ルータ : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

Cisco ONS 15454 TCC、TCC+、または TCC2 カードへの PC の直接接続でのトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、次の項目を試みる上で発生する一般的な問題について説明します。

  • アクティブTCC に直接接続される PC からのリンクレベル接続を確立して下さい。

  • アクティブTCC に直接接続される PC からの IP接続を確立して下さい。

  • PC の Java TMソフトウェアをインストールし、設定して下さい。

  • CTCソフトウェアをダウンロードし、起動させるのに TCC を使用して下さい。

注: この資料はインストレーションガイドではないです。 詳しいインストールおよびセットアップ情報に関しては、Cisco ONS 15454 ユーザドキュメントの Cisco Transport Controller 章を使用することを参照して下さい。 トラブルシューティング および リファレンス ガイド、またはスタンドアロン トラブルシューティングガイドとしてユーザドキュメントと共にこの資料を使用して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco ONS 15454 に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

よくある接続に関する問題を解決して下さい

このセクションは概要 セクションにリストされている各シナリオのよくある接続に関する問題をどのように解決できるか説明します。

直接アクティブTCC に接続される PC からの確立する リンクレベル接続

Cisco ONS 15454 の初期セットアップに関しては、PC の Network Interface Cards (NIC)の RJ 45 ポートから ONS 15454 の TCC の RJ 45 ポートにストレート型 RJ 45 イーサネットケーブルを接続して下さい。 ほとんどの 15454s にアクティブおよびスタンバイTCC があります。 ソフトウェア バージョン 2.0 およびそれ以降を使うと、どちらかにアクティブまたはスタンバイ TCC ケーブルを接続できます。

注: スロット 7 および SLOT 11 はアクティブおよびスタンバイTCC のために予約済みです。 これら二つのスロットはバックプレーン LAN とともに hubbed、速度は 10 MB で固定、半二重です。

表 1 で情報を図 1 適切 な ケーブルを使用するかどうか確かめるために使用すれば。

表 1 –ピン配列 図

ピン ペア 名前
1 白/オレンジ 2 TxData +
2 オレンジ 2 TxData -
3 白/グリーン 3 RecvData +
4 1 -
5 白/ブルー 1 -
6 グリーン 3 RecvData -
7 白/ブラウン 4 -
8 ブラウン 4 -

図 1 –直流ケーブル RJ 45 ケーブルダイアグラム

/image/gif/paws/13569/15454-troubleshoot-pc-tcc-1.gif

注: TCC の RJ 45 ポートにリンクレベル接続を示す LED がありません。 イーサネット接続のためのリンクレベル接続を確認するのに PC で NIC の LED を使用する必要があります。 TCC にリンクレベル接続をうまく確立するとき、赤のLEDランプはつきます。 トラフィックが渡り始めるとき緑 LED は点滅します。

図 2 – NIC の LED

15454-troubleshoot-pc-tcc-2.gif

直接アクティブTCC に接続される PC からの確立する IP接続

新しい 15454 のシェルフだけ

ONS 15454 は TCCP のデフォルト ノードネームと提供された。 デフォルトで、すべての ONS 15454s 192.1.0.2 のクラス C IP アドレスは割り当てられます。 接続の成功に関しては、クラス C サブネット 192.1.0.x 内のユニークなIPアドレスで PC を設定して下さい。 またクラス C IP アドレス 192.1.0.2 指すデフォルト ゲートウェイを使用して下さい(または直接接続したいと思う) 15454 の既存の IP アドレスを。

注: 既に使用中の可能性が高いシェルフに IP アドレスがありますデフォルト IP アドレスと異なっている。 シェルフ LCD 表示のこのアドレスを見つけるためにシェルフで直接検知 して下さい。 LCD 表示が不完全である場合、ネットワーク管理者からの IP アドレスを得て下さい。 PC のユニークなIPアドレスを設定して下さい。 IP アドレスがシェルフIPアドレスおよびネットワークマスクと同じ IPクラスにあるようにして下さい。 シェルフ IP はゲートウェイ IPアドレスと同じです。

PC のオペレーティング システムの TCP/IP Properties ダイアログボックスを開いて下さい。 1 と 254 間の固有の値に PC の IP アドレスの最後の 3 ディジットを変更して下さい(図を 3)参照して下さい。 15454 のデフォルト IP アドレスを除くようにして下さい(192.1.0.2)。

PC の IP アドレスおよび ONS 15454 がユニークである必要があるが 192.1.0.x の最初の 3 ディジットの同じクラス C サブネットの内にあるようにして下さい。 ONS 15454 のデフォルト IP アドレスにそれに PC ポイントのデフォルト ゲートウェイを確認して下さい。 ウィンドウ環境の TCP プロパティの例は図 3 あります:

