オプティカル : スペース再利用プロトコル/ダイナミック パケット トランスポート(SRP/DPT)

手作業による ONS 15190 での SRP リングの設定と既存の SRP 設定の修正

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ONS 15190 のスペース再利用プロトコル(SRP)リングを手動で設定する手順について説明します。 このドキュメントでは、既存の SRP 設定を変更する方法についても説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

使用するプラットフォーム

この資料に含まれているすべての情報は ONS 15190 を示します。 どのバージョンを実行するか判別するために、system show info コマンドを使用して下さい:

Jupiter#system show info
	System uptime: 9d, 23:26:13.517 
	System time: 9d, 23:26:13.520    
	Name: Jupiter 
	Description: 
	Location: 
	Contact: 
Running image: 
	Release: 2.0 
	Created on: Thu Jun 01 17:42:44 2000 
	Created by: PentaCom Ltd. 
	Length: 3054362 
	Signature: 0x7A784DA1 
	Software version: 2.0.213    
	Software created on: May 24 2000, 16:13:11 
	Bootstrap version: 3.0 
Jupiter# 

自動接続 機能を使用して下さい

ONS 15190 のアセットの 1 つはあらゆるポートに SRP ラインカードからのファイバか Port Adapter (PA)をプラグインできるソフトウェアは個々のノードを設定しますことであり。 直接すべてのノードを接続する ONS 15190 に SRP カードが十分ある場合同じデフォルト リングに見つけるすべての SRP ノードを追加する autoconnect コマンドを使用できます。

例外

ほとんどの場合、autoconnect コマンドを使用し、いくつかの手動調節を必要ならば行うことができます。 いくつかの例外はここにあります:

  • いくつかのノードを相互接続することを選択しこうして ONS 15190 への部分的な接続があれば、1 つのノードで Side A および別のノードで Side B を構成する手動で スパンを定義して下さい。

  • マルチリングを定義することを選択するかまたは SRP ラインカードが同期光ファイバ ネットワーク (SONET) パストレースメッセージをサポートしなければ場合、autoconnect コマンドははたらきません。

この資料の設定 例はすべて手作業の設定を表します。

物理的接続性を確認して下さい

この設定 例は ONS 15190 および SRP ノードのためにこれらの名前を使用します:

  • ONS 15190 = ジュピター

  • SRP ノード(Cisco 12000 シリーズ ルータ) = Maxi、小型、Cloud および Thunder

ポート接続にノードを調べる簡単な方法は ONS 15190 の port all show trace コマンドを使用することです:

Jupiter#port all show trace 
Port     Hostname     IP         Interface     Side
L1.1     Maxi         1.1.1.1    SRP 0/0       A
L1.2     Cloud        1.1.1.5    SRP 1/0       B
L2.1     Mini         1.1.1.2    SRP 0/0       A
L2.2     Maxi         1.1.1.1    SRP 0/0       B
L3.1     Thunder      1.1.1.4    SRP 0/0       A
L3.2     Mini         1.1.1.2    SRP 0/0       B

この出力はそれを示したものです:

  • Maxi SRP ラインカードはポート L1.1 に、Side A 接続されます。

  • Maxi SRP ラインカードはポート L2.2 に、Side B 接続されます。

  • 小型 SRP ラインカードはポート L2.1 に、Side A 接続されます。

  • 小型 SRP ラインカードはポート L3.2 に、Side B 接続されます。

  • Cloud および Thunder は相互接続されます(Cloud は Thunder に、Side A、側面 B)および接続されます:

    • Cloud SRP ラインカードはポート L1.2 に、Side B 接続されます。

    • Thunder SRP ラインカードはポート L3.1 に、Side A 接続されます。

この場合詳細を得る system show box コマンドを使用して下さい:

Jupiter#system show box 
CTRL 1 回線 1 回線 2 回線 3 回線 4 SW 1 SW 2 SW 3 SW 4 SW 5 回線 5 回線 6 7 LINE 8 LINE CTRL 2
オペレーション i960 オペレーション OC12 オペレーション OC12 オペレーション OC12   オペレーション オペレーション オペレーション オペレーション オペレーション       オペレーション OC12 オペレーション i960
  L1.1 オペレーション LINK L1.2 オペレーション LINK L2.1 オペレーション LINK L2.2 オペレーション LINK L3.1 オペレーション LINK L3.2 オペレーション LINK                   L8.1 オペレーション LINK UNEQ L8.2 LINK UNEQ ACT この CTRL

show controller srp コマンドによってノードの接続を確認できます:

Thunder#show controller srp 0/0 
SRP0/0 - Side A (Outer RX, Inner TX) 
SECTION 
	LOF = 0 	LOS = 0 			BIP(B1) = 15 
LINE 
	AIS = 0 	RDI = 0 	FEBE = 307 	BIP(B2) = 203 
PATH 
	AIS = 0 	RDI = 0 	FEBE = 219 	BIP(B3) = 30 
	LOP = 0 	NEWPTR = 0 	PSE = 0 	NSE = 0 

Active Defects:	None 
Active Alarms:	None 
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP

Framing:                           SONET
Rx SONET/SDH bytes:                (K1/K2) = 0/0   S1S0 = 0    C2 = 0x16 J0 = 0xCC 
Tx SONET/SDH bytes:                (K1/K2) = 0/0   S1S0 = 0    C2 = 0x16 
Clock source:                      Internal
Framer loopback:                   None
Path tace buffer:                  Stable
Remote hostname:                   RingStar8000
Remote interface:                  SRPL3.1
Remote IP addr:                    10.200.28.100
Remote side id:                    B
BER thresholds:                    SF = 10e-3      SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):            SF = 10e-3      SD = 10e-6
TCA thresholds:                    B1 = 10e-6      B2 = 10e-6   B3 = 10e-6 

SRP0/0 - Side B (Inner RX, Outer TX) 
SECTION    
	LOF = 0 	LOS = 0                 	BIP(B1) = 15 
LINE 
	AIS = 0 	RDI = 0 	FEBE = 155 	BIP(B2) = 188 
PATH    
	AIS = 0 	RDI = 0 	FEBE = 34 	BIP(B3) = 35 
	LOP = 0 	NEWPTR = 0 	PSE = 0 	NSE = 0 


Active Defects: None 
Active Alarms: None 
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP    


Framing            : SONET 
Rx SONET/SDH bytes	: (K1/K2) = 0/0  S1S0 = 0  C2 = 0x16 
Tx SONET/SDH bytes	: (K1/K2) = 0/0  S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0xCC 
Clock source 		: Internal 
Framer    loopback 	: None 
Path trace buffer 	: Stable
Remote hostname 	: Cloud 
Remote interface	: SRP1/0 
Remote IP addr 		: 1.1.1.5 
Remote side id 		: A 

BER thresholds:         SF = 10e-3  SD = 10e-6 
IPS BER thresholds(B3): SF = 10e-3  SD = 10e-6 
TCA thresholds:         B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

Thunder が Side A とポート L3.1 の ONS 15190 に接続されることがわかります。 また Side B が Cloud に接続されることがわかります。

ONS 15190 はその SONETパス ターミネータ 通常モードの問題パストレースメッセージもし設定するならです。 任意でリングの隣接ノードが互いに送信 する パストレースメッセージを映せば、透過的なで ONS 15190 を設定できます。

この情報を収集したら、ONS 15190 のノードを定義し始めることができます。

ONS 15190 のノードを定義して下さい

ONS 15190 のノードおよびリングを修正する rconf コマンドを使用して下さい。 これをする前に、応用設定および現在のコンフィギュレーションを両方チェックして下さい:

Jupiter#rconf show ?
applied Show applied configuration 
current Show current shadow (editable) configuration 


Jupiter#rconf show current
Current shadow (editable) connection configuration: 

Sniff configuration: 
Sniffer             Port   Sniffed node   Port
----------------------------------------------
No sniffer nodes.


POS connections: 
Node                IP Address    Ports   Type   Other
------------------------------------------------------
No POS connections.


Ring configuration (nodes in order of outer ring): 
Ring             Name   Nodes   IP Address   A-Port   B-Port   Type   Other
---------------------------------------------------------------------------
No rings defined.

Jupiter#rconf show applied
Applied connection configuration: 

Sniff configuration: 
Sniffer             Port   Sniffed node   Port
----------------------------------------------
No sniffer nodes.


POS connections: 
Node                IP Address    Ports   Type   Other
------------------------------------------------------
No POS connections.


Ring configuration (nodes in order of outer ring): 
Ring             Name   Nodes   IP Address   A-Port   B-Port   Type   Other
---------------------------------------------------------------------------
No rings defined.

