アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco LocalDirector 400 シリーズ

LocalDirector での HTTP プローブの設定方法

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 7 月 16 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


Cisco では、Cisco LocalDirector の販売終了を発表しています。 詳細については、LocalDirector 400 シリーズの「サポート終了と販売終了のお知らせ」および「製品速報」を参照してください。


目次


概要

この文書では、Cisco LocalDirector で Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)プローブを設定する方法を説明します。 LocalDirector は、それぞれのサーバ ファームで HTTP サービスを検証します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • クリアされたコンフィギュレーションを用いるラボ 環境の LocalDirector 416

  • LocalDirector ソフトウェア リリース 4.2.1

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/12619/http_probe_ld-01.gif

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

LocalDirector の HTTP プローブの設定方法

LocalDirector を設定するのにこれらのステップを使用して下さい:

  1. Virtual IP (VIP) アドレスを設定して下さい:

    virtual 172.18.124.208:80:0:tcp is
    
    
  2. 実サーバ IP アドレスを設定して下さい:

    real 172.18.124.193:80:0:tcp is
    real 172.18.124.206:80:0:tcp is
    real 172.18.124.207:80:0:tcp is
    
  3. bind コマンドを使用して実サーバ IP アドレスに VIP を結合 して下さい:

    bind 172.18.124.208:80:0:tcp 172.18.124.193:80:0:tcp
    bind 172.18.124.208:80:0:tcp 172.18.124.206:80:0:tcp
    bind 172.18.124.208:80:0:tcp 172.18.124.207:80:0:tcp
    
  4. VIP または実サーバの IP アドレスへのプローブを 10 秒間隔で設定します。

    probe virtual 172.18.124.208:80:0:tcp http 3
    probe real 172.18.124.193:80:0:tcp http 3
    
    
  5. HTTP プローブを設定し、デフォルト以外の設定を変更します。

    probehttp real 172.18.124.193:80:0:tcp
    probehttp virtual 172.18.124.208:80:0:tcp file /index.htm
    
    
  6. HTTP のしきい値を表示するよう、プローブを設定します。

    probeconfig http 3
    
    

確認

このセクションでは、設定が正しく動作していることを確認するための方法について説明します。

ある種のshowコマンドは showコマンド出力の分析を表示することを可能にする Output Interpreter ツールによってサポートされます登録ユーザのみ)。

  • show version — LocalDirector で動作するソフトウェア バージョンを表示する。

  • show running-config — 設定を表示します LocalDirector で実行する。

  • show probehttp — コマンドのデフォルト以外の出力を表示する。

  • show probe —プローブおよび精査間隔を表示する。

  • show real —接続の実サーバ、状態、番号、およびロードバランシングアルゴリズムのリストを表示する。

  • (イネーブルになった) show probeconfig — プローブ設定およびそれぞれしきい値のステータスを表示する。

  • show virtual - 仮想サーバのリスト、その状態、接続の数、およびロード バランシングのアルゴリズムを表示します。

show version コマンド

LDIR-416# show version
LocalDirector 416 Version 4.2.1

show running-config コマンド

LDIR-416# show running-config
: Saved
: LocalDirector 416 Version 4.2.1
syslog output 23.7
no syslog console
enable password dfeaf10390e560aea745ccba53e044 encrypted
hostname LDIR-416
no shutdown ethernet 0
no shutdown ethernet 1
shutdown ethernet 2
interface ethernet 0 auto
interface ethernet 1 auto
interface ethernet 2 auto
mtu 0 1500
mtu 1 1500
mtu 2 1500
multiring all
no secure  0
no secure  1
no secure  2
ping-allow 0
ping-allow 1
ping-allow 2
ip address 172.18.124.210 255.255.255.0
route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.18.124.1 1
arp timeout 30
no rip passive
rip version 1
failover ip address 0.0.0.0
no failover
failover hellotime 30
password dfeaf10390e560aea745ccba53e044ed encrypted
telnet 172.18.124.0 255.255.255.0
telnet 64.0.0.0 255.0.0.0
snmp-server enable traps
snmp-server community public
no snmp-server contact
no snmp-server location

!--- This is the VIP configuration.

virtual 172.18.124.208:80:0:tcp is
virtual 172.18.124.208:0:0:tcp is

!--- This is the real server configuration.

real 172.18.124.193:80:0:tcp is
real 172.18.124.206:80:0:tcp is
real 172.18.124.207:80:0:tcp is

!--- Bind the VIP configuration to the Real configuration.

bind 172.18.124.208:80:0:tcp 172.18.124.193:80:0:tcp
bind 172.18.124.208:80:0:tcp 172.18.124.206:80:0:tcp
bind 172.18.124.208:80:0:tcp 172.18.124.207:80:0:tcp

!--- Probe to a VIP configuration.

probe virtual 172.18.124.208:80:0:tcp http 3

!--- Probe to a real server configuration.

probe real 172.18.124.193:80:0:tcp http 3

!--- The HTTP probe is configured for non-default settings.

probehttp virtual 172.18.124.208:80:0:tcp file /index.htm
probehttp real 172.18.124.193:80:0:tcp

!--- Probe configuration to display the threshold for HTTP.

probeconfig http 3
LDIR-416#

show probehttp コマンド

LDIR-416# show probehttp
                                                                Return
                  Machine                       Port  Request   Code   Filename
            172.18.124.193:80:0:tcp (real)       80    HEAD     200      /
            172.18.124.208:80:0:tcp (virtual)    80    HEAD     200      /index.htm

show probe コマンド

LDIR-416# show probe
          Probes for Reals ----
                  Machine                     Type     Interval
            172.18.124.193:80:0:tcp           http        3


          Probes for Virtuals ----
                  Machine                     Type     Interval
            172.18.124.208:80:0:tcp           http        3

show real コマンド

LDIR-416# show real
          Real Machines:

                                                             No Answer TCP Reset DataIn
                            Machine  Connect   State  Thresh Reassigns Reassigns  Conns
            172.18.124.193:80:0:tcp       0      IS       8         0         0      0
            172.18.124.206:80:0:tcp       0      IS       8         0         0      0
            172.18.124.207:80:0:tcp       0      IS       8         0         0      0

show probeconfig コマンド

LDIR-416# show probeconfig
Type    Threshold
dns    disabled
http   3

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • syslog output 20.7 —デバッグレベルで設定アップデートおよびログ情報のステータスを表示する。

  • syslogコンソール—デバッグレベルで設定アップデートおよびログ情報のステータスを表示する。

LDIR-416# <187> May 23 15:03:45 LD-ERR Real machine '172.18.124.193:80:0:tcp': 
edited from Failed (External) to Testing - HTTP probes.
LDIR-416# <187> May 23 15:04:15 LD-ERR Real machine '172.18.124.193:80:0:tcp': 
edited from Testing to In Service - HTTP probes.
LDIR-416# <187> May 23 14:59:55 LD-ERR Real machine '172.18.124.193:80:0:tcp': 
edited from In service to Failed (External) -- Probe.
LDIR-416# <187> May 23 14:52:45 LD-ERR Real machine '172.18.124.193:80:0:tcp': 
edited from In service to Failed (External) -- Probe.

また設定をトラブルシューティングする show real コマンドを発行できます。


関連情報


Document ID: 12619