ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : 非対称デジタル加入者線(ADSL)

RFC1483 ブリッジング (aal5snap) を使用して Cisco 1700/2600/3600 ADSL WIC と IRB を実行する Cisco 6400 を 設定する方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 11 月 12 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco 1700、2600、および 3600 シリーズのルータでは非対称デジタル加入者線(ADSL)対応の WAN インターフェイス カード(WIC)がサポートされています。 3 つのプラットフォームはすべて同じ本質的に設定されますが、そこにハードウェアと Cisco IOS の違いはありますか。 この資料の全体にわたって、Cisco 1700/2600/3600 は Cisco ADSL WIC と呼ばれます。

この資料は Cisco 6130 に Digital subscriber line access multiplexer (DSLAM)を接続し、Integrated Routing and Bridging (IRB)で設定される Cisco 6400 ユニバーサル アクセス コンセントレータ (UAC)で終わる Cisco ADSL WIC を示す設定 例を提供したものです。

フルブリッジモードにある Cisco クライアントルータ(Cisco ADSL WIC)はローカルLAN クライアントのためのダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル サーバとして機能できません。 Cisco ADSL WIC がブリッジ モードにあり、DHCPサーバで設定される場合、ローカル イーサネット クライアント(PC、UNIXワークステーション、等)に IP アドレスをリースすることに失敗します。

ISP に Cisco ADSL WIC の IRB およびブリッジを設定できます。 この場合、Cisco ADSL WIC は DHCPサーバおよびネットワーク アドレス変換(NAT)でローカルプールから LAN クライアントに IP アドレスをリース設定され、できる。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco 6400 UAC-NRP IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)DC1

  • Cisco 6400 UAC-NSP IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)DB

  • Cisco 6130 DSLAM-NI2 IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)DA

ハードウェア要件

Cisco 2600/3600 の ADSL WIC をサポートするために、このハードウェアが必要となります:

2600 のため:

  • シャーシ WIC スロット

  • NM-2W

3600 のため:

  • NM-1FE1R2W

  • NM-1FE2W

  • NM-2FE2W

  • NM-2W

Cisco 3600 に関しては、これらは ADSL WIC をサポートしません:

  • NM-1E1R2W

  • NM-1E2W

  • NM-2E2W

ソフトウェア要件

ADSL WIC をサポートするために、これらの最小Cisco IOSソフトウェアリリースが必要となります:

  • Cisco 2600/3600 の Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)yb (Plus versions だけ)。

  • Cisco 1700 では、Cisco IOS ソフトウェア リリース IOS 12.1(3)XJ 以降(Plus バージョンまたは ADSL 機能セットのみ)。 ADSL 機能セットはイメージ名の "y7" によって識別されます; たとえば、c1700-sy7-mz.121-3.XJ.bin。

    Cisco 1700 用のイメージをダウンロードするときは、1700 のイメージ名を必ず選択してください。 1720 または 1750 イメージをダウンロードしないで下さい。 機能は ADSL WIC をサポートしません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/12968/config-asdlwic-irb1.gif

設定

(または PING)インターネットからの Cisco ADSL WIC に Telnet で接続するために、ATMインターフェイスの IP アドレスおよび MAC アドレスを設定して下さい。 IP アドレスの場合は、イーサネットインターフェイスで設定した ATMインターフェイスの同じ IP アドレスを設定して下さい。 MAC アドレスに関しては、show interface eth0 コマンドを発行して下さい。 MAC アドレスに注意し、また、ATMインターフェイスのこの同じ MAC アドレスを設定して下さい。

Cisco ADSL WIC がイーサネットおよび ATM インターフェイスの IP を繋いでいるとき、インターフェイスは両方とも同じ IP アドレスがある場合があります。

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

設定の no ip routing コマンドに注意して下さい。

Cisco ADSL WIC
Current configuration: 
! 
version 12.1 
service timestamps debug datetime msec 
service timestamps log datetime msec
no service password-encryption
! 
hostname R1 
! 
ip subnet-zero 
no ip routing 
! 
interface FastEthernet0 
 ip address 10.0.0.1 255.0.0.0 
 no ip directed-broadcast 
 no ip mroute-cache 
 bridge-group 1 
! 
interface Atm0
 mac-address 0030.96f8.45bd 
 ip address 10.0.0.1 255.0.0.0
 no ip directed-broadcast
 no ip mroute-cache 
 no atm ilmi-keepalive 
 pvc 1/150 
  encapsulation aal5snap 
 ! 
 bundle-enable 
 bridge-group 1 
 hold-queue 224 in 
! 
ip classless 
no ip http server 
! 
bridge 1 protocol ieee 
! 
end

Cisco アクセス 6400 NRP1
bridge irb
!
interface ATM0/0/0.200 point-to-point 
 no ip directed-broadcast
 pvc 1/301 
  encapsulation aal5snap 
 ! 
 bridge-group 1 
!
interface BVI1 
 ip address 10.0.0.2 255.0.0.0 
 no ip directed-broadcast 

bridge 1 protocol ieee 
 bridge 1 route ip 
 !
end

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 12968