アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco CSS 11500 ???? Content Services Switches

基本的な CSS ロード バランシングの設定

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 5 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、基本的なコンテンツ サービス スイッチ(CSS)のロード バランシング設定の概要を述べ、各設定要素の機能について説明します。 このドキュメントでは、このアプライアンスのすべての機能を詳しく説明していません。 このドキュメントで説明する機能の詳細については、「関連情報」の項を参照してください。

この資料で示される例はバランスをとられるロードであるために 1 仮想 IP アドレス(VIP)およびバインド 3 つの実サーバ、またはその VIP の後ろのサービスを、定義したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • WebNSバージョン 4.10 は、5、6、7 17s を構築します

  • CSS 11150

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景理論

ロードバランシング設定を作成するとき、理解するべき 2 つの最も重要な CSS 仕様設定要素はコンテンツルールおよびサービスです。

コンテンツルールは実際のサーバが(サービスと呼ばれる)その仮想 IP アドレスに結合 されるところに、仮想 IP アドレス定義されます、そしてところ CSS のロードバランシング機能がカスタマイズされるです。 コンテンツルールはその他の機能のロードバランシング型、スティッキー 方式、ポート特定の仮想 な IP アドレスおよび多くを規定 することを可能にします。 要求が CSS の回線VLAN を見つければ、その要求は一致のためのすべてのコンテンツルールに対して質問されます。 要求の特定の要素とコンテンツルールの間で照合されたら、すべてのサービスに要求する CSS ロード バランスはそのコンテンツルールに区切ます。 各コンテンツルールはオーナーの下で設定する必要があります。

サービスは CSS ロードがバランスをとること実際の個々のサーバです。 サービスは個別に設定され、いろいろな KeepAlive型と、インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP)デフォルトでカスタマイズすることができます。 サービスのグループは、「サーバ ファーム」とも呼ばれます。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このドキュメントで使用されているコマンドに関する詳細情報について調べるには、IOS Command Lookup ツールを使用してください。

イーサネットインターフェイスへの Bridge vlan

CSS で、インターフェイスに回線VLAN を繋ぐことは必要前に VLAN 数です。 VLAN1 はあらゆるインターフェイスのためのデフォルトVLAN 常にであるので、この設定だけで手動で VLAN10 を繋ぐことは必要です。

CSS150#config 
CSS150(config)#interface e12 
CSS150(config-if[e12])#bridge vlan 10

回線VLAN に番号を付けて下さい

ここでは、CSS がトラフィックを受信する VLANインターフェイスのための IP アドレスを定義します。 この設定では、IP アドレスはルータの LAN 側のインターフェイスとして同じ サブネットにあります。 CSS コマンドは大文字/小文字の区別があります; 回線 VLAN は大文字だけの名前になります。

CSS150#config 
CSS150(config)#circuit VLAN1 
CSS150(config-circuit[VLAN1])#ip address 192.168.1.50 255.255.255.0 
CSS150(config-circuit-ip[VLAN1-192.168.1.50])#exit 
CSS150(config-circuit[VLAN1])#exit 
CSS150(config)#circuit VLAN10 
CSS150(config-circuit[VLAN10])#ip address 10.10.10.50 255.255.255.0 
CSS150(config-circuit-ip[VLAN10-10.10.10.50])#

サービスおよびキープアライブを作成して下さい

サービスを設定するとき no keepalive 型が規定 されれば、KeepAlive型は ICMP のデフォルトに設定 されます。 すべてのサービスは手動で一度作成されてアクティブにする必要があります。

CSS150(config)#service www-server1 
Create service <www-server1>,[y/n]:y 
CSS150(config-service[www-server1])#ip address 10.10.10.1 
CSS150(config-service[www-server1])#keepalive type ? 
  ftp                  Use FTP Keepalives for this service 
  http             ;    Use HTTP Keepalives for this service 
  icmp             ;    Use ICMP Keepalives for this service ( default ) 
  named            &nbs p;  Name of keepalive to use. 
  none             ;    Disable keepalive for this service 
  script           &nb sp;  Use SCRIPT Keepalives for this service 
  tcp                  Use TCP Keepalives for this service 
CSS150(config-service[www-server1])#keepalive type http 
CSS150(config-service[www-server1])#active

