ルータ : Cisco 7500 シリーズ ルータ

Cisco 7500 シリーズ:: FAQ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Cisco 7500 シリーズ ルータの電源要件に関する FAQ に回答しています。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. Cisco 7500 の 2 つの電源装置に対して、別々の電源から電力を供給することはできますか

A. はい、異なる供給から 2 つの電源に動力を与えることができます。 ただし、グラウンドの潜在的な違いを理解しておいて下さい; この考慮事項を非常に真剣に奪取 して下さい。

潜在的な違いを除去するかまたは、少なくとも、受諾できる程度に低いレベルにダウンさせるためにユーティリティ 引き込み口のニュートラル ツー グラウンド 結束にジェネレーターのニュートラル ツー グラウンド 結束を接続して下さい。

注意 注意: Cisco は浮遊供給の使用のためのハードウェア製品を推奨しません。 浮遊供給の neutral-to-ground ボンディングをきちんと行わない場合、説明されていないシステムから期待できます及ぶ効果(システムハードウエアに可能性のある致命的である)に別々に接地されたシステム間の潜在的な違いハングする。 neutral-to-ground ボンドの配線が正しく行われていない場合、説明のできないシステムのハングアップなどの「穏やかな」影響から、「火花や煙」など別個にアースされたシステム間の電位差による深刻な影響が生じることがあります。

Q. 電源のロード シェアリングを(PS1 および PS2) Cisco 7513 シリーズ ルータ行う方法

A. +5V および +12V の電源 40%/60% のロード シェアリングをまたはよりよい分けることができます。 この値はおよび PS2 を何れかの 2 つの電源 PS1 間のロードに基づいて 50% から 100% をから変えることができます。

2 つの電源 PS1 および PS2 間のロード シェアリングの例はここにあります:

例 1
51.76A (A)キャパシティ 200 測定される PS1 + 5V 現在の 1.92 A (キャパシティ測定される PS1 + 12V 現在の 35 A) PS1 - 0.04 でで測定される 12V 現在の A で(3 A) PS1 出力のキャパシティは 285 W です

例 2
60.39 A (A)キャパシティ 200 測定される PS2 + 5V 現在の 2.61 A (キャパシティ測定される PS2 + 12V 現在の 35 A) PS2 - 0.02 でで A (キャパシティ 3 つは A) PS2 出力測定される 12 V 現在の 337 W でです

このように、総電力は 285 W + 337 W = 622 W.です。

PS1: 285/622 = 0.45、か 45/55 負荷分散型 比率。

PS2: 337/622 = 0.55 または 55/45 負荷分散型 比率。

Q. Cisco 7507 で「PS1 Output is 0 W」と表示される理由について

A. Cisco 7507 では、使用されている電流(アンペア)は表示されません。したがって、電力量(ワット)は計算できません。 Cisco 7507 シリーズ ルータは個々のバス 電圧を報告しますが、それはすべてです。

Cisco 7513 は電流も表示するため、電力量も計算されます。

Q. Cisco 7500 の DC 電源に対する回路ブレーカーの必要最小限の要件について

A. システムに 40 A (アンペア)を渡すためにルータのためのブレーカを Cisco 7513 シリーズ大きさで分類して下さい。 7507 のブレーカーは 24 アンペアを供給する必要があります。

ブレーカを大きさで分類する、原則的に 25%余分現在のキャパシティがなければなりませんとき局所 コードを尊重して下さい。 したがって

  • Cisco 7513 シリーズ ルータに関しては、50 A ブレーカを選択して下さい。

  • 7505 の場合は、30 アンペアのブレーカーが必要です。

これらのサイズは、最小入力電圧 -40.5 VDC に基づいています。 これらの各システムには、オプションとして冗長電源が備えられています。 各提供を別途のブレーカに接続し、冗長性を維持するために分岐させて下さい。

