アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco LocalDirector 400 シリーズ

LocalDirector での DNS プローブの設定方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 4 月 23 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


Cisco では、Cisco LocalDirector の販売終了を発表しています。 詳細については、LocalDirector 400 シリーズ 廃止および終りの販売注意および報告参照して下さい。


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco LocalDirector でドメイン ネーム システム(DNS)プローブの機能を設定する方法について説明します。 DNS プローブを使用すると、LocalDirector はプローブ結果に基づき、DNS サーバを実行する実サーバの停止や回復を自動的に行うことができます。 プローブはそのステータスを決定するために、絶えず DNS サーバに送信されています。 DNS サーバがある一定数のプローブに応答しない場合は、Failed External(EFAILED)としてマークされます。 DNS サーバは DNS プローブへの応答を再開すると、すぐにインサービス状態に戻ります。 このドキュメントの設定では、DNS をプローブ中に、同じサーバの他のポートをロード バランシングする方法も紹介します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • LocalDirector 416

  • LocalDirector ソフトウェア バージョン 4.2.1

  • virtual IP(VIP; 仮想 IP)アドレス用の「A」レコード エントリを持つ DNS を実行する Microsoft Windows 2000 サーバ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

dns_probe_ld.gif

LocalDirector での DNS プローブの設定方法

LocalDirector を設定するのにこれらのステップを使用して下さい:

  1. 仮想 な User Datagram Protocol (UDP; ユーザ データグラム プロトコル)のためのすべてのポートを設定して下さい。

    virtual 172.18.124.208:0:0:udp is
    
  2. DNS のためのポート別 実サーバを設定して下さい(53)のような。

    real 172.18.124.193:53:0:udp is
    real 172.18.124.192:53:0:udp is
    
  3. 実サーバに仮想サーバを結合 して下さい。

    bind 172.18.124.208:0:0:udp 172.18.124.193:53:0:udp
    bind 172.18.124.208:0:0:udp 172.18.124.192:53:0:udp
    
  4. プローブを設定します。

    たとえば、仮想情報を持つ DNS で、「A」レコードが設定されてることが想定されています。

    probe real 172.18.124.193:53:0:udp dns 3
    probedns nodename vip.testdomain.com
    probeconfig dns 4
    

