アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco CSS 11500 シリーズ コンテンツ サービス スイッチ

CSS 11000 および CSS 11500 でセットアップ スクリプトを再実行する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は CSS 11000 および 11500 シリーズ コンテンツ サービス スイッチのセットアップ スクリプトの再実行で情報を提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書の情報は、次のハードウェアとソフトウェアに適用できます。

  • すべての CSS 11000 および 11500 シリーズ コンテンツ サービス スイッチ

  • Cisco WebNS ソフトウェアリリース 2.06 およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

情報

セットアップ スクリプトは CSS が起動したある時最初に動作します。 保存された startup-config がないし、startup-config をアーカイブしなかった場合、CSS はセットアップ スクリプトを実行します。

セットアップ スクリプトを再実行することを望んだ場合これらの操作の 1 つを行うことができます:

  • 実行設定をクリアし、script play setup コマンドを発行して下さい。

  • clear startup-config および clear archive startup-config コマンドを発行して下さい。 スイッチをリブートして下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12642