図 3 – Microsoft TCP Properties

15454-troubleshoot-pc-tcc-3.gif

DOS プロンプトからの IP接続があることを確認して下さい。 これの場合、192.1.0.2 ONS 15454 デフォルト IP アドレスに ICMPエコー要求を送信 する ping コマンドを使用できます。 宛先 IP アドレスを規定 する 単純なping コマンドは通常、十分です。

図 4 示されている例ではことに注目して下さい- 2 つの ICMPエコー要求を送信 する必要があること n オペランドは規定 します。 - l オペランドは 1500 バイトのパケットサイズを規定 します。

この例では、エコー要求は両方とも正常で、TCC のイーサネットインターフェイスに割り当てられるイーサネットアドレス 192.1.0.2 に IP接続を示します。

図 4 – ping コマンドを使用して下さい

15454-troubleshoot-pc-tcc-4.gif

ping コマンドが不成功である場合、ICMPエコー要求は時間を計り、宛先ホストが到達不能であることを示します。 例は図 5 失敗した ping コマンドの結果を描写したものです。

図 5 – ping コマンドが失敗する時

15454-troubleshoot-pc-tcc-5.gif

ここでは、PC は TCC に直接接続され、失敗する PING のための少数の原因だけあります。 いくつかの問題を訂正するこれらの推奨事項を考慮して下さい:

  • IP アドレスが重複であるかどうか確認して下さい。 IP アドレス 192.1.0.2 は両端で一致する電話番号のようではないです。 その代り、TCC および PC の TCC の IP アドレスはユニーク、異なる必要があります。

  • 2 IP アドレスが異なるサブネットにあるかどうか確認して下さい。 TCC および PC の IP アドレスは 192.1.0.x サブネットの内で両方ある必要があります。 さもなければ、PING は通りません。

  • これがそれから PING が通ります場合がある複数の IP アドレスのような問題を引き起こす場合があるので二重 NIC かイネーブルになった NIC およびダイヤルアップ同時に使用するかどうか確認して下さい。

Java ソフトウェアをインストールし、設定して下さい

ONS 15454 のための CTCソフトウェアをダウンロードし、起動させる前に、JREファイルか JARファイルをインストールし、設定する必要があります。

注: JREファイルか JARファイル、および両方をダウンロードする必要がありません。

JREソフトウェアをインストールし、設定して下さい

ONS 15454 ソフトウェア CD から JREファイルをインストールできます。 また Java TM Webサイトから JREファイルを直接ダウンロードできます。 次の手順を実行します。

  1. ONS 15454 ソフトウェア CD を PC に挿入し、jre-1_2_2_005-win.exe ファイルをダブルクリックして下さい(図を 6)参照して下さい。

    それから、インストールを完了するためにスクリーン上の指示に従って下さい。

    CD がない場合、Java TM Webサイトから JREソフトウェアをダウンロードできますleavingcisco.com

    図 6 – JRE 実行可能なファイルを実行して下さい

    15454-troubleshoot-pc-tcc-6.gif

  2. 次に、Java. policyファイルをインストールして下さい。 JavaPolicyInstall.exe ファイルをダブルクリックして下さい(Figure7 を参照して下さい)。

    図 7 – Java. policyファイルをインストールして下さい

    15454-troubleshoot-pc-tcc-7.gif

    JavaPolicyInstall.exe ファイルは java.policyfile の下部のに複数のコード行を追加します 特定のコード行については図 8 参照して下さい。

    図 8 – java.policy ファイルのコード行

    /image/gif/paws/13569/15454-troubleshoot-pc-tcc-8.gif

Java Archive (JAR) ファイルをダウンロードし、インストールして下さい

PC に JARファイルをダウンロードするのに FTP を使用できます。

  1. DOS ウィンドウを開きます。

  2. JARファイルに常駐してほしい PC のディレクトリに行くのに DOS コマンド・ラインを使用して下さい。

  3. PC が TCC のイーサネット マネージメント インターフェイスに直接接続されるようにする ping コマンドを使用して下さい。

  4. ftp IP アドレスを入力し、『Enter』 を押して下さい。

    ftp 192.1.0.2
  5. ユーザネームおよびパスワードのためにプロンプト表示されるとき、これらの要求をバイパスするために二度『Enter』 を押して下さい。

  6. ftp: > プロンプトは、型ビン、『Enter』 を押し。

  7. 得 CMS.JAR を、『Enter』 を押します入力して下さい。

    JARファイルはハード ドライブに転送され、終了 メッセージは表示する。

  8. 次の ftp: > プロンプトはやめられる型『Enter』 を押し。

    ファイルをダウンロードした後、CMS.JAR ファイルを保存したディレクトリに行って下さい。 型 Java -手動で CTCアプリケ− ションを起動させる瓶 CMS.JAR IP アドレス

    java -jar CMS.JAR 192.1.0.2

CTCアプリケ− ションをダウンロードし、起動させて下さい

JREソフトウェアをインストールした、設定する後、Cisco Transport Controller アプリケーションをダウンロードし、起動できます。 次の手順を実行します。