Q. オンラインでの抜き挿し(OIR)の実行方法について

A. 安全に関しては、Cisco 7500 シリーズ ルータの OIR を行う必要がある場合ハードの変更を行うが電源を切って下さい、ここにいくつかの推奨事項でであって下さいときルータの:

  • インターフェイス プロセッサの抜き挿しは、1 回に 1 枚ずつ行うことを強く推奨します。

  • 別のインターフェイスプロセッサを取除くか、または挿入する前に前の作業を完了するシステムの時刻を認めて下さい。 システムが確認を完了する前にシーケンスを破壊すれば、システムは疑ってハードウェア障害を検知し始めます。

  • カードをすばやく、しっかりと挿入します。しかし、乱暴には行わないでください。

  • カードの端にあるプラスチックのレバーを使用して、カードを確実にロックします。

  • OIR の後で LONGSTALLメッセージ、か OIR プロセスの間に CPUHOG メッセージを受け取るが、他の問題に直面しなければ、安全にそれらのメッセージを無視できます。

  • Versatile Interface Processor(VIP; 多用途インターフェイス プロセッサ)カードおよび他のインターフェイス プロセッサでは OIR がサポートされていますが、ポート アダプタではサポートされていません。

  • 正常な OIR の後でリロードをスケジュールする必要はありません。

  • 設定がサポートされないので、決してポートアダプタなしでは VIP を挿入しないで下さい。 未使用のインターフェイス プロセッサ スロットには、それぞれにインターフェイス プロセッサ フィラー(プリント基板のないインターフェイス プロセッサのキャリア)を入れて、ルータをダストから守り、インターフェイス プロセッサのコンパートメントを経由した正常なエアフローを保つ必要があります。

システムは適切な手順に従わない場合ハードウェア障害を示します。

Cisco 7507 では(か Cisco 7507-MX)または High System Availability (HSA)の Cisco 7513 (か Cisco 7513-MX)シリーズ ルータ アクティブを特色にして下さい、どちらの CyBus でもあらゆるインターフェイスプロセッサの OIR によりスレーブ Route/Switch Processor (RSP2)はバス エラーかプロセッサメモリパリティ エラーとリブートします場合があります。 マスター側の RSP はこのイベントから回復し、「cBus Complex Restart」メッセージを発行します。 この問題はシステム スレーブで RSP4 か RSP8 で設定したシステムに影響を及ぼしません。

Q. OIR 実行中に発生することについて

A. Second-Generation Versatile Interface Processor (VIP2)を挿入する時、電源は VIP で利用できます。 VIP は VIP カーネル コードをダウンロードする準備をするために初期化します。 一方、VIP は Port Adapter (PA)の上で動力を与えました、ハードウェアを準備することをいくつかの初期化ステップを通過する。

VIP カーネルはダウンロードされ、PA があるものを VIP は検出します。 VIP はそれからされなければならない PA ハードウェアを十分機能させるためにものがに関して PA ハードウェアに SRAM および DRAM メモリのサイズを変更し、Route/Switch Processor (RSP)と通信します。

Q. ポート アダプタなしで VIP を挿入した場合に発生すること

A. PA のない VIP はサポートされた ハードウェア 設定でし、重くルータの安定性に影響を与えることができます。 PA なしで VIP を挿入するとき、VIP は絶えずクラッシュし始め重く Route/Switch Processor (RSP)と他の VIP 間の通信を中断します。

これらの中断の典型的な効果はうまく働くと知られている VIP コントローラメモリ サイズを示し始める VIP です: 未知。 RSP はこの状況から回復 することができません。 中断を引き起こす VIP を取除いた後、この問題を解決するために、リロードを行って下さい。

Q. VIP がクラッシュした後、コンフィギュレーションの一部が失われる理由について

A. VIPクラッシュが、Route/Switch Processor (RSP) VIP を初期化もはやできなかった後。 この問題はである入れることができる)のハードウェア障害が原因 VIP (RSP によって無効分析された詰め込まれた状態に場合もあります。 VIP が無効であるので、VIP に属するすべての物理インターフェイスは RSP のためにもはやありません。 設定は実行コンフィギュレーションから消えます。 さらに、そのようなインターフェイスのための show interfaces コマンドを発行できません。 仮想インターフェイスが無効物理インターフェイスを使用する場合、仮想インターフェイスはまた影響を受けます。