コンテンツ所有者の作成

管理を柔軟にするために、所有者が存在します。 管理を容易にするために、複数のコンテンツ ルールを、異なる所有者の下にまとめてグループ化することができます。 すべてのコンテンツ ルールは、所有者の下に存在します。

CSS150(config)#owner Sample 
Create owner <Sample>,[y/n]:y 
CSS150(config-owner[Sample])#

コンテンツルールおよび仮想 IP アドレスを作成して下さい

Cisco はコンテンツルールの下でポートを 2 つの理由で規定 することを提案します: これは複数のポート別 コンテンツルールが同じ IP アドレスで設定することができるサービスによって必要なトラフィックだけコンテンツルールの後ろのサービスに許可することがより大きいセキュリティを提供しますと同時に Domain Name System (DNS)の一層の柔軟性を提供し。 2 つのコンテンツルールは同じ仮想 IP アドレス、先祖などと 2 を、TCP User Datagram Protocol (UDP; ユーザ データグラム プロトコル) ポートのような区別するべき CSS のための他の基準が URL あれば共存できます

CSS150(config)#owner Sample 
CSS150(config-owner[Sample])#content web-servers 
Create content <web-servers>,[y/n]:y 
CSS150(config-owner-content[Sample-web-servers])# 
CSS150(config-owner-content[Sample-web-servers])#ip address 192.168.1.1 
CSS150(config-owner-content[Sample-web-servers])#port 80

コンテンツルールにサービスを追加して下さい

これはサービスがコンテンツルールに結合 される、実サーバは仮想 IP アドレスと関連付けられますところであり。 サービスが追加されたら、コンテンツルールはサービスが要求を聞き取り始める前に手動でアクティブにする必要があります。

CSS150(config)#owner Sample 
CSS150(config-owner[Sample])#content web-servers 
CSS150(config-owner-content[Sample-web-servers])#add service www-server1 
CSS150(config-owner-content[Sample-web-servers])#add service www-server2 
CSS150(config-owner-content[Sample-web-servers])#add service www-server3 
CSS150(config-owner-content[Sample-web-servers])#add service www-server4 
CSS150(config-owner-content[Sample-web-servers])#active

設定例

CSS150-4#show run

!Generated on 08/28/2001 18:40:54 
!Active version: ap0410017s 

configure 
  

!*************************** GLOBAL *************************** 
  ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 192.168.1.100 1 

!************************* INTERFACE ************************* 
interface e12 
  bridge vlan 10 

!************************** CIRCUIT ************************** 
circuit VLAN1 

  ip address 192.168.1.50 255.255.255.0 

circuit VLAN10 

  ip address 10.10.10.50 255.255.255.0 

!************************** SERVICE ************************** 
service www-server1 
  ip address 10.10.10.1 
  keepalive type http 
  active 

service www-server2 
  ip address 10.10.10.2 
  keepalive type http 
  active 

service www-server3 
  ip address 10.10.10.3 
  keepalive type http 
  active 

!*************************** OWNER *************************** 
owner Sample 

  content web-servers 
    protocol tcp 
    port 80 
    add service www-server1 
    add service www-server2 
    add service www-server3 
    vip address 192.168.1.1 
    active

/image/gif/paws/12557/basic_css_lb_config.gif

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

基本的なトラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

特定の show コマンドは、アウトプット インタープリタでサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力を分析できます。

コンテンツルール時に向かうトラフィックおよびクライアントからの ping が回線VLAN IP に正常なら、それは最初にへサービスが「稼働中」。であることをよい概念確認しますです show service コマンドは個々のサービス キープアライブによって判別されるサービスのステータスを表示する。 このコマンドはサーバエラーの診断を助けます。 サーバは「あることとしてサーバがキープアライブ プローブに応答しなかったらリストしましたりまたは手動で「アクティブ」。に作られませんでしたその時だけ」

  • show summary:所有者、コンテンツ ルール、およびサービスの関係を表示します。

  • show service summary :サービス状態、接続、重量、ロードなど、サービスすべての情報の要約を表示します。


関連情報


Document ID: 12557