何もまだ設定されていないこの出力から見ることができます。 port all show trace コマンドが生成する出力に基づいてノードを、手動で設定する開始する。

Jupiter#port all show trace
Port     Hostname     IP         Interface     Side
L1.1     Maxi         1.1.1.1    SRP 0/0       A
L1.2     Cloud        1.1.1.5    SRP 1/0       B
L2.1     Mini         1.1.1.2    SRP 0/0       A
L2.2     Maxi         1.1.1.1    SRP 0/0       B
L3.1     Thunder      1.1.1.4    SRP 0/0       A
L3.2     Mini         1.1.1.2    SRP 0/0       B

これのために、2 Ports 形式 ノードかどれ ONS 15190 を知らせる rconf node new コマンドを使用して下さい。 このコマンドの形式はここにあります:

rconf node new [srp/pos/sniff/aps/fiber] [oc12/oc48]

ノードは SONETパス トレース メッセージを出し、現在接続されます。 従って ONS 15190 がパストレースメッセージからのこの情報を読むので、(SRP か Packet-over-SONET のような)ノードタイプを規定 する必要はありません、またはそれが Optical Carrier (OC) 12 または 48 であるかどうか示して下さい。

Jupiter#rconf node new Maxi l1.1 l2.2
OC12 SRP node Maxi created. 

Jupiter#rconf node new Mini l2.1 l3.2 
OC12 SRP node Mini created.

Jupiter#rconf node new span1 l3.1 l1.2 
OC12 SRP node span1 created. 

Jupiter#rconf show current 
Current shadow (editable) connection configuration:  

Sniff configuration: 
Sniffer             Port   Sniffed node   Port
----------------------------------------------
No sniffer nodes.


POS connections: 
Node                IP Address    Ports   Type   Other
------------------------------------------------------
No POS connections.


Ring configuration (nodes in order of outer ring): 
Ring             Name   Nodes   IP Address   A-Port   B-Port   Type   Other
---------------------------------------------------------------------------
No rings defined.

Free nodes: 
	Maxi		L1.1 L2.2 OC12 
	Mini		L2.1 L3.2 OC12 
	span1		L3.1 L1.2 OC12

Current configuration not yet applied.

論理的 な リングを作成し、ノードを割り当てて下さい

ノードを(すべての及ばれた部品は 1 つのノードと定義されます)定義した後、論理的 な リングを作成する必要がありリングにノードを割り当てます。 rconf ring new コマンドを使用して下さい:

Jupiter#rconf ring new ring1 
SRP ring ring1 created.

rconf ring nodes コマンドはリングに自由なノードを追加する素早い方法を提供します。 同時に、このコマンドはリングの順序で決定することを可能にします。

Jupiter#rconf ring ring1 nodes Maxi Mini span1 
Ring ring1 node list set. 

既存のリングに New ノードを追加するとき、ノードはリングの終わりに追加されます。 従ってリングを追加注文しなければならないことができます。 手順については修正するを既存のリング セクションのノード順序参照して下さい。

すべてのノードが定義されることを確認するために、現在のコンフィギュレーションを再度チェックして下さい:

Jupiter#rconf show current
Current shadow (editable) connection configuration: 

Sniff configuration: 
Sniffer             Port   Sniffed node   Port
----------------------------------------------
No sniffer nodes.


POS connections: 
Node                IP Address    Ports   Type   Other
------------------------------------------------------
No POS connections.


Ring configuration (nodes in order of outer ring): 

Ring Name  Nodes   IP Address    A-Port   B-Port  Type   Other
--------------------------------------------------------------
ring1      Maxi                  L1.1     L2.2    OC12
           Mini                  L2.1     L3.2    OC12
           span1                 L3.1     L1.2    OC12 

Current configuration not yet applied. 

設定が設定 されるので、設定を適用する必要があります:

Jupiter#rconf apply 
Configuration applied.
 
Jupiter#
9d, 22:33:33.202 Port L1.1 - Stop transmitting UNEQ. 
9d, 22:33:33.397 Port L1.2 - Stop transmitting UNEQ.    
9d, 22:33:33.590 Port L2.1 - Stop transmitting UNEQ. 
9d, 22:33:33.820 Port L2.2 - Stop transmitting UNEQ. 
9d, 22:33:34.004 Port L3.1 - Stop transmitting UNEQ.    
9d, 22:33:34.250 Port L3.2 - Stop transmitting UNEQ. 

