IP : IP アプリケーション サービス

HSRP 実行時に HP OpenView NNM イベント ブラウザに「Duplicate IP Address」メッセージが表示される場合

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2005 年 10 月 26 日) | フィードバック


目次


概要

ホット スタンバイ ルータ プロトコル(HSRP)が動作するとき、" Duplicate IP Address " メッセージは(時々フラッド) Hewlett Packard (HP) Openview network node manager (NNM)イベント ブラウザに現われるかもしれ。 たとえば、この問題は有効に なる HSRP の 2 つのルートスイッチモジュール(RSM)があるとき現われる可能性があります。 RSM で設定される各 IP アドレスのためのイベント ブラウザの 1 つのメッセージ表示。 この資料はこの問題に回避策を提供したものです。

注: この文書は HP テクニカル サポートを基にしています。 詳細を好むか、またはこの問題のそれ以上の質問があった場合、HP に連絡したい場合もありますleavingcisco.com

注: この回避策により HP OpenView は間違ったコミュニティ・ ストリングを持つホット スタンバイ ルータをポーリングします。 設定されると、これらのルータはユーザの管理ステーションを認証失敗トラップであふれさせる可能性があります。 この問題を回避することはファイルを作成することであるサポートされていない方式は /etc/opt/OV/share/conf ディレクトリの netmon.noDiscover を呼出しました。 ホット スタンバイ IP アドレスのファイルすべてに含んで下さい。 それらをポーリングし始める前にこれにより HP OpenView ディスカバリ メカニズムはこれらのアドレスを無視します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は HP OpenView NNM イベント ブラウザに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

回避策

HP OpenView NNM が HSRP をサポートする Ciscoルータとの環境で正しく動作するようにするこれは HP お勧めの プロシージャです:

  1. 管理ドメインのすべてのホットスタンバイ アドレスのリストを取得します。 これらは 1 ルータがダウン状態になるとき 1 つの物理的 な ルータから別のものに移行する IP アドレスです。

  2. 各々のホット スタンバイ アドレスのためのエントリを追加するためにメニューから Options > SNMP Configuration の順に選択 して下さい。 各エントリでは、[Target] フィールドに IP アドレスを、[Community] フィールドには不正なコミュニティ名を入力します。 間違った名前によりホット スタンバイ アドレスにすべての SNMP アクセスは失敗します。

  3. どのホットスタンバイ アドレスも、/etc/hosts ファイルまたはネームサーバの実ルータの 1 つとして同一のホスト名を解決しないことを確認します。

  4. HSRP 問題を解決するために I フラグが /etc/opt/OV/share/conf/oid_to_type ファイルに追加される場合現時点で安全に取除くことができます。

  5. ネットワーク モニタリングを停止する ovstop netmon コマンドを発行して下さい。

  6. マップのホット スタンバイ アドレスのすべての例を見つけ、これらのアドレスが含まれているインターフェイスを削除して下さい。 このステップは複数の OVW マップがある場合すべてのマップのために繰り返される必要がある場合もあります。

  7. 不正確なマップ外観のルータのうちのどれかが(すなわち、彼らにそれらと関連付けられる間違ったアドレスかインターフェイスがあります)、これらのルータを同様に削除すれば。 後で、それらを再検出する必要があります。

  8. IP アドレス・ツー・ネーム マッピング キャッシュを消去する xnmsnmpconf - clearcache コマンドを発行して下さい。

  9. ネットワーク モニタリングを再起動する ovstart netmon コマンドを発行して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13432