音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

DTMF に関する CallManager の問題の Cisco Unity

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、メッセージを通知するために公衆電話交換網(PSTN)に電話したときに Cisco Unity ボイスメールがデュアル トーン多重周波数(DTMF)を認識しない問題を解決する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified CallManager および Cisco Unity のすべてのバージョンに適用されます。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unity はメッセージ通知のための PSTN の電話を呼出すとき、被呼加入者を DTMF によって情報を入力するためにプロンプト表示します。 場合によっては、Cisco Unity は無応答があったように入るディジットを無視し、機能します。 この現象が Cisco Unity であるけれども、問題は実際に不良なゲートウェイコンフィギュレーションです。 、一般に PSTN からの Cisco Unity に呼び出し存在 するこの問題が正しく DTMF を検出する時。

/image/gif/paws/12504/unity_cm_dtmf_prob-1.gif

解決策

PSTN からの Cisco Unity への呼び出しがコマンド dtmf-relay h245-alphanumeric を含む必要があるアウトバウンド VoIP ダイヤルピアで一致することは必要です。 Cisco Unity からの PSTN への呼び出しが同じゲートウェイを通過するとき、Cisco Unity のボイスメールポートで設定される拡張があらゆる VOIPダイヤルピアのデスティネーションパターンを一致する場合、ゲートウェイはダイヤル ピア 0 で代りに一致します。 ダイヤル ピア 0 は非表示、dtmf-relay を有効に してもらわないデフォルトダイヤルピアです。 着信 VOIPコールを強制することはダイヤル ピアに既存のダイヤル ピアで一致する、dtmf-relay を使用するためにコマンド incoming called-number <#> を追加します。 一般に、このコマンドで参照されるダイヤル ストリングはコールより他のレグを構成する POTSダイヤルピアからのデスティネーションパターンと同じです。 たとえば、POTSダイヤルピアのデスティネーションパターンが 9T なら、VOIPダイヤルピアの incoming called-number は 9T であるはずです。

dial-peer voice 1 pots
  destination-pattern 9T  
  
!--- The dial-string here is 9T.

  direct-inward-dial
  port 0/0:23
!
dial-peer voice 2 voip
  destination-pattern 4...
  incoming called-number 9T  
   
!--- This dial-string matches the pots dial-peer 9T.

  session target ipv4:10.100.25.2
  dtmf-relay h245-alphanumeric

注:  リモートゲートウェイで Media Gateway Control Protocol (MGCP)を使用する場合、dial-peer voice X voip コマンドの下で mgcp dtmf-relay voip コーデックをすべてのモード アウトオブバンド コマンド設定したようにして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12504