LAN スイッチング : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

ONS 15454 で回線を設定する場合の最良の方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ONS 15454 で回線を設定する際には、シスコが実行を推奨するいくつかのベスト プラクティスがあります。 このドキュメントでは、ラボ設定を使用してこれらのベスト プラクティスを示します。

回線は INCOMPLETE 状態にエンドポイントへの接続を失ったあります。 回線を削除することを試みる場合帯域幅は残すことができます。 最良 の 方法はキャンセルすること回線のエンドポイントを学ぶために Cisco Transport Controller (CTC)がネットワーク全体ネットワーク・トポロジを見る場合があるし ACTIVE 状態に回線をように戻します。 ACTIVE 状態に復元するときだけ回線を削除して下さい。 ACTIVE 状態に回線を得ることはできない場合回線のすべての不完全なセグメントを削除するし、回線をように再度設定して下さい。

ラボ の セットアップでは、同期転送信号レベル 1 (STS-1)回線はノード A からノード E.への設定されます。 ラボ の セットアップはどのようにか示します:

  • ノードの変更により回線はにから INCOMPLETE 状態 アクティブ変更します場合があります。

  • ACTIVE 状態に戻って回線を回復できます。

  • INCOMPLETE 状態に回復 された必要削除される不完全なセグメントすべてを持つためにがである場合もない INCOMPLETE 状態の回線。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco ONS 15454

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15454

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

この資料はこのラボ の セットアップを使用します:

図 1 –ラボ の セットアップ

circuits-1.gif

回線は ACTIVE 状態に普通あります。 異常な状態では、回線は INCOMPLETE 状態に移動できます。

回線は INCOMPLETE 状態に CTCアプリケ− ションが回線のエンドポイントへの接続を失うとき移動できます。 CTCアプリケ− ションはネットワーク トポロジの一部分が(無防備ファイバ 中断)失われるか、または CTC が以前に学ばなかったネットワーク トポロジの一部分を追加するとき接続を失う場合があります。

INCOMPLETE 状態にある回線を削除することを試みれば、15454 の設定のために利用できなくなるために帯域幅および原因リソースを残すことができます。 最良 の 方法はキャンセルすること回線のエンドポイントを学ぶために Cisco Transport Controller (CTC)がネットワーク全体ネットワーク・トポロジを見る場合があるし ACTIVE 状態に回線をように戻します。 ACTIVE 状態に復元するときだけ回線を削除して下さい。

回線が損傷されたらおよび ACTIVE 状態にそれを得ることができなかったらネットワーク トポロジによって回線の完全なパスを知っているようにして下さい。 それから回線の不完全なセグメントすべてを削除して下さい。

最良 の 方法にある特定の状況では続かない場合、コントロール ブロックを破損できます。 コントロール ブロックは Cross Connect (XC)および Cross Connect Virtual Tributary (XCVT)カードによって奪取 する パス回線に指示します。 これらのパスを選択したりそしてなります STS および VT 回線は 15454 の設定のために利用できなく。 その結果、XC および XCVT カードによる帯域幅およびスイッチングキャパシティは減ります。

自動的に使用された(A から Z)完全に保護された回線

サンプル ラボ の セットアップでは、回線はノード A からノード E.への使用されます。 回線は完全に保護され、自動的にルーティングされます。 15454 の最も強い機能の 1 つは全プロビジョニングです。 全プロビジョニングは送信元ポート および 宛先ポートを規定 することを可能にし 15454 のノードが自動的に回線を設定するようにします。

図 2 –回線は提供されたノード A からノードから E です

circuits-1.gif

自動的に使用された完全に保護された回線を設定して下さい

次の手順を実行します。

  1. 自動(A から Z)提供で単一、双方向の、完全に保護された回線を作成するためにネットワークレベルの観点から Circuits タブを選択して下さい。

  2. [Create] をクリックします。

    回線作成 ダイアログボックスは表示する:

    図 3 –全プロビジョニングで単一、双方向の、完全に保護された回線を作成して下さい

    circuits-3.gif

  3. 関連フィールドの回線名前、型およびサイズを規定 して下さい。

  4. [Next] をクリックします。

  5. STS-1 回線を作成するためにノード A の slot1 の DS1 カードの送信元ポートを規定 して下さい。

    図 4 – STS-1 回線のための送信元ポートを規定 して下さい

    circuits-4.gif

  6. [Next] をクリックします。

  7. ノード E.の slot1 の DS1 カードとして STS-1 回線のための宛先ポートを規定 して下さい。

    図 5 – STS-1 回線のための宛先ポートを規定 して下さい

    circuits-5.gif

  8. [Next] をクリックします。

    回線 確認 の 画面は送信元ポート および 宛先ポートを確認するためにプロンプト表示します:

    図 6 –回線情報 画面

    circuits-6.gif

  9. [Finish] をクリックします。

    ネットワークレベルの観点では、新しく作成された回線の右側は 15454 の全プロビジョニング 機能が自動的に作成することをスパンに示します。 作業に注意し、ノード A からのノード B への単方向パス スイッチ型リング (UPSR) リングのためのスパン 3 および 4 を保護して下さい:

    図 7 – 15454 の全プロビジョニング 機能によって作成されるスパン

    circuits-7.gif

  10. Circuit > Maps の順に選択 して下さい。

    ネットワーク トポロジは回線が選択する自動的に提供されたパスを表示する。 回線はパスに沿うあらゆるスパンの単一 ファイバ 中断から完全に保護されます:

    図 8 –自動的に提供された回線 パス

    circuits-8.gif

保護パスを削除して下さい

ノード D からのノード E への 1+1 リニア パスはワーキングパスとしてスロット 16 で OC-12 カード、および保護パスとして SLOT 17 の OC-12 カードを使用します。 保護パスはノード E で慎重に削除されます:

図 9 –保護パスはノード E で削除されます

circuits-9.gif

ノード E で保護パスを削除して下さい

次の手順を実行します。

  1. Provisioning > Protection の順に選択 して下さい。

  2. OC-12 保護グループを選択して下さい。

  3. [Delete] をクリックします。

  4. 削除を確認するためにプロンプト表示される時『Yes』 をクリック して下さい:

    図 10 –ノード E で保護グループを削除して下さい

    circuits-10.gif

    保護パスを削除するとき、ノード E は信号ラベル ミスマッチ障害 (SLMF) 未装備のパスアラームを送信 します。 ノード D はアクティブアラーム 画面の SLMF アラームを報告します:

    図 11 – SLMF アラーム

    circuits-11.gif

リニア 1+1保護はノード E および 1+1 リニア スパンの D 両方で保護を取除くまで取除かれません。 ノード A からノード D に回線を作成した場合、まだ完全に保護されて残ります:

図 12 –保護パスはノード D および E で削除されます

circuits-12.gif

ノード D で保護グループを取除いて下さい

次の手順を実行します。

ステップ 1 〜ノード D で保護グループを取除くノード E プロシージャの取除の 4 を保護パス繰り返して下さい:

図 13 –ノード D で保護グループを削除して下さい

circuits-13.gif

パス保護の欠如による回路作成障害

設定で説明されるノード A からノード E.に回線を作成するためにステップを自動的に提供された完全に保護された回線 セクション繰り返して下さい。 回線作成は 15454 がノード D からのノード E にネットワーク スパンの完全に保護されたパスを作成もはやできないので失敗します:

図 14 –回線作成は失敗します

circuits-14.gif

ファイバ中断による不完全な回路

設定された回線がエンド ツー エンド 接続を失う場合、INCOMPLETE 状態に入ります:

図 15 –回線は INCOMPLETE 状態に入ります

circuits-15.gif

不完全な回路を模倣して下さい

次の手順を実行します。

  1. Provisioning > Sonet DCC の順に選択 して下さい。

  2. 必須 SDCC 終了を選択し、『Delete』 をクリック して下さい。

    ファイバ 中断を模倣するためにノード D および E で同期光ファイバ ネットワーク (SONET) Data Communications Channel (SDCC)終了を取除いて下さい:

    図 16 – SDCC 終了を取除いて下さい

    circuits-16.gif

    ノード E で SDCC 終了を取除くとき、SDCC 終了障害は生成されます。 ノード D はアクティブアラーム 画面に SDCC 終了障害を受け取り、差し向けます。 ネットワークレベルの観点から、リンクする緑の線はノード E へのノード D 消えます:

    図 17 – SDCC 終了障害

    circuits-17.gif

    回線 ノード A からノードから E を失い、エンド ツー エンド接続を INCOMPLETE 状態に入ります作成しました。 回線 ディスプレイの右側から、ノード D からのノード E へのスパンは現在不在です:

    図 18 –回線は INCOMPLETE 状態にあります

    circuits-18.gif

  3. ネットワークレベルの観点から Circuit > Maps の順に選択 して下さい。

    奪取 される ネットワーク トポロジは提供された回線 パスを自動的に表示する。 ただし、今ノード D からのノード E へのスパンは不在であり、回線はノード D で終わります:

    図 19 –ノード D の回線 終端

    circuits-19.gif

ACTIVE 状態に回線を戻して下さい

回線の両端ポイントへの CTC 接続が復元するとき、回線は ACTIVE 状態に戻ります。

図 20 –回線は ACTIVE 状態に戻ります

circuits-20.gif

次の手順を実行します。

  1. ノード D および E.の SDCC Terminations を再度設定して下さい。

    ノード D とノード E 間の緑の線は今再現します。 また、SDCC 終了障害は白に警告します:

    図 21 – SDCC 終了障害は白に警告します

    circuits-21.gif

  2. Circuits タブをクリックして下さい。

    ノード A からのノード E への回線がノード D からのノード E.にスパンについての右側の情報を取り戻すことを図 22 示します。 またエンド ツー エンド接続が復元すると同時に、回線は ACTIVE 状態に戻ります:

    図 22 –エンド ツー エンド接続は、ACTIVE 状態への回線戻り復元する

    circuits-22.gif

  3. 回線を選択し、『Map』 をクリック して下さい。 回線がネットワーク トポロジによって表示する選択するパス:

    図 23 –ネットワーク トポロジによる回線パス

    circuits-23.gif

    同じ動作がファイバ 中断の反対側で見られることを確認できます。 ノード E の CTCセッションを閉じ、次に再開した場合、最初に CTC はこのセッションおよびそれで終わった不完全な回路について確認します:

    図 24 –ファイバ 中断の反対側の同じ動作

    circuits-24.gif

  4. ノード E. Node E の SDCC Terminations をネットワークの他のノードについて学び始めます設定して下さい。

    この段階では、回線は INCOMPLETE 状態にまだあります:

    図 25 –ノード E の SDCC Terminations を設定して下さい

    circuits-25.gif

    ノードが初期化し続けると同時にノード E は不完全な回路のための宛先について学び始めます:

    図 26 –ノード E は不完全な回路のための宛先について学びます

    circuits-26.gif

    次に、CTCアプリケ− ションはネットワークのすべてのノードおよび回線のエンドポイントにパスについて学びます。 回線は ACTIVE 状態にそれから戻ります:

    図 27 –回線は ACTIVE 状態に戻ります

    circuits-27.gif

帯域幅を残す削除回線

ノード E への接続がダウンしている間、CTCセッションが閉じれば、CTC は再接続の後でネットワークセグメントの一部分の 4 つのノードについてしか学ぶことができません。 CTC は有効な接続がノード E.と確立されるまで About ノード E を学ぶことができません。 CTC が学び、構築するネットワーク トポロジはここにあります:

図 28 –そのネットワーク トポロジ CTC ビルド

circuits-28.gif

回線を削除して下さい

次の手順を実行します。

  1. Circuits タブで、必須回線を選択して下さい。

  2. [Delete] をクリックします。

    回線は INCOMPLETE 状態にあります。 CTC はノード E.の回線のエンドポイントについての情報がないので回線 アクティブを作れません。 回線を削除することを試みるとき回線がアクティブなら、トラフィックは失われる場合があることを示すために警告メッセージは表示する:

    図 29 –回線を削除することを試みる場合の警告メッセージ

    circuits-29.gif

  3. Yes をクリックして削除を確定します。

    第 2 警告メッセージは削除が帯域幅を残すことができることを示すために表示する:

    図 30 –第 2 警告メッセージ

    circuits-30.gif

  4. 再度『Yes』 をクリック して下さい。

    回線は削除されます。

    図 31 –回線 の 削除の確認

    circuits-31.gif

    ただしネットワークセグメントの他の一部分の回線が削除されることを、ノード E は知りません。 ノード E に CTCセッションを開始し、SDCC Terminations を再度設定すれば、CTCアプリケ− ションはノード E から外側に探索し、ネットワーク セットアップを検出できます。

    回線を削除したときにノード E はネットワーク トポロジの CTCアプリケ− ション概観にありませんでした。 従って、ノード E は部分的に削除された回線を復元する、アクティブにすることができません。 回線はノード E の INCOMPLETE 状態に残ります:

    図 32 –回線はノード E の INCOMPLETE 状態に残ります

    circuits-32.gif

    回線は今損傷されます。 これを確認するために、回線のマップ ビューを検知 して下さい。

  5. 『Map』 をクリック して下さい。

    図 33 –損傷された回線のマップ ビュー

    circuits-33.gif

    Cisco が推奨する最良 の 方法は損傷された回線を削除すること回線を再度作成します。

  6. 存続中のトラフィックの損失を示す帯域幅が 2 つの警告メッセージを残され、無視して下さい。 削除 完了プロンプトで『OK』 をクリック して下さい。

    図 34 –削除確認プロンプト

    circuits-34.gif

  7. 回線をあらためて設定して下さい。 ステップバイステップの説明については設定を自動的に提供された完全に保護された回線 セクション参照して下さい。

    図 35 –回線を再度設定して下さい

    circuits-35.gif


関連情報


Document ID: 13557