回避策は、コンフィギュレーションを安全な場所に保存しておくことです。 置換の後で、VIP が作動中のとき、(スタートアップ コンフィギュレーションが実際の実行コンフィギュレーションに以前に同期されたかどうか)実行コンフィギュレーションにスタートアップ コンフィギュレーションをコピーできます。 また、手動で 設定が前に VIPクラッシュだった同じであることを確認するために設定を書き換えることができます。

Q. Cisco 7500 シャーシのシリアル番号を調べる方法

A. show rsp chassis コマンドは Cisco IOS でもたらされましたか。 ソフトウェア リリース 12.0(13)S および 12.0(13)SC。

Router>show rsp chassis-info 
 Backplane NVRAM(ver 1) contents:
    Chassis model: 0x01
     Chassis S/N: 50014400
      MAC base: 0060.5C51.1A00
    MAC block size: 1024
     RMA failure: 0
      RMA number: 0
   Manufactured Date: 96 12 10
Router>

Q. Cisco 7513 の「ファン トランスファー ポイント」とは

A. Route/Switch Processor (RSP)は検出する 温度に基づいてルータの blower の速度を、Cisco 7513 シリーズ調節できます。 「ファン トランスファー ポイント」は、ファンのスピードに関する RSP 補正を示すものです(1%:最小スピード、100%:最大スピード)。

Q. 何 Hot Standby Routing Protocol (HSRP)グループを VIP で設定できますか。

A. 、論理上、255 人までの異なるグループを設定できても各 VIPインターフェイスの MACアドレスフィルタ 表に 32 のエントリの制限があります。

いくつかのエントリが Cisco Discovery Protocol のために既に、スイッチ間リンク(ISL)、等 multicast —使用されていれば—特定の VIP のあらゆるインターフェイスで設定できる HSRPグループの数はやや異なります。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(8) はおよび 12.2(8)T の CSCuk29834登録ユーザのみ何エントリが HSRP グループのために残っているか)の統合の後で、show standby capability コマンド示します。 さらに、警告は MAC アドレス リスト フィルタ サイズ制限が原因で与えられる何が誰かがよりより多くのグループを設定することを試みるとき現われます。

この制限をバイパスするために、ルータ プールからのバーチャルMACアドレスの代りに焼き付けられたアドレスを使用する standby use-bia interface configuration コマンドを使用して下さい。

Q. シリアル番号が提示 rsp シャーシ情報 コマンドで抜けている場合奪取 するステップとは何か。

A. この出力はシリアル番号が抜けていることを示したものです:

#show rsp chassis-info 
Backplane NVRAM(ver 255) contents:
      Chassis model: 0xFF
        Chassis S/N: 0   
        MAC block size: 416
        RMA failure: 255
         RMA number: 16777215
  Manufactured Date: 255 255 255

シリアル番号 情報が抜けていれば、これはデバイスの外面から得られる実際の S/N を使用して EPROM プログラミング コマンドを使用して解決されます。

これはシリアル番号の EEPROM プログラムする手順です:

  1. EEPROM のシリアル番号をプログラムするために、アドレス 2,3,4,5 を書く必要があります。 たとえばシリアル番号が 63918102 なら、そして 16 進法で、0x03CF5016 です。 従って、03 に 2 つの等号を、当たります 3 つの等号に CF を、当たります 50 に 4 つの等号を、当たります 16 に 5 つの等号を当たって下さい。
  2. EEPROM をプログラムするために、これらのコマンドを設定して下さい:
    7513-RR2#test rsp ds1201 write 2 03
    7513-RR2#test rsp ds1201 write 3 CF
    7513-RR2#test rsp ds1201 write 4 50
    7513-RR2#test rsp ds1201 write 5 16
    
  3. ルータをリロードし、次にシリアル番号を確認するために提示 rsp シャーシ情報 コマンドをチェックして下さい。

Q. VIP6-80 のキャパシティとはいくつか。

A. VIP6-80 キャパシティは時間ある特定の秒の間、次 6000 および 6000 双方向 6000 MSU/sec です。


関連情報


Document ID: 12757