IP : 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)

SNMP を使用するルータで単一の ARP エントリをクリアする方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2009 年 10 月 29 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)を使用して、ルータで単一の Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)エントリをクリアする方法を説明しています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS を実行する RFC1213MIB をサポートするすべてのデバイスに基づいていますか。 ソフトウェア。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

単一の ARP エントリのクリア

単一の ARP テーブル エントリをクリアする Cisco IOS ソフトウェア コマンドはありません。 Cisco IOS ソフトウェア コマンド clear arp-cache を発行すると、テーブル全体がクリアされます。

RFC1213 MIB にあるテーブル ipNetToMediaTable(.1.3.6.1.2.1.4.22)内の MIB オブジェクト ipNetToMediaType(.1.3.6.1.2.1.4.22.1.4)に対して SNMP を使用できます。

.1.3.6.1.2.1.4.22 
ipNetToMediaTable OBJECT-TYPE 
        -- FROM RFC1213-MIB 
        DESCRIPTION    "The IP Address Translation table used for mapping from IP addresses to physical addresses." 
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) mgmt(2) mib-2(1) ip(4) 22 } 
  

.1.3.6.1.2.1.4.22.1.4 
ipNetToMediaType OBJECT-TYPE 
        -- FROM RFC1213-MIB 
        SYNTAX          Integer { other(1), invalid(2), dynamic(3), static(4) } 
        MAX-ACCESS      read-create 
        STATUS          Current 
        DESCRIPTION    "The type of mapping. 
                        Setting this object to the value invalid(2) has the effect of invalidating 
                        the corresponding entry in the ipNetToMediaTable.  That is, it effectively 
                        disassociates the interface identified with said entry from the mapping 
                        identified with said entry.  It is an implementation-specific matter as to 
                        whether the agent removes an invalidated entry from the table.  Accordingly, 
                        management stations must be prepared to receive tabular information from agents 
                        that corresponds to entries not currently in use.  Proper interpretation of such 
                        entries requires examination of the relevant ipNetToMediaType object." 
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) mgmt(2) mib-2(1) ip(4) ipNetToMediaTable(22) ipNetToMediaEntry(1) 4 } 

MIB オブジェクト ipNetToMediaType(.1.3.6.1.2.1.4.22.1.4)に対して snmpset を実行して invalid(2)に設定すると、単一の ARP エントリを削除できます。

ルータで SNMP の Read-Only(RO; 読み取り専用)および Read-Write(RW; 読み取りと書き込み)コミュニティ ストリングを必ず設定してください。

ルータで MIB オブジェクト ipNetToMediaType に対して snmpwalk を実行した場合の出力を次に示します。

snmpwalk 172.16.99.1 public .1.3.6.1.2.1.4.22.1.4 


ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.1.172.16.98.1 = other(1) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.1.172.16.98.2 = dynamic(3) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.2.172.16.98.36 = dynamic(3) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.2.172.16.98.37 = other(1) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.3.172.16.97.1 = other(1) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.3.172.16.97.101 = other(1) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.3.172.16.97.254 = dynamic(3) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.4.172.16.98.41 = dynamic(3) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.4.172.16.98.45 = other(1) 
ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.7.172.16.96.1 = other(1) 


 --<snip>-- 

たとえば、次のような 1 つの ARP エントリに対して snmpset を実行するとします。

ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.1.172.16.98.2 = dynamic(3)    

その値を MIB 定義に従って 2(invalid)に設定するには、次のコマンドを実行します。

 snmpset 172.16.99.1 private ipNetToMediaType.1.172.16.98.2 i 2 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.1.172.16.98.2 = invalid(2)

ルータで MIB オブジェクト ipNetToMediaType に対してもう一度 snmpwalk を実行すると、次のように出力されます。

   snmpwalk 172.16.99.1 public .1.3.6.1.2.1.4.22.1.4


     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.1.172.16.98.1 = other(1) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.2.172.16.98.36 = dynamic(3) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.2.172.16.98.37 = other(1) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.3.172.16.97.1 = other(1) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.3.172.16.97.101 = other(1) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.3.172.16.97.254 = dynamic(3) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.4.172.16.98.41 = dynamic(3) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.4.172.16.98.45 = other(1) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.7.172.16.96.1 = other(1) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.7.172.16.96.31 = dynamic(3) 
     ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.7.172.16.96.40 = dynamic(3) 

     --<snip>--

次の対象エントリは出力に含まれなくなっています。

ip.ipNetToMediaTable.ipNetToMediaEntry.ipNetToMediaType.1.172.16.98.2 = dynamic(3)    

上記の例で使用した変数について説明します。

  • 172.16.99.1 = この例で使用したルータの IP アドレス

  • private = ルータの RW SNMP コミュニティ ストリング

  • public = ルータの RO SNMP コミュニティ ストリング

  • .1.3.6.1.2.1.4.22.1.4 = MIB オブジェクト ipNetToMediaType の Object ID(OID; オブジェクト ID)

  • i = MIB で定義された構文での整数

  • 2 (invalid) = MIB オブジェクトの値


関連情報


Document ID: 13495