リング作成が正常であるかどうか確認するため、ノードの 1 つの外観。 これのために show srp top コマンドを使用して下さい:


Thunder# 
*Jun 30 04:01:04.295: %SRP-4-WRAP_STATE_CHANGE: SRP0/0 unwrapped on side B 
*Jun 30 04:01:04.295: %SRP-4-ALARM: SRP0/0 Side A Keepalive OK 
*Jun 30 04:01:04.295: %SRP-4-WRAP_STATE_CHANGE: SRP0/0 wrapped on side B 
*Jun 30 04:01:04.299: %SRP-4-WRAP_STATE_CHANGE: SRP0/0 unwrapped on side B 
*Jun 30 04:01:04.299: %SRP-4-WRAP_STATE_CHANGE: SRP0/0 wrapped on side B 
*Jun 30 04:01:04.299: %SRP-4-WRAP_STATE_CHANGE: SRP0/0 unwrapped on side B 


Thunder#show srp top
Topology Map for Interface SRP0/0 
Topology pkt. sent every 5 sec. (next pkt. after 4 sec.) 
Last received topology pkt. 00:00:00 
Nodes on the ring: 4 

Hops(outer ring)   MAC               IP Address       Wrapped      Name
0                  0010.f608.ec00    1.1.1.4          No           Thunder
1                  0010.f60c.8c20    Unknown          No           Cloud
2                  0030.71f1.6c00    Unknown          No           Maxi
3                  0030.71f3.7c00    Unknown          No           Mini

Thunder# 

rconf apply コマンドをタイプするとすぐ、ONS 15190 は個々の隔離されたノードを開け、SRP トポロジーパケットを通してトポロジ マップを作成します。

既存のリングのノード順序を修正して下さい

ある特定の場合、リングのノードを追加注文したいと思う場合もあります。 たとえば悪い帯域幅の利用のノードの 2 つのペア間に大量のトラフィックがあれば、およびこれらのトラフィックフロー 現在オーバーラップし、原因となります。 この例では、Thunder におよび Maxi にデータの一定した高帯域幅交換があると、ように Cloud および小型仮定して下さい。 Thunder からの Maxi へのデータフローが Cloud からの小型にフローと干渉しないようにこれらのノードを追加注文できます:

Jupiter#rconf ring ring1 nodes Maxi span1 Mini 
Ring ring1 node list set. 

Jupiter#rconf apply  
Configuration applied. 

Jupiter#rconf show applied
Applied connection configuration:

Sniff configuration: 
Sniffer             Port   Sniffed node   Port
----------------------------------------------
No sniffer nodes.


POS connections: 
Node                IP Address    Ports   Type   Other
------------------------------------------------------
No POS connections.


Ring configuration (nodes in order of outer ring): 

Ring Name  Nodes   IP Address    A-Port   B-Port  Type   Other
--------------------------------------------------------------
ring1      Maxi                  L1.1     L2.2    OC12
           Mini                  L3.1     L1.2    OC12
           span1                 L2.1     L3.2    OC12 
Jupiter#

この場合新しい体制を確認するために Thunder に戻しすべてが予想通り行ったかどうかアドレス解決プロトコル (ARP) 表を確認して下さい:

Thunder#show srp top 
Topology Map for Interface SRP0/0 
Topology pkt. sent every 5 sec. (next pkt. after 2 sec.) 
Last received topology pkt. 00:00:02 
Nodes on the ring: 4 

Hops(outer ring)  MAC             IP Address            Wrapped      Name
0                 0010.f608.ec00  1.1.1.4               No           Thunder
1                 0010.f60c.8c20  1.1.1.5               No           Cloud
2                 0030.71f3.7c00  1.1.1.2               No           Mini
3                 0030.71f1.6c00  1.1.1.1               No           Maxi

Thunder#show arp | i SRP 
Internet 1.1.1.1 5 0030.71f1.6c00 SRP-A SRP0/0 
Internet 1.1.1.2 5 0030.71f3.7c00 SRP-B SRP0/0 
Internet 1.1.1.5 0 0010.f60c.8c20 SRP-B SRP0/0 
Internet 1.1.1.4 - 0010.f608.ec00 SRP SRP0/0 

Thunder からの Maxi へのトラフィックは今 Side A を奪取 します。 この場合 Cloud に行き、同じ事柄をチェックして下さい:

Cloud#show srp top
Topology Map for Interface SRP1/0 
Topology pkt. sent every 5 sec. (next pkt. after 0 sec.) 
Last received topology pkt. 00:00:04 
Nodes on the ring: 4 
Hops (outer ring) MAC IP Address Wrapped Name 
0 0010.f60c.8c20 1.1.1.5 No Cloud 
1 0030.71f3.7c00 1.1.1.2 No Mini 
2 0030.71f1.6c00 1.1.1.1 No Maxi 
3 0010.f608.ec00 1.1.1.4 No Thunder 

