サービス品質(QoS) : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

2F-BLSR での一般的な問題

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

双方向ライン スイッチ型リング(BLSR)として ONS 15454 ノードを設定すると、いくつかの一般的な問題が発生する可能性があります。 このドキュメントでは、このような問題を処理し、BLSR を設定するための最良の例について説明します。 BLSR を設定する場合、15454 ノードを追加、削除、物理的に再設定できます。

注: ONS 15454 はソフトウェアおよびハードウェアコンフィギュレーションに基づいて 32 までの 15454 のノードの 2 つのファイバおよび 4 つのファイバ BLSR を、サポートします。 BLSR は保護のための利用可能 な ファイバ 帯域幅半分の割り当てます。 たとえば、光の Carrier-48 (OC-48) BLSR は現用トラフィックに同期転送信号(STS) 1-24、および STS を保護のための 25-48 割り当てます。 中断が 1 つのファイバ スパンで発生する場合、現用トラフィックは他のファイバ スパンの保護帯域幅(STS 25-48)に切り替わります。 現用トラフィックは STS の 1 方向で 1 ファイバと STS の 1-24 第 2 ファイバの反対方向の 1-24 移動します。 作業および保護帯域幅は等しい必要があります。 光 Carrier-12 (OC-12) (2 つのファイバだけ)、または OC-48 および OC-192 だけ BLSR 作成できます。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco ONS 15454

  • BLSR

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ONS 15454 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

この資料は最初の 4 ノード BLSRリングのラボ の セットアップを記述したものです(図を 1)参照して下さい。

このセクションは BLSRリングを設定する方法を説明し、説明します。 32 のノードの最大限まであらゆるサイズの BLSR リングを設定するのに同じプロシージャを使用できます。

このセクションはまたステップバイステップの説明をに提供します:

  • 15454 ノードを BLSRリングに追加し、既存の回線がおよびパススルーそれ追加されるかどうか確かめて下さい。

  • ノードを削除して下さい。

  • 15454 シャーシの別の物理的なスロットに OC-48 トランクカードの 1 つを変わって下さい。

図 1 –最初の 4 ノード BLSRリングのラボ の セットアップ

15454_blsr_01.gif

東およびウェスト ポートの同期光ファイバ ネットワーク (SONET) Data Communications Channel (SDCC)終了を作成できます。 イースト ポートのファイバはプラグインする 隣接ノードのウェスト ポートのファイバなります。 同様に、ウェスト ポートのファイバはプラグインする 隣接ノードのイースト ポートのファイバなります。

イースト-ウェスト接続を西に東か西に東を設定する場合、(たとえば不正確に設定すれば)、No エラーメッセージは表示する。 ただし、トラフィックはファイバ 中断失敗します。 トラフィックは STS の保護パスに STS 1-24 背部で双方向ワーキング パスに 25-48 乗るファイバ 中断のどちら側でもノードがトラフィックを切り替えることができないので失敗します。

エラーを防ぐために、BLSR ポートを割り当てるのにシステムを使用して下さい。 15454 の権限にイースト ポートそれ以上の物理的なスロットを、および左にウェスト ポートに最も遠い物理的なスロットすることができます。 たとえば、図 1、スロット 12 はイースト ポートであり、スロット 6 はウェスト ポートです。

SONET BLSR 保護 スイッチを支配する K3 バイトは情報をおよび K1、K2 伝えます。 各 BLSR ノードは判別するために K バイトを代替物理パスに SONETシグナルをいつ切り替えるか監察します。 K バイトはリングのノードの間で奪取 される 障害状態および操作を伝えます。

作業パスまたは保護パス

BLSR リングは保護のための利用可能 な ファイバ 帯域幅の半分を割り当てます。 STS は両方のファイバ パスの作業スパンのトラフィックに 1-24 割り当てられます。 STS は両方のファイバ パスの保護 スパンのトラフィックに 25-48 割り当てられます。 作業および保護帯域幅は等しい必要があります。 OC-12、OC-48 および OC-192 しか BLSR 提供なできます。

ファイバ 中断のない正常な BLSRリングで、STS は反対方向で移動する両方のファイバ スパン 1 および 2 の現用トラフィックのために 1-24 使用されます(図を 2)参照して下さい:

図 2 –ファイバ 中断のない正常な BLSRリング

15454_blsr_02.gif

SONET フレームの Line OverHead セクションの K1 および K2 バイトはこの表が示すので、リングの状態を示します:

パス オーバーへッド
セクション オーバーへッド A1 Framing A2 Framing A3 Framing J1 Trace
B1 BIP-8 E1 Orderwire E1 User B3 BIP-8
D1 Data Com D2 Data Com D3 Data Com C2 Signal Label
ライン オーバーヘッド H1 Pointer H2 Pointer H3 Pointer Action G1 Path Status
B2 BIP-8 K1 K2 F2 User Channel
D4 Data Com D5 Data Com D5 Data Com H4 Indicator
D7 Data Com D8 Data Com D9 Data Com Z3 Growth
D10 Data Com D11 Data Com D12 Data Com Z4 Growth
S1/Z1 Sync Status/Growth M0 または M1/Z2 REI-L Growth E2 Orderwire Z5 Tandem Connection

K1 ビットの内訳はここにあります:

要求先買優先順位
ビット 1 に 4 ビット Priority
1111 Lockout of Protection (span) [LP-S]か Signal Fail (protection) [SF-P]
1110 Forced Switch (スパン) [FS-S]
1101 Forced Switch (リング) [FS-R]
1100 Signal Fail (span) [SF-S]
1011 Signal Fail (ring) [SF-R]
1010 信号劣化(保護) [SD-P]
1001 信号劣化(スパン) [SD-S]
1000 信号劣化(リング) [SD-R]
0111 手動 スイッチ(スパン) [MS-S]
0110 手動 スイッチ(リング) [MS-R]
0101 復元待ち[WTR]
0100 エクササイザー(スパン) [EXER-S]
0011 エクササイザー(リング) [EXER-R]
0010 Entrust Technologies [RR-S]
0001 逆要求(リング) [RR-R]
0000 No 要求[NR]
ビット 5 に 8   着ノード ID: これらのビットは K1 バイトが向かうノードの ID を示します。 着ノード ID は隣接ノードのそれ常にです(デフォルト APS バイトを除く)。

K2 ビットの内訳はここにあります:

ビット 説明
ビット 1 に 4 これらのビットは要求のソースをたどるノードのノード ID を常に示します。
ビット 5 このビットはブリッジ 要求 K1 ビット 1 に 4 がショートパス要求であるかどうか示します(0)または長 い パス 要求。 (1)
ビット 6 に 8 111 ライン AIS
110 -行 RDI
101 -今後使用できるように予約済み
100 -今後使用できるように予約済み
011 -保護チャネルの Extra Traffic (ET)
010 -繋がれ、切り替えられて(Br および Sw)
001 -繋がれる(Br)
000 -アイドル状態

ファイバ 中断が発生する場合、K1 および K2 バイトはアラームを報告します。 K1 および K2 バイトは中断が発生し、はたらくことおよび保護チャネルがループする発信 および 着信ノードを識別します。 現用トラフィックはスパン 2、3、および 4.の保護帯域幅(STS 25-48)に切り替わります。

図 3 –ファイバ 中断

15454_blsr_03.gif

図 4 BLSRリング スパン 2、3、および 4 をノード A および D 検出の後でファイバ 中断 表示する、保護パス STS 25-48 にワーキングパス STS 1-24 を切り替えます。

図 4 –ノード A および D 検出の後の BLSRリング スパン 2、3、および 4 ファイバ 中断

15454_blsr_04.gif

トラフィックへの中断はファイバを保護するはたらくことからのスイッチが発生する 50 ミリ秒より小さいです。

BLSRリングのまわりで移動する回線のファイバ 中断の影響を理解して下さい。 回線がリングの両側で移動するところで、シナリオを図 5 考慮して下さい。 回線はノード A および C で入り、終了します。

図 5 –回線のファイバ 中断の影響

15454_blsr_05.gif

ファイバ 中断がノード A とノード D の間で発生する場合ノード A とノード D 間のファイバのステータスを示すために、すべての K1 および K2 バイトは変更します。 トラフィックは STS でリングの左側の 1-24、今移動する STS をリングの右側の 25-48 使用します。 STS のトラフィックは 25-48 ノード C に向かいます。 ただし、トラフィックはノード D に続く必要があります。 ノード D で、トラフィックはノード C に戻ってブリッジされ、切り替えられます(図を 6)参照して下さい。

図 6 –トラフィックはノード C にブリッジされ、切り替えられます

15454_blsr_06.gif

BLSRリングを設定して下さい

BLSRリングを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. オプティカル キャリア カードをインストールし、ファイバを接続して下さい

  2. カードに DCC 終了を作成して下さい

  3. カードにポートを有効に して下さい

  4. BLSRリングを設定して下さい

  5. BLSRリングのノードのタイミングを設定して下さい

光キャリアカードをインストールしファイバを接続する

次の手順を実行します。

  1. 物理的に OC-12 か OC-48 カードをインストールするのに 15454 ユーザドキュメントのカードインストールおよびターンアップ セクションで手順を使用して下さい。 あらゆるスロットに OC-12 カードをインストールできます。 ただし、高速スロット 5、6、12、か 13 にだけ OC-48 カードをインストールして下さい。

