IP : 拡張内部ゲートウェイ ルーティング プロトコル(EIGRP)

Cisco IOS 11.2 以降へのアップグレード後の OSPF と EIGRP の近接損失および RIP と IGRP のアップデート損失

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2005 年 8 月 31 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco IOS からアップグレードするときフレーム リレー上の OSPF、EIGRP、RIP および IGRP においての問題を説明したものです、か。

Cisco IOS 11.2 またはそれ以降へのアップグレードがこれらのルーティング プロトコルによって学習されるルーティングの 2000年対応、断続的な損失であるために観察された後、フレームリレー 接続に操作した場合。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • OSPF、EIGRP、IGRP および Rip ルーティング プロトコルの基本的な知識。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOSバージョン 11.2 またはそれ以降を実行するデバイス

  • 示されている出力は Cisco IOSバージョン 12.3(3) にこの資料基づいていますです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

この問題はブロードキャストがフレームリレー ブロードキャスト キューと呼ばれるフレーム リレーの別々のキューによって処理されるので発生します。 インターフェイス モードで frame-relay broadcast-queue コマンドがブロードキャストトラフィックを保持するために特別なキューを作成するのに使用されています。

OSPF および EIGRP hellos は隣接損失を引き起こすブロードキャストキューで廃棄できます。

同じような問題は RIP および IGRP ネットワークと同様に発生する場合があります—更新がある特定のある一定の時間の間受信されない場合ルーティングは holdown モードに絶えず合わせられるかもしれません。

症状

show interface serial コマンド出力はフレームリレー ブロードキャスト キューのかなりのドロップを表示するものです。 次に出力例を示します。

Serial0 is up, line protocol is up

 Hardware is MK5025

 Description: Charlotte Frame Relay Port DLCI 100

 MTU 1500 bytes, BW 1024 Kbit, DLY 20000 usec, 

 reliability 255/255, txload 44/255, rxload 44/255

 Encapsulation FRAME-RELAY, loopback not set, keepalive set (10 sec)

 LMI enq sent 7940, LMI stat recvd 7937, LMI upd recvd 0, DTE LMI up

 LMI enq recvd 0, LMI stat sent 0, LMI upd sent 0

 LMI DLCI 1023 LMI type is CISCO frame relay DTE

 Broadcast queue 64/64, broadcasts sent/dropped 1769202/1849660, interface broadcasts 3579215


!--- Output suppressed
 

解決策

この問題を回避するために、ブロードキャストキューをそれに応じて調整して下さい。 フレーム リレーの設定およびトラブルシューティングFrame Relay Broadcast Queue セクションを参照して下さい。

詳細については不具合 CSCdk45863登録ユーザのみ)に関するリリース ノートを参照して下さい。


関連情報


Document ID: 13701