アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco 500 シリーズ キャッシュ エンジン

Cisco Cache Engine およびルータでの Web Cache Communication Protocol バージョン 1 の設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Cache Engine と Cisco ルータの両方に Web Cache Communication Protocol バージョン 1(WCCPv1)を設定するために使用する基本的な手順について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

詳細な情報に関しては Web Cache Communication Protocol バージョン 1 ドキュメントのサポートされているプラットフォーム セクションを参照して下さい。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cache Engine およびルータの WCCPv1 を設定して下さい

基本的な Cache Engine 設定はこれに類似したであるはずです:

interface ethernet 0 
ip address 10.X.1.20 255.255.255.0 
ip broadcast-address 10.X.1.255 
exit 
! 
! 
ip default-gateway 10.X.1.1 
ip name-server 172.18.124.10 
ip domain-name cisco.com 
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 10.X.1.1

基本的なルータ構成はこれに類似したであるはずです:

ip subnet-zero 
ip name-server 171.68.10.70 
! 
interface Ethernet0/0
ip address 10.X.1.1 255.255.255.0 
no ip redirects 
no ip directed-broadcast 
! 
ip classless 
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 10.10.10.254

ルータのイネーブル WCCPv1

インターフェイスを WCCPv1 を使用して Content Engine に Webトラフィックをリダイレクトするためにイネーブルに設定しグローバル コンフィギュレーション モードで始めるこれらのステップを完了して下さい:

  1. ルータが WCCP を使用することを可能にする ip wccp コマンドを使用して下さい。

  2. これはオプション の ステップです。IP wccp redirect-list {数を使用してリダイレクト アクセス リストを規定 して下さい | 名前}コマンド。

    このアクセス リストを一致するパケットだけリダイレクトされます。 このコマンドを設定しない場合、すべての Webベース パケットはリダイレクトされます。

  3. インターフェイス設定モードを開始する interface type number コマンドを使用して下さい。

  4. IP wccp Webキャッシュ リダイレクトを使用して Content Engine に Webトラフィックをリダイレクトするためにインターネットに接続されるインターフェイスを設定して下さい|コマンド。

  5. これはオプション の ステップです。) クライアントおよび Content Engine が同じネットワークにいる場合、ip route-cache same-interface コマンドを使用してインターフェイスのファースト スイッチング パスを使用するためにルータを設定して下さい。

  6. コンフィギュレーションモードを終了する end コマンドを使用して下さい。

  7. copy running-config startup-config コマンドを使用して設定を保存して下さい。

ルータのWCCPv1 の例

Router#configure terminal 
Router(config)#ip wccp webcache
Router(config)#interface (relevant-interface) 
Router(config-if)#ip web-cache redirect out
Router(config-if)#^Z

Cache Engine のWCCPv1 の例

cache#configure terminal 
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z 
cache(config)#wccp version 1 
cache(config)#wccp home-router (ip-addr-of-wccp-router) 
cache(config)#^Z 
cache#write 
Building configuration... [OK]

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

  • show ip wccp —すべての登録済みのサービスを表示する。

  • show ip wccp <service-id> は detail — クラスタの各キャッシュのための WCCP バケット ディストリビューションを表示する。

  • show ip wccp <service-id> ビュー—ルータおよびキャッシュの各 WCCP サービス クラスタのクイック サマリーを表示する。 これにはこのルータに以前に登録されていたが、含まれていましたり取除かれますキャッシュが。

これは show ip wccp コマンドのサンプルコマンド出力です。

Router#show ip wccp 
Global WCCP information: 
Router information: 
Router Identifier: 10.1.1.1 
Protocol Version: 2.0 
Service Identifier: web-cache 
Number of Cache Engines: 1 
Number of routers: 1 
Total Packets Redirected: 446226 
Redirect access-list: -none- 
Total Packets Denied Redirect: 0 
Total Packets Unassigned: 20 
Group access-list: -none- 
Total Messages Denied to Group: 0 
Total Authentication failures: 0