  2. カードが起動するようにして下さい。

  3. カードにファイバを接続して下さい。

    インストールしたカードの ACT LED がグリーンに変わるようにして下さい。

カードに DCC 終了を作成して下さい

次の手順を実行します。

  1. BLSR の最初のノードにログイン して下さい。

  2. Provisioning > Sonet DCC の順に選択 して下さい。

    SDCC 終端パネルは下記のものを表示します:

    図 7 – SDCC 終端パネル

    15454_blsr_07.gif

  3. SDCC Terminations セクションで『Create』 をクリック して下さい。

    作成 SDCC Terminations ダイアログボックスは表示されます:

    図 8 –作成 SDCC Terminations ダイアログボックス

    15454_blsr_08.gif

  4. CTRL 鍵を握り、ノードで BLSRリング ポートとして動作する必要があるポートか 2 つのスロットをクリックして下さい。 たとえば、スロット 6 (OC-48)ポート 1 およびスロット 12 (OC-48)ポート 1 (図を 8)参照して下さい。

    注: ONS 15454 はデータコミュニケーションのために SONET セクション 層 DCC (SDCC)を使用します。 ONS 15454 はラインDCC を使用しません。 従って、ラインDCC は ONS 15454 ネットワークを渡るサードパーティ機器からの DCC をトンネル伝送して利用できます。

  5. [OK] をクリックします。

    スロットかポートは SDCC Terminations セクションにリストされています:

    図 9 –スロットかポートはリストされています

    15454_blsr_09.gif

カードにポートを有効に して下さい

次の手順を実行します。

  1. SDCC 終了で設定した光カードの 1 つをダブルクリックして下さい。

  2. Provisioning > Line の順に選択 して下さい。

  3. Status カラムで『In Service』 を選択 して下さい。

    図 10 –稼働中 オプションを選択して下さい

    15454_blsr_10.gif

  4. SDCC 終了で設定される他の光カードと BLSRリングの各ノードのためのステップ 1 〜 3 を繰り返して下さい。

BLSRリングを設定して下さい

次の手順を実行します。

  1. BLSR ノードの 1 つにログイン して下さい。

  2. Provisioning > Ring の順に選択 して下さい。

    BLSRリングの光カードのためのすべての回線が削除されるようにして下さい。 BLSRリングがディセーブルの状態で開始して下さい:

    図 11 – BLSRリングがディセーブルの状態で開始して下さい

    15454_blsr_11.gif

  3. BLSR セクションの NODE ID フィールドのノードのための識別子を入力して下さい。

    ノード ID は BLSRリングにノードを識別します。 16 まで異なるノード ID があることができます。 BLSRリングのすべてのノードにユニークなノード ID を割り当てるようにして下さい。

    図 12 –各ノードにユニークなノード ID を割り当てて下さい

    15454_blsr_12.gif

  4. ノード ID を選択して下さい。

    他の BLSR フィールドは表示する。

  5. これらの BLSR プロパティを設定 して下さい(図 13 参照して下さい):

    • リング ID —リングに識別子を割り当てて下さい。 それが 0 と 255 間の数であることを確認して下さい。 同じ BLSR ですべてのノードのために同じリング ID を使用して下さい。

    • 逆転は time — 時間数を規定 しますそのあとで現用トラフィックはオリジナル ワーキングパスに戻る必要があります。 デフォルト値は 5 分です。

    • イースト ポート—ドロップダウン リストからイースト ポートとして必須ポートを選択して下さい。 通常、イースト ポートは 15454 の右側に最も高く利用可能 な スロットです。

    • ウェスト ポート—ドロップダウン リストからウェスト ポートとして必須ポートを選択して下さい。 通常、ウェスト ポートは 15454 の左側に最も低く利用可能 な スロットです。

    図 13 – BLSR Properties を設定 して下さい

    15454_blsr_13.gif

    図 14 ノード A.の設定を説明します。

    図 14 –ノード 設定

    15454_blsr_14.gif

  6. [Apply] をクリックします。

    BLSR マップ リング Change ダイアログボックスは下記のものを表示します:

    図 15 – BLSR マップ リング Change ダイアログボックス

    15454_blsr_15.gif

  7. [Yes] をクリックします。

    BLSR Ring Map ダイアログボックスは下記のものを表示します:

    図 16 – BLSR Ring Map ダイアログボックス

    15454_blsr_16.gif

  8. 『Accept』 をクリック して下さい。

    BLSR Ring Map パネルは BLSRリングの最初の 15454 ノードであるノード A のための IP アドレス 10.200.100.11 を表示する。 ノードは BLSRリングマップに追加されます。 デフォルト K アラームはリングのすべてのノードを設定するまで表示する:

    図 17 –デフォルト K アラーム

    15454_blsr_17.gif

  9. 4 ノード BLSRリングを形成する他の 3 つのノードのためのステップ 2 〜 6 を完了して下さい。 図 18 ノード B.のための BLSR コンフィギュレーションウィンドウを示します。 それに別のノード ID がある、同じリング ID ことに注意して下さい:

    図 18 –ノード B のための BLSR コンフィギュレーションウィンドウ

    15454_blsr_18.gif

    図 19 ノード B.の設定を表します。

    図 19 –ノード B 設定

    15454_blsr_19.gif

  10. [Apply] をクリックします。

    BLSR Ring Map ダイアログボックスは下記のものを表示します:

    図 20 – BLSRリングに第 2 ノードを追加して下さい

    15454_blsr_20.gif

  11. 『Accept』 をクリック して下さい。

  12. Configure ノード C。

    図 21 –ノード C のための BLSR 設定

    15454_blsr_21.gif

    図 22 ノード C の設定を表します。

    図 22 –ノード C 設定

    15454_blsr_22.gif

  13. [Apply] をクリックします。

    BLSR Ring Map ダイアログボックスは下記のものを表示します:

    図 23 – BLSRリングに第 3 ノードを追加して下さい

    15454_blsr_23.gif

  14. 『Accept』 をクリック して下さい。

  15. Configure ノード D。

    図 24 –ノード D のための BLSR 設定

    15454_blsr_24.gif

    図 25 ノード D の設定を表します。

    図 25 –ノード D 設定

    15454_blsr_25.gif

  16. [Apply] をクリックします。

    BLSR Ring Map ダイアログボックスは下記のものを表示します:

    図 26 – BLSRリングに第 4 ノードを追加して下さい

    15454_blsr_26.gif

  17. 『Accept』 をクリック して下さい。

  18. デフォルト K アラームがクリアされるかどうか確かめるために Network ビューに切り替えて下さい。

  19. BLSR をテストするのに正常なテスト手順を使用して下さい。 使用できる少数のステップはここにあります:

    1. ノードにログイン し、Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    2. イースト オペレーション リストから『MANUAL RING』 を選択 し、『Apply』 をクリック して下さい。 トラフィックが普通切り替わるかどうか確かめて下さい。

    3. イースト オペレーション リストから『CLEAR』 を選択 し、『Apply』 をクリック して下さい。

    4. West Operation のためのステップ 1 〜 3 を繰り返して下さい。

    5. ファイバを 1 つのノードで引っ張り、トラフィックが普通切り替わるかどうか確かめて下さい。

BLSRリングのノードのタイミングを設定して下さい

SONET DCC を設定した後、ノードのタイミングを設定 する必要があります。 ステップバイステップ手順のための 15454 ユーザドキュメントの Setup ONS 15454 Timing セクションを参照して下さい。 ONS 15454 タイミングについての概要に関しては ONS 15454 の タイミング問題を参照して下さい。

BLSR ノードを追加し、廃棄して下さい

このセクションは v2.x.x ソフトウェア レベルのための BLSR ノードを追加し、廃棄するために手順を提供します。 最新の v5.0 ソフトウェア レベルを使用する場合、BLSR ノードを追加し、廃棄するために手順のための v5.0 ドキュメントを参照して下さい。

ノードを廃棄するために追加するか、または、サービスが実行された スパンからのそのルーティング トラフィック強制オペレータと保護 スイッチを行う必要があります。

示す例は非破壊的に 4 ノード BLSRリングに第 5 ノードを、ノード E、設定し次に追加する方法をここにあります。 例にまた正しい回線がノード E.に追加されるかどうか確かめる方法を示されています。

図 27 –第 5 ノードを追加する例

15454_blsr_27.gif

例はまたどのように BLSRリングからの Remove ノード E を非破壊的に示したものです。 例にオリジナル 4 ノード ラボ の セットアップに戻る方法を示され回線が正しく設定されるかどうか確かめます。

注: 1 つのノードだけ一度に追加するか、または削除できます。

ノードを追加して下さい

BLSRリングにノードを追加したいと思うときトラフィックの中断を最小に するためにシステムにローカルで ログイン するようにして下さい。 次の手順を実行します。

  1. BLSR に追加したいと思う ONS 15454 に光カードをインストールして下さい。

    光ファイバ ケーブルがカードに接続して利用できることを確認して下さい。

  2. カードを確認するノードによるテスト トラフィックは適切に機能します。

  3. イースト ポート(ラボ の セットアップのノード D)を通って New ノード E に接続したいと思うノードにログイン して下さい。

  4. イースト ポートのトラフィックを強制して下さい。 次の手順を実行します。

    1. Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    2. イースト オペレーション リストから『FORCE RING』 をクリック して下さい。

