ルータ : Cisco 800 シリーズ ルータ

Cisco 806,826,827,828、831、836、および SOHO70 ルータ用 Cisco IOS ソフトウェアのアップグレード

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 5 月 29 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco 806、826、827、828、831、836、および SOHO70 ルータをアップグレードする手順をステップごとに説明します。 このプロシージャは既存の Cisco IOS を消しますか。 フラッシュするのソフトウェア イメージは Trivial File Transfer Protocol (TFTP) サーバからの新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージとそれを取り替え。

TFTPサーバかリモート コピー プロトコル (RCP) サーバアプリケーションは TCP/IP対応ワークステーションでインストールする必要があります。 アプリケーションがインストールされていた後、設定の最小レベルは実行された必要があります。 最初に、TFTP アプリケーションは TFTPサーバとして、ない TFTP クライアントとして操作するために設定する必要があります。 次に、発信ファイル ディレクトリを指定する必要があります。 これは、Cisco IOS イメージが格納されるディレクトリです。 ほとんどの TFTP アプリケーションには、このような設定作業用にセットアップ ルーチンが用意されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco IOSソフトウェア イメージのアップグレード

重要: ルータの有効 な Cisco IOS ソフトウェア イメージを持たなければなりません。 イメージがハードウェア および ソフトウェア機能をサポートする、ことルータにイメージを実行する十分なメモリがあることを確かめれば。 まだ Cisco IOSソフトウェアイメージを持たないか、または確実イメージでなかったら満たしたらすべての必要条件を持っていたら場合、Cisco IOS ソフトウェア リリースを選択する方法を参照して下さい。

  1. ワークステーションか PC に Cisco IOSソフトウェアイメージをダウンロードして下さい。

    Software Center登録ユーザのみ)からイメージをダウンロードできます。

  2. TFTPサーバのアウトバウンドディレクトリに新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージをインストールして下さい。

    TFTP サーバでは、このディレクトリで、ルータの Cisco IOS ソフトウェア イメージが検索されます。 このディレクトリにいるフラッシュするにコピーしたいと思うイメージことを確かめて下さい。

    必要とされるアップグレードされる Download ページ ダウンロードで述べられるソフトウェア イメージがあるようにメモリ要件を確認して下さい。 show version コマンドを使用する、十分なメモリがあることを確認して下さい。

    Router# show version
    Cisco Internetwork Operating System Software
    IOS (tm) C827-4V Software (C827V-Y6-M), Version 12.1(1)XB, EARLY DEPLOYMENT RELE
    ASE SOFTWARE (fc1)
    Copyright (c) 1986-2000 by cisco Systems, Inc.
    Compiled Mon 10-Apr-00 13:45 by phanguye
    Image text-base: 0x80013170, data-base: 0x8067D780
    
    ROM: System Bootstrap, Version 12.1(1r)XB1, RELEASE SOFTWARE (fc1)
    
    Router uptime is 0 minutes
    System returned to ROM by reload
    System image file is "flash:c827v-y6-mz.121-1.XB"
    
    CISCO C827-4V (MPC855T) processor (revision 0x502) with 15360K/1024K bytes of memory.
    Processor board ID JAD043100FS (1979977378), with hardware revision 1987
    CPU rev number 5
    Bridging software.
    4 POTS Ports
    1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
    1 ATM network interface(s)
    128K bytes of non-volatile configuration memory.
    8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)
    
    Configuration register is 0x2102
    
    
  3. ルータへのコンソール セッションを確立します。

    これは、直接コンソール接続または仮想 Telnet 接続によって実行できます。 ダイレクト コンソール 接続は Telnet接続がソフトウェアインストーレーションの再度ブートするフェーズの間に失われるので好まれます(ステップを 8)参照して下さい。 コンソール接続にはロール型ケーブル(黒または青のフラット ケーブル)を使用し、これによってルータのコンソール ポートと PC の COM ポートを接続します。

