ネットワーク管理 : リモート モニタリング(RMON)

SNMP コマンドを使用した RMON アラームとイベントの設定方法

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 10 月 31 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、SNMP コマンドを使用してリモート モニタリング(RMON)アラームとイベント設定を設定する例を紹介します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料の以降の手順を実行するには、使用しているデバイスで RMON-MIB がサポートされていることが必要です。 Cisco IOS MIB ツール登録ユーザのみ)でこれをチェックできます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

remote monitoring(RMON; リモート モニタリング)アラームとイベントは、デバイス上の特定の MIB オブジェクトを監視し、それらのいずれかが定義された範囲を超過しそうになった場合にシステム管理者へ警告を発することを目的としています。

アラームは条件が(落ちるか、または上昇しきい値)達するとき MIB の特定のオブジェクトを監察し、イベントを引き起こします。

イベントとは、アラームがこのイベントを発生させた際に生成されるトラップまたはログのことです。 上昇しきい値および下降しきい値の例は次のとおりです。

n=value monitored by the alarm. The falling threshold is "5" and the rising threshold is "15"

これら 2 つの値のいずれかに到達したときに、アラームがイベントを発生させます。

/image/gif/paws/13488/alarm_event.gif

トラップ 備考
n1=16 上昇 上昇閾値に達しました: 15
n2=4 落下 下降値に達しました: 5
n3=6 none 5 と 15 間
n4=6 上昇 上昇閾値に達しました: 15
n5=13 none よい 状態
n6=20 none 15 の上でしかし最後のイベント以来の 5 以下行きませんでした
n7=4 落下 下降値に達しました: 5
n8=20 none 5 以下しかし最後のイベント以来の 15 の上で行きませんでした
n9=16 上昇 上昇閾値に達しました: 15

使用しているルータ 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)コマンドを使用して Command Line Interface (CLI)を(コマンド ライン インターフェイスからの RMON アラームおよびイベント設定の設定を参照して下さい)とルータおよびスイッチの RMON alarm およびイベントを設定できます。 修正するべきパラメータは RMON MIB の一部です。

ステップバイステップ手順

イベントの作成

イベントを作成するには、次のコマンドを使用します。

# snmpset -c <read_write_community> <device_name> .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.x.y <variable type> <value>

最初にイベント ID (y)変数を選択して下さい。

イベントを作成するためにこのプロシージャに従って下さい。 各ステップに関しては、generic コマンドからの Object ID (OID)修正するべき、MIBオブジェクトのステップ、名前 <variable type> および <value の記述が > あります。

  1. ID に「y」を使用した最後の古いイベントを削除します(初めにそのイベントが今後は不要であることを確認してください。 今後も必要な場合は、他の ID を使用します)。

    * eventStatus / .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.7.y 
    * variable type=integer 
    * value=4  
    

    必要とされた場合イベントを消すのに同じコマンドを使用して下さい。

  2. イベントの作成モードを入力します。

    eventStatus / .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.7.y 
    * variable type=integer 
    * value v=2 
    
  3. イベントに関する説明を指定します。

    * eventDescription / .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.2.y 
    * variable type=string (for Net-snmp) or octetsting (for Openview) 
    * value = a description of the event 
    
  4. 必要とするイベントのタイプを指定します。

    * eventType / .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.3.y 
    * variable type=integer 
    * value = 
    "1" => none 
    "2" => log 
    "3" => snmp-trap 
    "4" => log-and-trap
    
  5. トラップ用のコミュニティ ストリングを指定します。

     * eventCommunity / .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.4.y 
    * variable type=string (for Net-snmp) or octetsting (for Openview) 
    * value="<trap_community_string>" 
    
  6. イベントの所有者を指定します。

    * eventOwner / .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.6.y 
    * variable type=string (for Net-snmp) or octetsting (for Openview) 
    * value="<event_owner>" 
    
  7. イベントをアクティブにします。

    * eventStatus / .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.7.y 
    * variable type=integer 
    * value=1   
    

アラームの作成

アラームを作成するには、次のコマンドを使用します。

# snmpset -c .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.x.y <read_write_community> <device_name> <variable type> <value> 


  1. それをもう必要としないかどうか ID=y を使用しよう終局古いアラームを消して下さい(まずチェックして下さい。 今後も必要な場合は、他の ID を使用します)。

    * alarmStatus / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.12.y 
    * variable type=integer 
    * value=4  
    
  2. アラームの作成モードを入力します。

    * alarmStatus / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.12.y 
    * variable type=integer 
    * value=2  
    
  3. データをサンプリングし、上昇しきい値および下降しきい値と比較するインターバルを秒で設定します。

    * alarmInterval / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.2.y 
    * variable type=integer 
    * value=<n_seconds> 
    
  4. 監視対象とする OID を指定します。

    * alarmVariable / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.3.y 
    * variable type=objid (for Net-snmp) or objectidentifier (for Openview) 
    * value=<oid_to_check>
    