      図 28 –イースト ポートの強制トラフィック

      15454_blsr_28.gif

    3. [Apply] をクリックします。

      Force Switch の要求アラームはイースト ポート OC-48 カードのために生成されます:

      図 29 – Force Switch の要求アラーム

      15454_blsr_29.gif

      Force Switch の要求アラームは正常です。

      注意 注意: トラフィックは保護 スイッチの間に無防備です。

    4. ウェスト ポート(ラボ の セットアップのノード A)を通って New ノードに接続する必要があるノードにログイン して下さい。

  5. ウェスト ポートのトラフィックを強制して下さい。 次の手順を実行します。

    1. Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    2. West Operation リストから『FORCE RING』 をクリック して下さい。

      図 30 –ウェスト ポートの強制トラフィック

      15454_blsr_30.gif

    3. [Apply] をクリックします。

      確認 の メッセージ ディスプレイは BLSRリングで東およびウェスト ポート方向を示すトラフィックが正しく切り替わることができるように正しく設定されます:

      図 31 –確認 の メッセージ

      15454_blsr_31.gif

      Force Switch の要求アラームはイースト ポート OC-48 カードのために生成されます:

      図 32 – Force Switch の要求アラーム

      15454_blsr_32.gif

      Force Switch の要求アラームは正常です。

      注意 注意: トラフィックは保護 スイッチの間に無防備です。

  6. New ノードにログイン し、これらの BLSR セットアップ ステップを完了して下さい:

    1. SONET DCC を提供して下さい。

      図 33 – SONET DCC を提供して下さい

      15454_blsr_33.gif

    2. BLSR タイミングを設定して下さい。

      図 34 – BLSR タイミングを設定して下さい

      15454_blsr_34.gif

    3. BLSR ポートを有効に して下さい。

      図 35 – BLSR ポートを有効に して下さい

      15454_blsr_35.gif

    4. BLSRリングを設定して下さい。

      図 36 – BLSRリングを設定して下さい

      15454_blsr_36.gif

  7. New ノード E.に直接接続するノード D およびノード A からファイバー接続を取除いて下さい。

    • ノード D (New ノード E (6) スロットのウェスト ポートに接続する必要がある 12) スロットからイースト ファイバを取除いて下さい。

    • ノード A (New ノード E (12) スロットのイースト ポートに接続する必要がある 6) スロットから西の ファイバを取除いて下さい。

  8. イースト ポートに New ノード E. Connect にウェスト ポート、およびウェスト ポートにイースト ポートを接続されるファイバと取除かれたファイバ取り替えて下さい。

  9. Cisco Transport Controller (CTC)のログアウト。

  10. CTC に再度ログイン して下さい。

  11. 表示するために BLSR Ring Map Change ダイアログボックスを待って下さい。

    注: BLSR Ring Map Change ダイアログボックスが表示する場合、Provisioning > Ring の順に選択 し、『Ring Map』 をクリック して下さい。

    図 37 – BLSR Ring Map Change ダイアログボックス

    15454_blsr_37.gif

  12. [Yes] をクリックします。

    BLSR Ring Map ダイアログボックスは下記のものを表示します:

    図 38 – BLSR Ring Map ダイアログボックス

    15454_blsr_38.gif

  13. 『Accept』 をクリック して下さい。

  14. Network ビューに戻り、Circuits タブをクリックして下さい。

    ネットワークがすべての回線を検出するまで待って下さい。 パススルーが不完全ように New ノード示されること回線。 Circuits ウィンドウは 1 スパンを回線のためのスパンの総数よりより少なく表示する:

    図 39 – 1 スパン スパンの総数よりより少し

    15454_blsr_39.gif

  15. ノード E を右クリックし、ショートカット メニューから『Update Circuits』 を選択 して下さい。

    図 40 –アップデート回線

    15454_blsr_40.gif

    回線アップデート 確認 の メッセージ ディスプレイはノード E にネットワークの数を示す付け加えました:

    図 41 –回線アップデート 確認 の メッセージ

    15454_blsr_41.gif

  16. Circuits タブを選択し、ネットワークが不完全な回路が含まれていないようにして下さい。

  17. 回線を選択し、『Map』 をクリック して下さい。

  18. それに回線パススルーを New ノード E 確認して下さい:

    図 42 –それに回線パススルーを New ノード E 確認して下さい

    15454_blsr_42.gif

  19. 保護 スイッチの設定をクリアして下さい。

    New ノード E に接続するのにイースト ポートを使用すると New ノード E. Complete にこれらのステップを接続するのにウェスト ポートを使用するノード A のための保護 スイッチのノード D 設定をクリアして下さい:

    1. Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    2. イースト オペレーション リストから『CLEAR』 をクリック して下さい。

    3. [Apply] をクリックします。

      図 43 –イースト ポートからの保護 スイッチの設定をクリアして下さい

      15454_blsr_43.gif

    4. West Operation リストから『CLEAR』 を選択 して下さい。

    5. [Apply] をクリックします。

      図 44 –ウェスト ポートからの保護 スイッチの設定をクリアして下さい

      15454_blsr_44.gif

ノードを削除して下さい

注意 注意: このプロシージャはトラフィック停止を Delete ノード 最小に します。 ただし削除するノードで起こすか、または終わった回線を削除し、作り直すとき、トラフィックを失う場合があります。

次の手順を実行します。

  1. 削除したいと思う選択し、そのノードで起きるか、または終わるすべての回線を削除して下さいノードを。 たとえばラボ の セットアップからの Remove ノード E にほしかったら、これらのステップを完了して下さい:

    1. Circuits タブをクリックして下さい。

    2. CTRL キーを維持し、削除する必要がある複数の回線を選択するためにクリックして下さい。

    3. [Delete] をクリックします。

      削除を確認するためにプロンプト表示されます:

      図 45 –削除回線

      15454_blsr_45.gif

    4. [Yes] をクリックします。

      確認 の メッセージは表示されます:

      図 46 –回線 の 削除のための確認 の メッセージ

      15454_blsr_46.gif

    5. マルチドロップ 回線が削除したいと思うノードでドロップが含まれていたら、『Edit』 をクリック して下さい。

    6. ドロップを取除いて下さい。

      注: 削除したいと思うノードにログイン しない で下さい。

      注: 回線に複数のドロップがある場合、ノード E.で終わるドロップだけ削除して下さい。

  2. 削除したいと思うノードに隣接するノードのポートからの手動で スイッチ トラフィック。 隣接ノードはノードが削除されるとき切断されています。 次の手順を実行します。

    1. Open ノード D、ノード E.にイースト ポートを通して接続される。

    2. Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    3. イースト オペレーション リストから『FORCE RING』 をクリック して下さい。

    4. [Apply] をクリックします。

      図 47 –イースト ポートの強制トラフィック

      15454_blsr_47.gif

      操作を確認するためにプロンプト表示されます。

    5. [Yes] をクリックします。

      図 48 –オペレーションを確認して下さい

      15454_blsr_48.gif

    6. ノード E.にウェスト ポートを通して接続される Open ノード A。

    7. West Operation リストから『FORCE RING』 を選択 して下さい。

    8. [Apply] をクリックします。

      図 49 –ウェスト ポートの強制トラフィック

      15454_blsr_49.gif

      操作を確認するためにプロンプト表示されます。

      図 50 –オペレーションを確認して下さい

      15454_blsr_50.gif

      注意 注意: トラフィックは無防備保護切り替え中です。

  3. ノード E の間におよび相手、ノード A およびノード D あるファイバー接続を取除いて下さい。

  4. 2 つの隣接ノードを再接続して下さい。

  5. 表示するために BLSR マップ リング Change ダイアログボックスを待って下さい。

    注: BLSR マップ リング Change ダイアログボックスが表示する場合、Provisioning > Ring の順に選択 し、『Ring Map』 をクリック して下さい。

    図 51 – BLSR マップ リング Change ダイアログボックス

    15454_blsr_51.gif

  6. [Yes] をクリックします。

    BLSR Ring Map ダイアログボックスは下記のものを表示します:

    図 52 – BLSR Ring Map ダイアログボックス

    15454_blsr_52.gif

  7. 『Accept』 をクリック して下さい。

  8. 一つずつ、削除はノード E.で起きるか、または終わった各回線を作り直し。

  9. 隣接ノードの保護 スイッチの設定をクリアして下さい。 次の手順を実行します。

    1. イースト ポートの保護 スイッチとの Open ノード D。

    2. Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    3. イースト オペレーション リストから『CLEAR』 をクリック して下さい。

    4. [Apply] をクリックします。

      図 53 –イースト ポートからの保護 スイッチの設定をクリアして下さい

      15454_blsr_53.gif

    5. ウェスト ポートの保護 スイッチとのノードを使用可能にして下さい。

    6. Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    7. West Operation リストから『CLEAR』 をクリック して下さい。

