ドメインに 255.255.255.248 のマスクがあり、OSPFドメインに 255.255.255.240 のマスクがあります。 RIP は OSPF から学習されたおよび RIP に再配布されたルーティングをアドバタイズしません。

52b.gif

解決策

ルータ GW-2 で、OSPF ドメインを指し示し、255.255.255.248 というマスクを持つスタティック ルートを追加できます。 ただし、これがオリジナル OSPF マスクよりより多くの特定のマスクであるので、ネクスト ホップは実際のネクスト ホップまたはインターフェイスである必要があります。 また、OSPF ドメイン内のすべてのアドレスを網羅するために、複数のスタティック ルートが必要になります。 このようにしてスタティック ルートが RIP に再配送されます。

次のコードでは、最初の 2 つのスタティック ルートは OSPF ドメイン内の 128.103.35.32 255.255.255.240 の範囲を網羅しています。 その次のスタティック ルートは OSPF ドメイン内の 128.103.35.16 255.255.255.240 の範囲を網羅しています。 そして、最後の 4 つのスタティック ルートは 128.130.35.64 255.255.255.240 の範囲を網羅しています。これらのスタティック ルートは OSPF ドメイン内の 2 つのインターフェイスを通じて学習されます。

ip route 128.103.35.32 255.255.255.248 E0/0 
ip route 128.103.35.40 255.255.255.248 E0/0

ip route 128.103.35.16 255.255.255.248 E1/0
ip route 128.103.35.24 255.255.255.248 E1/0

ip route 128.103.35.64 255.255.255.248 128.103.35.34
ip route 128.103.35.64 255.255.255.248 128.103.35.18
ip route 128.103.35.72 255.255.255.248 128.103.35.34
ip route 128.103.35.72 255.255.255.248 128.103.35.18
router rip
redistribute static
default metric 1

結論

この資料で示されるソリューションはまた RIP の代りに OSPF の代りに EIGRP を使用する、IGRP とはたらき。 この問題は両方のプロトコルのマスクが同じであるか、またはすべてのプロトコルがサポート Variable Length Subnet Mask (VLSM)を使用すれば起こるべきではありません。 この修正はただ RIP および IGRP (VLSM)制限をカバーするパッチとみなされます。 RIP および IGRP VLSM 制限に関する詳細については、RIP および IGRP サポート VLSM がなぜか参照して下さい


関連情報


Document ID: 13721