IP : 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)

Ping MIB の実装

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Ping Group は、Cisco Management ブランチ(.1.3.6.1.4.1.9.9.16.)にある Cisco 独自の MIB の一部です。 Ping Group を使用して、管理ステーションからリモート デバイス間のインターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)アクティビティをセットアップ、実行、検索できます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

スクリプト例

HP OpenView または NetView のこのシーケンスを始めるのにスクリプト例を使用できます。 また snmpsets としてこれらのコマンドおよびネットワーク管理 プラットフォームの GUI を使用して snmpgets を入力することができます。 GUI にアクセスするのに次のいずれかのメソッドを使用して下さい:

  • メニューバーから、そして MIB ブラウザ 『Tools』 を選択 して下さい: SNMP] を選択します。

  • コマンド・ライン型 xnmbrowser

ザ・スクリプト

Management_Station-----------Router_Source------------Router_Dest
echo "###### Create the instance #######"


###### We've chosen 333 at random.  333 will be the row instance to use for this particular
###### ping experiment.  After the ping, the row will be deleted.
###### This keeps the table clean. Router_Source is the dns name of the device we are
###### working with, and public is its RW community string.  The values for
###### ciscoPingEntryStatus status are as follows (see Ping MIB):

 

######  1 - active

 

######  2 - notInService

 

######  3 - notReady

 

######  4 - createAndGo

 

######  5 - createAndWait

 

######  6 - destroy

 

######  We will clear out any previous entries by setting ciscoPingEntryStatus = 6 (destroy)

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.16.333 integer 6

 

######  We start building the row by setting ciscoPingEntryStatus = 5 (createAndWait)

 

echo

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.16.333 integer 5

 

echo

 

echo "###### Now let's set the characteristics of the ping #######"

 

###### Only the first three sets below are REQUIRED.  The rest have default

 

###### values.

 

#Set ciscoPingEntryOwner = any_name

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.15.333 octetstring any_name

 

#Set ciscoPingProtocol = 1 = ip (see CISCO-TC-V1SMI.my CiscoNetworkProtocol)

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.2.333 integer 1

 

#Set ciscoPingAddress = #.#.#.#--take Remote_Dest's ip & convert each octet to hex

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.3.333 octetstringhex “AB 44 76 67”

 

#Set the packet count to 20 (ciscoPingPacketCount)

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.4.333 integer 20

 

#Set the packetsize to 100 (ciscoPingPacketSize)

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.5.333 integer 100 

 

echo

 

echo "##### Now let's verify that the ping is ready to go and launch it #######"

 

#Get ciscoPingEntryStatus and make sure it is now equal to 2.  This means

 

# notInService which indicates that we're ready to go.

 

snmpget -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.16.333

 

# Set ciscoPingEntryStatus = 1 to tell it to activate.

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.16.333 integer 1

 

echo

 

echo "##### Let's look at the results. #####"

 

snmpwalk -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1

 

echo

 

echo "##### Now that we've gotten the results, let's destroy the row #####"

 

snmpset -c public Router_Source .1.3.6.1.4.1.9.9.16.1.1.1.16.333 integer 6

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13383