  1. ブラウザウィンドウのアドレスバーでは、TCC のイーサネットインターフェイスの IP アドレスを入力して下さい(図を 9)参照して下さい。

  2. TCC に接続するために『Enter』 を押して下さい。

    図 9 – TCC のイーサネットポートへの接続応答

    /image/gif/paws/13569/15454-troubleshoot-pc-tcc-9.gif

    注: " Applet cerent.launcher.CmsLauncherApplet notinited " エラーメッセージは JREソフトウェアにおける問題を示唆します(図のスクリーンの一番下を 9)参照して下さい。 詳細についてはよくある ProblemsWhen が Installand JREソフトウェア セクションを設定するのを参照して下さい

    CTCアプリケ− ションが正常にダウンロードされる場合、CTC Login 画面は表示する(図を 10)参照して下さい。 ログインに現在準備ができて、CTCアプリケ− ションを使用します。

    図 10 – CTC ログイン ウィンドウ

    15454-troubleshoot-pc-tcc-10.gif

JREソフトウェアをインストールし、設定する場合のよくある問題

" Applet cerent.launcher.CmsLauncherApplet notinited " エラーメッセージは JREソフトウェアのインストールまたは設定における問題を示唆します

この問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Start > Programs > Java Plug-in Control Panel の順に選択 して下さい。

    Java プラグイン Properties ウィンドウは表示する(図 11 参照して下さい)。

  2. 基本的なタブでは、そのイネーブル Java プラグインを確認すればメモリのキャッシュ瓶はチェックされます。

    図 11 – Java プラグイン Properties ダイアログボックス

    /image/gif/paws/13569/15454-troubleshoot-pc-tcc-11.gif

  3. [Advanced] タブをクリックします。

  4. Java プラグイン デフォルトを使用するために Path オプションが設定 される場合ここに示されているように JREファイルを保存した位置を、指すためにそれを変更して下さい:

    図 12 – JREファイルに正しいパスを入力して下さい

    /image/gif/paws/13569/15454-troubleshoot-pc-tcc-12.gif

  5. [Apply] をクリックします。

  6. プロキシサーバを使用するようにインターネットにアクセスするのにブラウザが設定されないようにして下さい。

    Netscape を使う場合これらのステップを完了して下さい:

    1. Edit > Preferences > Advanced > Proxies の順に選択 して下さい。

    2. プロキシ コンフィギュレーションがインターネットへのダイレクト接続に設定 されるようにして下さい。

      Internet Explorer を使う場合これらのステップを完了して下さい:

    1. > HTTP 1.1 設定 Tools > Internet Options > Advanced の順に選択 して下さい。

    2. プロキシ接続 チェックボックスを通した使用 HTTP 1.1 がチェックされないようにして下さい。

  7. JREソフトウェアを取除き、再インストールして下さい。 次の手順を実行します。

    1. Start > Settings > Control Panel > Add/Remove Programs の順に選択 して下さい。

      Add/Remove Programs ウィンドウは下記のものを表示します:

      図 13 – JREソフトウェアを取除いて下さい

      15454-troubleshoot-pc-tcc-13.gif

    2. 『Change/Remove』 をクリック して下さい。

    3. ソフトウェアの削除を確認するためにプロンプト表示される時『Yes』 をクリック して下さい。

    4. JREソフトウェアを再インストールして下さい。

  8. CTCソフトウェアを取除き、再インストールして下さい。

    注: プログラム ファイルの位置はプラットフォームおよびオペレーティング システムを渡って異なります。 従って、CMS*.jar を一致するすべてのファイルを見つけるのにコンピュータの検索機能を使用して下さい(図 14 参照して下さい)。 手動で見つける各ファイルを削除して下さい。 PC が TCC に接続されている時次に、新しい CMS ファイルは TCC からダウンロードされます。

    図 14 –すべての CMS*.jar ファイルを手動で削除して下さい

    /image/gif/paws/13569/15454-troubleshoot-pc-tcc-14.gif

  9. Webブラウザの代りに、CTCアプリケ− ションを手動で起動させるのに DOS コマンド・ラインを使用して下さい(図 15 参照して下さい)。 TCC のイーサネットインターフェイスの正しいファイル パスおよび IP アドレスを規定 する必要があります。

    図 15 –手動で起動 CTC DOS コマンド・ラインから

    /image/gif/paws/13569/15454-troubleshoot-pc-tcc-15.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13569