これは show ip wccp <service-id> detail コマンドのサンプルコマンド出力です。

Router#show ip wccp web-cache detail 
WCCP Cache-Engine information: 
IP Address: 10.1.1.2 
Protocol Version: 2.0 
State: Usable 
Initial Hash Info: 00000000000000000000000000000000 
00000000000000000000000000000000 
Assigned Hash Info: FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF 
FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF 
Hash Allotment: 256 (100.00%) 
Packets Redirected: 40807 
Connect Time: 11:05:17

これは show ip wccp <service-id> ビュー コマンドのサンプルコマンド出力です。

Router#show ip wccp web-cache view (or: show ip wccp 99 detail) 
WCCP Routers Informed of: 
10.1.1.1 
WCCP Cache Engines Visible: 
10.1.1.2 
WCCP Cache Engines NOT Visible: 
-none-

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

ルータのコマンド:

  • show ip wccp:グローバルな WCCP 統計情報を表示します。

  • show ip wccp web-caches:すべての既知の Content Engine に関する情報を表示します。

  • リダイレクトする Webキャッシュがインターフェイスで有効に なるかどうか show ip interface —示します。

  • show ip wccp および show ip wccp web-caches:リダイレクトされたパケットの数を表示します。

  • clear ip wccpshow ip wccp および show ip wccp web-caches コマンドで表示されるカウンタをクリアします。

  • debug ip wccp events:重要な WCCP イベントの情報を表示します。

  • debug ip wccp packets:ルータが送受信したすべての WCCP パケットの情報を表示します。

Cache engine コマンド:

  • show stat http savings:バイトおよびオブジェクトのヒットレート節約率を統計情報に記録します。

  • show stat http usage:使用状況の統計情報を表示します。

これは Content Engine が利用可能 な Webキャッシュのリストに追加されるとき debug ip wccp events コマンドの出力例です:

Router#debug ip wccp events

WCCP-EVNT: Built I_See_You msg body w/1 usable web caches, change # 0000000A
WCCP-EVNT: Web Cache 192.168.25.3 added
WCCP-EVNT: Built I_See_You msg body w/2 usable web caches, change # 0000000B
WCCP-EVNT: Built I_See_You msg body w/2 usable web caches, change # 0000000C

これは debug ip wccp packets コマンドの出力例です。 ルータは IP アドレス 192.168.25.4 および 192.168.25.3 で Content Engine にキープアライブ パケットを送信します。 キープアライブ パケットごとに、識別番号が付けられます。 コンテント エンジンがルータからキープアライブ パケットを受け取ると、識別番号を付けて、ルータに応答を返送します。

Router#debug ip wccp packets
 
WCCP-PKT: Received valid Here_I_Am packet from 192.168.25.4 w/rcvd_id 00003532
WCCP-PKT: Sending I_See_You packet to 192.168.25.4 w/ rcvd_id 00003534
WCCP-PKT: Received valid Here_I_Am packet from 192.168.25.3 w/rcvd_id 00003533
WCCP-PKT: Sending I_See_You packet to 192.168.25.3 w/ rcvd_id 00003535
WCCP-PKT: Received valid Here_I_Am packet from 192.168.25.4 w/rcvd_id 00003534
WCCP-PKT: Sending I_See_You packet to 192.168.25.4 w/ rcvd_id 00003536
WCCP-PKT: Received valid Here_I_Am packet from 192.168.25.3 w/rcvd_id 00003535
WCCP-PKT: Sending I_See_You packet to 192.168.25.3 w/ rcvd_id 00003537
WCCP-PKT: Received valid Here_I_Am packet from 192.168.25.4 w/rcvd_id 00003536
WCCP-PKT: Sending I_See_You packet to 192.168.25.4 w/ rcvd_id 00003538
WCCP-PKT: Received valid Here_I_Am packet from 192.168.25.3 w/rcvd_id 00003537
WCCP-PKT: Sending I_See_You packet to 192.168.25.3 w/ rcvd_id 00003539

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12656