ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : 非対称デジタル加入者線(ADSL)

Cisco SOHO77 ルータのレイヤ1 のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco SOHO77 のレイヤ1 (物理層)問題を解決するためにプロシージャを記述したものです。 Asymmetric Digital Subscriber Line (ADSL) ケーブルピン配列およびフロントパネル の ステータス light emitting diode (LED)説明が含まれています。

物理層では、通信ネットワーク システム間の物理リンクをアクティブ、維持、および非アクティブにするための電気的、機械的、手続き的、および機能的な仕様を定義しています。 物理層の仕様には、電圧レベル、電圧変動のタイミング、物理データ レート、最大伝送距離、および物理コネクタなどの特性が定義されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ケーブルのピン配置のチェック

Cisco SOHO77 レイヤ1 問題を解決するために、ケーブルピン配列をチェックして下さい。

  1. ケーブル接続が正しく、Cisco SOHO77 フロントパネルLED が適切に機能することを確かめて下さい。

    Cisco SOHO77 に ADSLインターフェイスのための RJ-11 コネクタがあります。 このコネクタでは、データ転送にピン 3 と 4 が使用されます。

    注: ケーブル接続、インターフェイスのピン配列、ステータス LED の説明に関する詳細は、『DSL モデム/ルータ インターフェイスピン割り当ておよびステータス LED の記述』を参照してください。

    インターフェイスのステータスが down と表示された場合、ルータでは ADSL インターフェイス上での搬送波が検出されていません。 これは、ケーブルのピンに問題があるか、または ISP が DSL サービスを提供していないかのどちらかを意味します。 ルータプロンプトから、show interface atm <interface number> コマンドを発行して下さい。

    Router#show interface atm 0
    ATM0 is down, line protocol is down
    ?<... snipped ...>
  2. ルータの ADSLインターフェイスから RJ-11 ケーブルが壁のジャックに安全にプラグを差し込まれること ADSLインターフェイス(ATM0)がおよびシャットダウンされないことを確かめて下さい。

    インターフェイス ステータスがインターフェイス ATM 0 の下でインターフェイス設定モードでの下で、管理上示したら、no shutdown コマンドを発行して下さい。

    Router#show interface atm 0
    ATM0 is administratively down, line protocol is down
    ?<... snipped ...> 
    
    !--- This shows that the ATM interface is administratively down
    !--- and needs to be turned on.
    
    
    Router#configigure terminal
    Enter configuration commands, one per line.? End with CNTL/Z.
    Router(config)#interface atm 0
    Router(config-if)#no shut
    Router(config-if)#exit
    Router(config)#exit
    Router#
    
    !---  The no shut command turns on the ATM interface.
    
    

ADSL インターフェイスのモデム状態のトラブルシューティング

正しいケーブルピン配列があること、そして ISP は DSL サービスをつけたことを確かめた後、ADSLインターフェイスのモデムステータスの視聴によって更に DSL接続を解決できます行がリトレインすると同時に。

モデムの状態をトラブルシューティングするには、次のステップに従います。

  1. ルータで、terminal monitor および debug atm event コマンドを発行して下さい。

    Router#terminal monitor
    Router#debug atm event
    ATM events debugging is on
    
    !--- These commands enable you to see modem state messages on the screen.
    
    
  2. 物理的に Cisco SOHO77 ADSLインターフェイスからの ADSLケーブル(RJ-11)のプラグを抜いて下さい。 数秒間待ちます。 ケーブルをもう一度差し込んで、ADSL 回線を再確立します。

    Digital Subscriber Line Access Multiplexer(DSLAM; デジタル加入者線アクセス マルチプレクサ)にアクセスしている場合は、特定の ADSL 終端ユニット、つまり加入者が DSL 接続を終端するセントラル オフィス(ATU-C)のインターフェイスをシャットダウンして、回線を再確立します。

    注: ルータで shut コマンドと no shut コマンドを発行しても、ADSL 回線は再確立されません。 ATMインターフェイスを管理上のシャットダウン状態にする時でさえ、Carrier Detect (CD)光および ATU-Cポート LED はまだあります。 これは、まだ確立中であることを意味します。 ADSL 回線を抜いてから差し戻して、インターフェイスを再確立する必要があります。

  3. 画面上でデバッグ メッセージを確認します。

    「接続を確立できなかったことをモデムステータスが "0x8" にとどまり、言えば Cisco SOHO77 が Central Office (CO)から聞かなかったことを」意味します。 着信信号をまだ確認していません。

    Router# 
    1d01h: DSL: 1: Modem state = 0x8
    1d01h: DSL: 2: Modem state = 0x8
    1d01h: DSL: 3: Modem state = 0x8
    1d01h: DSL: 4: Modem state = 0x8
    1d01h: DSL: 5: Modem state = 0x8
    1d01h: DSL: Could not establish connection
    <... snipped ...>

    モデムステータスが "0x8" から「SHOWTIME に変更する場合、Cisco SOHO77 が DSLAM との確立に成功したことを」意味します。

    Router#
    00:24:18: DSL: 2: Modem state = 0x8
    00:24:21: DSL: 3: Modem state = 0x8
    00:24:23: DSL: 4: Modem state = 0x8
    00:24:26: DSL: 5: Modem state = 0x8
    00:24:28: DSL: 6: Modem state = 0x10
    00:24:31: DSL: 7: Modem state = 0x10
    00:24:33: DSL: 8: Modem state = 0x10
    00:24:36: DSL: 9: Modem state = 0x10
    00:24:37: DSL: Received response: 0x24
    00:24:37: DSL: Showtime!
    <... snipped ...>
  4. デバッグの表示後に、それ以上、モデムの状態を示すメッセージを表示させない場合は、ルータのプロンプトで undebug all コマンドを発行します。 すべてのデバッグがオフになります。

Router#undebug all

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12919