設定の確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

show version

show version コマンドは LocalDirector で動作しているソフトウェア バージョンを表示する。

LDIR-416# show version

LocalDirector 416 Version 4.2.1

show running-config

LocalDirector で動作している show running-config コマンドは設定を表示します。

LDIR-416# show running-config

  : Saved

  : LocalDirector 416 Version 4.2.1

  syslog output 23.7

  no syslog console

  enable password dfeaf10390e560aea745ccba53e044 encrypted

  hostname LDIR-416

  no shutdown ethernet 0

  no shutdown ethernet 1

  shutdown ethernet 2

  interface ethernet 0 auto

  interface ethernet 1 auto

  interface ethernet 2 auto

  mtu 0 1500

  mtu 1 1500

  mtu 2 1500

  multiring all

  no secure 0

  no secure 1

  no secure 2

  ping-allow 0

  ping-allow 1

  ping-allow 2

  ip address 172.18.124.210 255.255.255.0

  route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.18.124.1 1

  arp timeout 30

  no rip passive

  rip version 1

  failover ip address 0.0.0.0

  no failover

  failover hellotime 30

  password dfeaf10390e560aea745ccba53e044ed encrypted

  telnet 172.18.124.0 255.255.255.0

  telnet 64.0.0.0 255.0.0.0

  snmp-server enable traps

  snmp-server community public

  no snmp-server contact

  no snmp-server location

  virtual 172.18.124.208:80:0:tcp is

  virtual 172.18.124.208:0:0:udp is

  real 172.18.124.192:80:0:tcp is

  real 172.18.124.193:80:0:tcp is

  real 172.18.124.193:53:0:udp is

  real 172.18.124.192:53:0:udp is

  bind 172.18.124.208:80:0:tcp 172.18.124.192:80:0:tcp

  bind 172.18.124.208:80:0:tcp 172.18.124.193:80:0:tcp

  bind 172.18.124.208:0:0:udp 172.18.124.193:53:0:udp

  bind 172.18.124.208:0:0:udp 172.18.124.192:53:0:udp

  probe virtual 172.18.124.208:0:0:udp dns 3

  probe real 172.18.124.193:53:0:udp dns 3

  probe real 172.18.124.192:53:0:udp dns 3

  probedns nodename vip.testdomain.com

  probeconfig dns 4

show bind

show bind コマンドは、どの仮想サーバにどの実サーバがバインドされているかを表示します。

LDIR-416# show bind

  Virtual Machine(s)           Real Machine(s)/Urls
  172.18.124.208:80:0:tcp(IS)  172.18.124.192:80:0:tcp(IS)
                               172.18.124.193:80:0:tcp(IS)
  172.18.124.208:0:0:udp(IS)   172.18.124.193:53:0:udp(IS)
                               172.18.124.192:53:0:udp(IS)

show virtual

show virtual コマンドは接続の仮想サーバ、状態、番号、およびロードバランシングアルゴリズムのリストを表示する。

LDIR-416# show virtual

Machines:
                  Machine            Mode State Connect Sticky Predictor    Slowstart
  172.18.124.208:80:0:tcp  directed local   IS       0      0  leastconns*  roundrobin
  172.18.124.208:0:0:udp   directed local   IS       0      0  leastconns*  roundrobin

show real

show real コマンドは実サーバの統計情報および状態を表示する。

LDIR-416# show real

Real Machines
                                                   No Answer  TCP Reset DataIn
  Machine                  Connect  State  Thresh  Reassigns  Reassigns  Conns
  172.18.124.192:80:0:tcp       0     IS       8          0          0      0
  172.18.124.193:80:0:tcp       0     IS       8          0          0      0
  172.18.124.193:53:0:udp
  172.18.124.192:53:0:udp

show statistics

show statistics コマンドは、実サーバと仮想サーバの統計情報を表示します。

LDIR-416# show statistics

          Real Machine(s)   Bytes  Packets  Connections
  172.18.124.192:80:0:tcp      0        0            0
  172.18.124.193:80:0:tcp      0        0            0
  172.18.124.193:53:0:udp      0        0            0
  172.18.124.192:53:0:udp      0        0            0

       Virtual Machine(s)   Bytes  Packets  Connections
  172.18.124.208:80:0:tcp      0        0            0
  172.18.124.208:0:0:udp       0        0            0

show configuration

show configuration コマンドは、LocalDirector の現在の設定を表示します。

設定のトラブルシューティング

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

syslogコンソールおよび syslog 出力

syslog console および syslog output 23.7 または 20.7 コマンドは、障害が発生しているサーバの結果を表示します。

<187> May 22 14:52:26 LD-ERR Real machine '172.18.124.192:53:0:udp':
edited from In service to Failed (External) -- Probe.
<186> May 22 14:52:32 LD-CRIT Switching '172.18.124.208:0:0:udp'
from 'slowstart' to 'leastconns'

show real

show real コマンドはこの資料に先に説明があります。 これらは DNS プローブが失敗するとき show real コマンドの結果です:

LDIR-416# show real

Real Machines
                                                   No Answer  TCP Reset DataIn
                  Machine  Connect  State  Thresh  Reassigns  Reassigns  Conns
  172.18.124.192:80:0:tcp       0     IS       8          0          0      0
  172.18.124.193:80:0:tcp       0     IS       8          0          0      0
  172.18.124.193:53:0:udp      20     IS       8          0          0      0
  172.18.124.192:53:0:udp       0  EFAILED     8          0          0      0

show connection

show connection コマンドは、現在の接続を検証します。

他の show コマンド

また設定をトラブルシューティングするこれらのコマンドを使用できます:

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12618