  5. 必要とするサンプルのタイプを指定します。

    * alarmSampleType / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.4.y 
    * variable type=integer 
    * value=<rising_threshold>    
    "1" => absoluteValue 
    "2" => deltaValue 
    
  6. 発生させるアラームを指定します。

    * alarmStartupAlarm / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.6.y 
    * variable type=integer 
    * value=    
    "1" => risingAlarm 
    "2" => fallingAlarm 
    "3" => risingOrFallingAlarm 
    
  7. 上昇しきい値を定義します。

    * alarmRisingThreshold / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.7.y 
    * variable type=integer    
    * value=<rising_threshold>
    
  8. 下降しきい値を定義します。

    * alarmFallingThreshold / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.8.y 
    * variable type=integer    
    * value=<falling_threshold>
    
  9. 上昇しきい値を超えた場合に発生させるイベント ID を指定します。

    * alarmRisingEventIndex / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.9.y 
    * variable type=integer    
    * value=<event_ID>
    
  10. 下降しきい値を超えた場合のイベント ID を指定します。

    * alarmFallingEventIndex / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.9.y 
    * variable type=integer    
    * value=<event_ID>
  11. アラームの所有者を指定します。

    * alarmOwner / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.11.y 
    * variable type=string (for Net-snmp) or octetsting (for Openview) 
    * value=<owner>
  12. アラームをアクティブにします。

    * alarmStatus / .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.12.y 
    * variable type=integer 
    * value=1  
    

この例ではトラップを送信 するのに、最後の 2 分の間にインターフェイス 12 に入るバイト数が 140000000 の上にまたは 10.の下にあるときサファリが使用されています。

safari は Cisco IOS 2500 Software (C2500-JS-L), Version 12.1(9), RELEASE SOFTWARE(fc1)です。

この例はまた WS-C6506 ソフトウェアで、バージョン NmpSW 正常に試みられました: 6.1(1b)。

Catalyst には設定をチェックするための CLI コマンドがありませんが、サーバの snmpwalk コマンドを使用すればチェックを行えます。

ルータおよびスイッチでは、この設定によってリロードを切り抜けることができます。

safari# show rmon events 
Event table is empty 
 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.7.123 integer 4 
16.9.1.1.7.123 = 4 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.7.123 integer 2 
16.9.1.1.7.123 = 2 
 
safari#show rmon events 
Event 123 is under creation, owned by 
Description is 
Event firing causes nothing, last fired 00:00:00 
 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.2.123 string "test_event" 
16.9.1.1.2.123 = "test_event" 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.3.123 integer 4 
16.9.1.1.3.123 = 4 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.4.123 string "public" 
16.9.1.1.4.123 = "public" 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.6.123  string "event_owner" 
16.9.1.1.6.123 = "event_owner" 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.7.123 integer 1 
16.9.1.1.7.123 = 1 
 
safari# show rmon events    
Event 123 is active, owned by event_owner 
Description is test_event 
Event firing  causes log and trap to community public, last fired 00:00:00 
 
safari# show rmon alarm 
Alarm table is empty 
 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.12.321 integer 2 
16.3.1.1.12.321 = 2 
 
safari# show rmon alarm 
Alarm 321 is under creation, owned by 
Monitors ccitt.0 every 10 second(s) 
Taking absolute samples, last value was 0 
Rising threshold is 0, assigned to event 0 
Falling threshold is 0, assigned to event 0 
On startup enable rising or falling alarm 
 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.2.321 integer 120 
16.3.1.1.2.321 = 120 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.3.321 objid .1.3.6.1.2.1.2.2.1.10.12 
16.3.1.1.3.321 = OID: interfaces.ifTable.ifEntry.ifInOctets.12 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.4.321 integer 2 
16.3.1.1.4.321 = 2 
# snmpset -c private  safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.6.321 integer 3 
16.3.1.1.6.321 = 3 
# snmpset -c  private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.7.321 integer 140000000 
16.3.1.1.7.321 = 140000000 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.8.321 integer 10 
16.3.1.1.8.321 = 10 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.9.321  integer 123 
16.3.1.1.9.321 = 123 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.10.321  integer 123 
16.3.1.1.10.321 = 123 
# snmpset -c private safari .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.11.321  string "alarm_owner" 
16.3.1.1.11.321 = "alarm_owner" 
# snmpset -c private safari  .1.3.6.1.2.1.16.3.1.1.12.321 integer 1 
16.3.1.1.12.321 = 1 
 
safari# show rmon alarm 
Alarm 321 is active, owned by alarm_owner 
Monitors ifEntry.10.1 every 120 second(s) 
Taking delta samples, last value was 130244 
Rising threshold is 140000000, assigned to event 123 
Falling threshold is 10, assigned to event 123 
On startup enable rising or falling alarm

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 13488