    8. [Apply] をクリックします。

      図 54 –ウェスト ポートからの保護 スイッチの設定をクリアして下さい

      15454_blsr_54.gif

  10. ビル内統合タイミング供給源 (BITS) クロックが各ノードで使用されるかどうか確認して下さい。

    • BITS が使用されない場合、同期が隣接ノードの東回りか西回り BLSR スパンの 1 つに設定 されるようにして下さい。

    • (削除したノード ノード E)は BITS ソースとして BITSタイミングソース、使用します New ノードをでした。 また、他のノードがすべてタイミングを得ることができる 1 つのノードで同期を『Internal』 を選択 して下さい。

  11. Circuits タブを選択し、不完全な回路がないことを確認して下さい。

    図 55 –不完全な回路がないことを確認して下さい

    15454_blsr_55.gif

  12. Map タブをクリックして下さい。

  13. 回線が正しくルーティングされるかどうか確かめて下さい。

    図 56 –回線が正しくルーティングされるかどうか確かめて下さい

    15454_blsr_56.gif

BLSR トランク カードを移動して下さい

注: 現在の BLSRリングからトランクカードを再配置するためにノードを一つずつ廃棄して下さい。 ことをこのプロシージャがサービスに影響を与える覚えてい、すべての BLSR ノードにカード変更スロット適用します。 続行する前にすべてのステップを確認して下さい。

図 57 4 ノード OC-48 BLSR ラボ の セットアップでは、ノード D はアクティブな BLSRリングから一時的に取除かれます。 さらに、スロット 6 の OC-48 カードはスロット 5 に移動され、スロット 12 の OC-48 カードはスロット 6.に移動されます。

図 57 – 4 ノード OC-48 BLSR ラボ の セットアップ

15454_blsr_57.gif

15454 シャーシの別のスロットに BLSR トランク カードを変わって下さい

このセクションは別のスロットに 1 BLSR トランク カードを変わる方法を説明します。 移動したいと思う各カードのためにこのプロシージャを使用して下さい。 プロシージャが OC-48 BLSR トランクカードのためであるが、OC-12 カードのために同じプロシージャを使用できます。

注: ONS 15454 ノードは CTC リリース 2.0 またはそれ以降を使用する必要があり OC-48 か OC-12 カードまたは BLSR 設定のためのアクティブアラームを持つ場合がありません。

  1. トランクカードを取り替えたいと思うノードからのトラフィックを強制して下さい。 次の手順を実行します。

    1. トランクカードを移動したいと思うノード D にイースト ポートを通して接続されるノード C にログイン して下さい。

    2. Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    3. イースト オペレーション リストから『FORCE RING』 をクリック して下さい。

    4. [Apply] をクリックします。

      図 58 –イースト ポートの強制トラフィック

      15454_blsr_58.gif

      操作を確認するためにプロンプト表示されます。

      図 59 – BLSR オペレーションを確認して下さい

      15454_blsr_59.gif

    5. [Yes] をクリックします。

      Force Switch を行うとき、手動 Force Switch の要求アラームは生成されます:

      図 60 –手動 Force Switch の要求アラーム

      15454_blsr_60.gif

      Force Switch の要求アラームは正常です。

      注意 注意: トラフィックは保護 スイッチの間に無防備です。

    6. トランクカードを移動したいと思うノード D にウェスト ポートを通して接続されるノードにログイン して下さい。

    7. Maintenance > Ring の順に選択 して下さい。

    8. West Operation リストから『FORCE RING』 をクリック して下さい。

    9. [Apply] をクリックします。

      図 61 –ウェスト ポートの強制トラフィック

      15454_blsr_61.gif

      操作を確認するためにプロンプト表示されます。

      図 62 – BLSR オペレーションを確認して下さい

      15454_blsr_62.gif

    10. [Yes] をクリックします。

  2. 移動したいと思う OC-48 トランクカードがインストールされているノード D にログイン して下さい。

  3. Circuits タブをクリックして下さい。

    図 63 –ノード D に Circuits タブを選択して下さい

    15454_blsr_63.gif

  4. 影響を受けた回線の提供情報を記録して下さい。 この情報が回線以降を復元する必要とします。

  5. パススルーが移動してカードほしい回線を削除して下さい。 次の手順を実行します。

    1. CTRL キーを維持し、必須回線を選択するためにクリックして下さい。

    2. [Delete] をクリックします。

      削除を準拠 するためにプロンプト表示されます:

      図 64 –ノード D の削除回線

      15454_blsr_64.gif

    3. [Yes] をクリックします。

  6. 移動したいと思うカードの SONET DCC termination を削除して下さい。 次の手順を実行します。

    1. Provisioning > Sonet DCC の順に選択 して下さい。

    2. SDCC Terminations セクションの必須 SONET DCC を選択して下さい。

    3. [Delete] をクリックします。

      図 65 – SONET DCC termination を削除して下さい

      15454_blsr_65.gif

      操作を確認するためにプロンプト表示されます。

      図 66 – SDCC 終了 削除確認

      15454_blsr_66.gif

    4. [Yes] をクリックします。

  7. 移動したいと思うノードのリングをディセーブルにして下さい。 次の手順を実行します。

    1. Provisioning > Ring の順に選択 して下さい。

    2. ノード ID リストから『Ring Disabled』 をクリック して下さい。

    3. [Apply] をクリックします。

      図 67 –ノード D のリングをディセーブルにして下さい

      15454_blsr_67.gif

      削除を確認するためにプロンプト表示されます。

      図 68 –削除を確認して下さい

      15454_blsr_68.gif

  8. OC-48 カードがタイミング ソースである場合内部クロックに、設定 されたタイミング Provisioning > Timing の順に選択 すれば。

    図 69 –内部クロックにタイミングを設定 して下さい

    15454_blsr_69.gif

  9. カード Out Of Service にポートを置いて下さい。 次の手順を実行します。

    1. カードをダブルクリックして下さい。

    2. Provisioning > Line の順に選択 して下さい。

    3. Status カラムの各ポートのために『Out of Service』 を選択 して下さい。

      図 70 –各ポート Out Of Service を置いて下さい

      15454_blsr_70.gif

      操作を確認するためにプロンプト表示されます。

    4. [Yes] をクリックします。

      図 71 –処理を確認して下さい

      15454_blsr_71.gif

  10. 物理的にスロット 12 の OC-48 カードを取り外し、スロット 5.の新しい場所にそれを移動して下さい。

  11. カードを新しいスロットに挿入し、起動するためにカードを待って下さい。

  12. オリジナル スロット 12 から OC-48 カードの詳細を削除して下さい。 これのために、Node View のカードを右クリックして下さいショートカット メニューから『Delete』 を選択 します。

    図 72 –オリジナル スロットから OC-48 カードを削除して下さい

    15454_blsr_72.gif

    削除を確認するためにプロンプト表示されます:

    図 73 –削除を確認して下さい

    15454_blsr_73.gif

  13. スロット 5 ポート背部稼働中に OC-48 カードを置いて下さい。 次の手順を実行します。

    1. カードを右クリックし、ショートカット メニューから『Open Card』 を選択 して下さい。

      図 74 –カードを開いて下さい

      15454_blsr_74.gif

    2. Provisioning タブをクリックして下さい。

    3. Status カラムから『In Service』 を選択 して下さい。

    4. [Apply] をクリックします。

      図 75 –カード バック 稼働中を置く稼働中 オプションを選択して下さい

      15454_blsr_75.gif

  14. 設定にリストされている同じ OC-48 カードの BLSRリング(新しいスロットで)および東および西のためのポートを有効に するためにステップをこの資料の BLSR Ring セクション完了して下さい。

  15. 手動で削除した回線を再入力して下さい。

    回線を使用する方法に関する詳細については ONS 15454 ユーザドキュメントの作成し、提供回線セクションを参照して下さい。

  16. ラインタイミングを使用し、であるタイミング基準移動したカード場合、カードのタイミング パラメータを再度有効に して下さい。

    図 76 –タイミング パラメータを有効に して下さい

    15454_blsr_76.gif

BLSR リングに関するアラーム

このセクションは BLSR リングと関連付けられるアラームをリストします。

デフォルトK Bte アラーム

Default K Byte Received (DFLTK) アラームは BLSR が正しく設定されないとき発生します。 たとえば、アラームは 4 ノード BLSR に単方向パス スイッチ型リング (UPSR)で設定される 1 つのノードがあると発生します。 UPSR またはリニア 設定のノードは BLSR のために設定されるシステムが予想する 2 つの有効な K1/K2 Automatic Protection System (APS) バイトを送信 しません。 BLSR 設定は無効として送信 される バイトの 1 つを考慮します。 受信機器はリンクの回復 情報のための K1/K2 バイトを監察します。

図 77 – Default K Byte Received (DFLTK) アラーム

15454_blsr_77.gif

アラームはまた新しいリング マップが受け入れられない New ノードを追加するとき発生する場合があります。 DFLTK を解決するプロシージャは頻繁にプロシージャに類似した BLSROOSYNC を解決するためにです。 詳細については、15454 ユーザドキュメントの DFLTK セクションを参照して下さい。

同期アラームからのBLSR

図 78 – BLSROSYNC アラーム

15454_blsr_78.gif

BLSR Out Of Sync (BLSROSYNC) アラームはマッピングテーブルをアップデートする必要があるとき発生します。 アラームをクリアするために、受け入れる必要がある新しいリング マップを作成して下さい。 詳細については、15454 ユーザドキュメントの BLSROOSYNC セクションを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13556