    PC で HyperTerminal を起動し、次のように設定します。

    • 9600 bits per second

    • 8 データ ビット

    • 0 parity bits

    • 1 ストップ ビット

    • フロー制御なし

    必要なコンソールケーブル仕様の詳細は RJ 45 コンソール および AUX ポート(Cisco の 1000 シリーズ、2500 シリーズおよび AS5100)のためのケーブリング ガイドに説明があります。

  4. TFTP サーバからルータへの IP 接続が確立されたことを確認します。

    TFTP サーバがルータにネットワーク接続していること、および TFTP ソフトウェア アップグレードの対象となるルータの IP アドレスに TFTP サーバから ping できることが必要です。 このためには、ルータ インターフェイスと TFTP サーバで次のいずれかが必要です。

    • 同じ範囲内にある IP アドレス、または

    • デフォルト ゲートウェイの設定

    確認のため、TFTP サーバの IP アドレスをチェックします。

    注: TFTPサーバのネットワーク接続を確認した後、ルータで write memory コマンドの発行によってメモリへのすべての変更を書いて下さい。

    Router# write memory
    Building configuration...
    [OK]
    Router#
    
    
  5. フラッシュ メモリの利用可能空間をチェックする show flash コマンドを発行して下さい。

    Router# show flash
    System flash directory:
    File  Length   Name/status
      1   3802992  c827v-y6-mz.121-1.XB
    [3803056 bytes used, 4585552 available, 8388608 total]
    8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)
    
    

    新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージをインストールする十分なフラッシュ メモリがあるはずです。

  6. オプションのしかし推奨される: フラッシュするで保存される既存の Cisco IOSソフトウェアイメージをバックアップして下さい。

    Router# copy flash tftp
    Source filename []? c827v-y6-mz.121-1.XB
    Address or name of remote host []? 10.1.1.1
    Destination filename [c827v-y6-mz.121-1.XB]?
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    3802992 bytes copied in 27.276 secs (140851 bytes/sec)
    
    
  7. オプションのしかし推奨される: 設定をバックアップして下さい。

    Router# copy startup-config tftp
    Address or name of remote host []? 10.1.1.1
    Destination filename [startup-config]?
    !!
    676 bytes copied in 0.100 secs
  8. コンフィギュレーションレジスタ設定値が 0x2102 に行われることを確認する show version コマンドを入力して下さい。 ルータがフラッシュするから起動するようにこの設定が必要となります。

    ルータのコンフィギュレーション レジスタが 0x2102 に設定 されない場合、それを設定 する次のコマンドを使用して下さい:

    Router# configure terminal 
    Router(config)# config-reg 0x2102 
    Router(config)# exit    
    router#reload
    
    
  9. ルータで点滅するために TFTPサーバから Cisco IOSソフトウェアイメージをコピーして下さい。

    Router# copy tftp flash
    Address or name of remote host []? 10.1.1.1
    Source filename []? c827v-y6-mz.121-1.XB
    Destination filename [c827v-y6-mz.121-1.XB]?
    %Warning:There is a file already existing with this name
    Do you want to over write? [confirm]
    Accessing tftp://10.1.1.1/c827v-y6-mz.121-1.XB...
    Erase flash: before copying? [confirm]
    Erasing the flash filesystem will remove all files! Continue? [confirm]
    Erasing device... eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
    ee ...erased
    Erase of flash: complete
    Loading c827v-y6-mz.121-1.XB from 10.1.1.1 (via Ethernet0): !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!
    [OK - 3802992/7605248 bytes]
    
    Verifying checksum...  OK (0x1ABC)
    3802992 bytes copied in 58.236 secs (65568 bytes/sec)
    Router#
  10. 次のコマンドの発行によってルータのアップグレードを確認して下さい:

    Router>show flash
    

    show flash コマンド出力の Cisco IOSソフトウェアイメージ名前がアップグレード イメージの名前であることを確かめて下さい。

  11. 新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージからそれを起動させますルータをリロードして下さい。

    Router#reload
    
  12. ことを show version コマンドの発行によって新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージから起動されるルータ確認して下さい。

    Router#show version
    

    show version コマンドからの出力はアップグレードされた Cisco IOSソフトウェアイメージの名前を表記する必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12819