ダイヤルとアクセス : 非同期接続

非同期データをトンネルする方法

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この設定例では、非同期データのトンネリング プロセスについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

一例として async RS-232 デバイスが専用回線モデムによって接続されるべきであると、仮定して下さい。 その代り、専用回線モデムは Cisco comm サーバによって置き換えられます。 RS-232 デバイスを Cisco comm サーバの非同期回線にプラグインし、任意のトポロジー IPネットワークによって comm server を接続して下さい。

この設定 例では、一方は発信者であり、反対側は呼出されるです。 発信者側がデータをことを送信 することを試みることでより耐久性があることが推定されます。

前提条件:

  • 発信者側に 10.1.2.3 の IP アドレスがあり、ラインを使用しています 2。

  • 呼出された側に 10.3.2.1 の IP アドレスがあり、ラインを使用しています 3。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは次の図に示すネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/12991/tunnel_async.gif

設定

このドキュメントでは次に示す設定を使用しています。

  • 発信者側

  • 受信側

発信者側

!--- On caller box - 10.1.2.3 define an IP hostname to use on the TELNET so
we can use BUSY-MESSAGE to shut up TELNET.

ip host CALLED-LINE 4003 10.3.2.1          ! port 40xx is raw TCP

!--- Busy-message cannot have a null string - single space works.

busy-message CALLED-LINE \ \               [1]
service tcp-keepalives-out                 [3]
!
line 2
!--- Shut up everything.

no motd-banner                             

!--- Not available in all versions.

no exec-banner
no vacant-message
autocommand telnet CALLED-LINE  /stream
autohangup

!--- The following command means incoming serial data is saved 
until the TCP connection is made.


! 

no flush-at-activation

!--- Not available in all feature sets.

no activation-character                    

!--- Any character will create the EXEC.

escape-character NONE                      

!--- This can also be escape-character BREAK.


exec                                       

!--- Need an EXEC to do the TELNET.

special-character-bits 8
exec-timeout 0 0
session-timeout 0 0

!--- RS232 configuration:

no modem inout                             

!--- Disable modem control [2].


no autobaud
speed 9600                                 

!--- Set the desired speed.

stopbits 1                                 

!--- Alternatively, this can be 2, as desired.

flowcontrol NONE                           

!--- Alternatively, this can be HARDWARE, or SOFTWARE.

transport input NONE                       

!--- Do not allow reverse connections.

受信側

!--- On called box - 10.3.2.1.

no banner incoming
service tcp-keepalives-in                  [3]
line 3
no exec
no exec-banner
no vacant-message

!--- RS232 configuration:

modem DTR-active 

!--- DTR indicates the status of the TCP connection.

no autobaud
speed 2400 

!--- As desired. This does not need to match the speed on the called side.

stopbits 1                                 

!--- Alternatively, this can be 2, as desired.

flowcontrol NONE                           

!--- Alternatively, this can be HARDWARE, or SOFTWARE.

transport input telnet                     

!--- Allow the incoming TCP connection.

注意事項

残念ながら [1]、null busy-message コマンドを規定 することはできません。 最小 busy-message が単一 スペースであるようです。 これは呼び出し側が呼出された側への TCP 接続を確立することができなければ、呼び出し側のデバイスは RS-232 呼出す行からの <CR><LF><space> シーケンスを送信 することを意味します(一度アウトバウンド接続試みひとつにつき)。 flush-at-activation コマンドが有効になる場合、RS-232 呼出すデバイスによって送信 された各文字のための 1 <CR><LF><space> シーケンスがあります。 no flush-at-activation コマンドが有効になる場合、デバイスは TCP 接続が確立することができるまでループしま、<CR><LF><space> シーケンスを送信 します。 no flush-at-activation コマンドで、デバイスは非要請データを入手することで耐久性があります。

[2] 使用 呼び出し側の no modem inout コマンド。 モデム シグナリングによって、デバイスが Data Set Ready (DSR)増加を見れば、autocommand を始めます。 ただしデバイスがアップする場合、デバイスが循環する電力なら DSR が高ければ、autocommand は clear line コマンドが始められるまで始められないし。

[3] は TCP キープアライブが対象の接続のための両側で有効に なるようにします; さもなければ、発信者側(送信 するべき失敗する新しい発信者側 接続の試みを引き起こす発信者の接続が廃棄された適用業務 データを持っていなければ) (かネットワーク 経路)ダウン状態になれば、呼出された側は気づいていないです。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

次のデバッグは確認しまこと行がである、そしてことを TCP セッションが開始して、停止しているアップまたはダウン状態になります:

configure terminal 
  service timestamp debug date msec 
  end 
debug modem 
debug ip tcp packet N                      

!--- Where N is the line of interest.

async トンネリングは透過的にデータを渡していないことにそれがようである中央の IPパスに非同期回線および IP スニファー両方に RS-232 datascope を接続して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12991