Cloud#show arp | i SRP 
Internet 1.1.1.1 0 0030.71f1.6c00 SRP-A SRP1/0 
Internet 1.1.1.2 0 0030.71f3.7c00 SRP-B SRP1/0 
Internet 1.1.1.5 - 0010.f60c.8c20 SRP SRP1/0 
Internet 1.1.1.4 2 0010.f608.ec00 SRP-A SRP1/0 
Cloud#

Cloud からの小型へのトラフィックは Side B を奪取 します、つまりこれら二つのフローが互いに干渉しないので修正が正常だったことを意味します。

Cisco は最大冗長性を得るために ONS 15190 があなたのためのリングの順序を設定 するように自動的にすることを推奨します。 これのために autoorder コマンドを使用して下さい:

Jupiter#rconf ring ring1 autoorder 
Ring ring1 reordered. 

Jupiter#rconf apply   
Configuration applied. 

Jupiter#rconf show applied
Applied connection configuration:  

Sniff configuration: 
Sniffer             Port   Sniffed node   Port
----------------------------------------------
No sniffer nodes.


POS connections: 
Node                IP Address    Ports   Type   Other
------------------------------------------------------
No POS connections.


Ring configuration (nodes in order of outer ring): 
Ring Name  Nodes   IP Address    A-Port   B-Port  Type   Other
--------------------------------------------------------------
ring1      Maxi                  L1.1     L2.2    OC12
           Mini                  L2.1     L3.2    OC12
           span1                 L3.1     L1.2    OC12 
Jupiter#

初期設定に戻ってこの場合あります。 または Remove ノード今付け加えることができます、またはリングをまだリングのパケットを失わないために追加注文すれば。

時折ノードを削除するか、または追加注文するとき個々のノードのスタックしていた送信中のバッファであるパケットを失うことができます。 これは宛先がそれらを見る前に、新しい体制が原因で、ソース ストリッピングがリングからパケットを取除く場合起こる場合があります。

システムは隔離されたノードを追加する時でさえノードを追加注文するときラップを遂行しません。 これは(専有物のリングにあるように) ONS 15190 が隔離されたノードで 1 ノード リングを作成するという理由によります。 これはリングに時間損失を時 Add ノード開けることを防ぎます。

推奨事項およびコメント

SRP ノードから ONS 15190 に物理的接続性を設定するとき、Cisco はことを推奨します:

  • 決して ONS 15190 の同じカードに 2 つの A側か 2 B側を置かないで下さい。 2 つの A側を接続するかまたは同じカードへの B側がおよびそれカード失敗した、2 論理的なクロス接続失われるで終り(Side A が味方するために B)常に接続する必要がある 2 のリング分割ので。

  • ONS 15190 の 2 カードに 1 つの SRP ノードを常に接続して下さい。 1 カードだけに接続される 1 つの SRP ノードがありそれをカードが失敗すれば場合、ノードにリングから接続されていないです。

Cisco は場合冗長性を防ぐためにこれをするまだすべて作業ことを推奨します。

Jupiter#system show box 
CTRL 1 回線 1 回線 2 回線 3 回線 4 SW 1 SW 2 SW 3 SW 4 SW 5 回線 5 回線 6 7 LINE 8 LINE CTRL 2
オペレーション i960 オペレーション OC12 オペレーション OC12 オペレーション OC12   オペレーション オペレーション オペレーション オペレーション オペレーション       オペレーション OC12 オペレーション i960
  L1.1 オペレーション LINK L1.2 オペレーション LINK L2.1 オペレーション LINK L2.2 オペレーション LINK L3.1 オペレーション LINK L3.2 オペレーション LINK                   L8.1 オペレーション LINK L8.2 オペレーション LINK ACT この CTRL

L1.1 および L1.2 が 2 つの SRP ノードの A側に接続される、および L2.1 および L2.2 接続されますそれらのノードの B側にと仮定して下さい。 論理接続は L1 から L2 に下記のものの行く必要があります:

  • L2.1 に接続される L1.1。

  • L2.2 に接続される L1.2。

これは両方の論理接続を失ったので L1 を失えば、全体のリングは消えることを意味します。

SRP リングを設定するとき、これらのガイドラインに従うことを試みて下さい:

  • 物理的接続性に関しては、1 枚のカードが失敗した冗長性を実現させるために 2 カードにノードを接続して下さい。

  • 同じカードの 2 つの A側か 2 B側で終らないように気を付けて下さい。

  • 縦論理接続の数を最大化することを常に試みて下さい。


関連情報


Document ID: 13548