WAN : X.25 プロトコル

X.25 PVC 設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、X.25 相手先固定接続(PVC)の設定例を紹介します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

PVC は専用回線の X.25 等量です; それらは決して切断されていません。 PVC を定義する前にアドレス マップを設定する必要はありません; カプセル化 PVC は暗黙のうちにマップを定義します。 PVC の 1 つの例は ISDNスイッチのような遠隔ノードへの Network Management Server 接続、です。

仮想回線範囲の設定

X.25 プロトコルはデータ端末装置(DTE)間の 1 つの物理リンク上のマルチ接続、およびデータ通信機器(DCE)を維持します。 これらの接続はバーチャル サーキットか論理チャネル(LC)と呼ばれます。 X.25 は番号が付いている 4095 までのバーチャル サーキットを 1 〜 4095 維持できます。 個々のバーチャルサーキットは論理チャネル識別子(LCI)を与えること、または(VCN)によって仮想回線番号特定されます。 多くの文書は用語バーチャル サーキットおよび論理チャネルおよび仮想回線番号、論理チャネル番号および論理チャネル識別子を相互に使用します。 これらの用語のそれぞれは仮想回線番号を示します。

X.25 オペレーションの重要な部分は仮想回線番号の範囲です。 仮想回線番号は 4 つの範囲に分けられます(増加順に数値的にここにリストされている):

  1. PVC

  2. 着信専用回線

  3. 双方向 回線

  4. 発信専用回線

コールが送信されるとき着信専用、双方向は電話回線網と同じように、および発信専用 の 範囲 相手先選択接続 (SVC)が X.25 コールの送信によって確立することができる仮想回線番号を接続します交換音声 回線を定義します。

呼び出しを開始する DCE および DTE デバイスについてのルールはここにあります:

  • DCEデバイスだけ着信専用 の 範囲のコールを開始できます。

  • DTE デバイスだけ発信専用 の 範囲のコールを開始できます。

  • DCEデバイスおよび DTE デバイスは両方双方向のレンジのコールを開始できます。

ITU-T 推奨事項は DTE/DCE インターフェイス ロールに関連して「着信」および「発信を」定義します; Cisco のドキュメントはより直観的な感覚を使用します。 ITU-T 感覚が明示的に参照されなければ、インターフェイスから受信されたコールは着信コールであり、インターフェイスに送信されるコールは送信コールです。

デバイスがコールを開始できる制限を除く SVC のオペレーションに違いがありません。 これらの範囲が一方が利用可能 な少数の SVC の X.25 インターフェイスに役立ちますバーチャル サーキットを独占することを防ぐのに使用することができます。

X.25 6 つのパラメータは 3 つの SVC 範囲のそれぞれの上部および低限を定義します。 PVC SVC 範囲に割り当てられる数よりより少なく数は割り当てる必要があります。 SVC 範囲は別の範囲とオーバーラップすることができません。

X.25 プロトコルが DTE および DCE は同一のバーチャルサーキット範囲があるように要求するのでインターフェイスが稼働している場合、バーチャルサーキット範囲領域限界への変更は X.25 プロトコルがパケット サービスを再開するまで保持されます。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/12498/config_x25_pvcs.gif

設定

このドキュメントでは次の設定を使用しています。

  • ルータ

ルータ
 hostname 2501
!
!
x25 routing
!
interface Serial0
 ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
 no ip mroute-cache
 encapsulation x25 dce                        
 
 !--- X25 DCE is used for this example subject to change

 bandwidth 56                       
 x25 ltc 25                                   
 
 !--- ltc - set the lowest two-way circuit number
 
 x25 htc 128                                  
 
 !--- htc - set the highest two-way circuit number

 x25 pvc 1 interface Serial1 pvc 5
!
interface Serial1
 ip address 172.16.60.1 255.255.255.0
 no ip mroute-cache
 encapsulation x25 dce                        
 
 !--- X25 DCE is used for this example subject to change

 bandwidth 56
 x25 ltc 25                                   
 
 !--- ltc - set the lowest two-way circuit number

 x25 htc 128                                  
 
 !--- htc - set the highest two-way circuit number

 x25 pvc 5 interface Serial0 pvc 1
!

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

  • show x25 vc — 特権EXECモードのアクティブ SVC および PVC についての情報を表示する。

2501#show x25 vc
PVC 1,  State D1,  Interface Serial0
 Started 002308, last input never, output never
 PVC <--> Serial1 PVC 5, connected, D-bit allowed
 Window size input 2, output 2
 Packet size input 128, output 128
 PS 0  PR 0  ACK 0  Remote PR 0  RCNT 0  RNR FALSE
 Retransmits 0  Timer (secs) 0  Reassembly (bytes) 0
 Held Fragments/Packets 0/0
 Bytes 0/0 Packets 0/0 Resets 3/3 RNRs 0/0 REJs 0/0 INTs 0/0

PVC 5,  State D2,  Interface Serial1
 Started 000118, last input never, output never
 PVC <--> Serial0 PVC 1, connected, D-bit allowed
 Window size input 2, output 2
 Packet size input 128, output 128
 PS 0  PR 0  ACK 0  Remote PR 0  RCNT 0  RNR FALSE
 Retransmits 1  Timer (secs) 101  Reassembly (bytes) 0
 Held Fragments/Packets 0/0
 Bytes 0/0 Packets 0/0 Resets 1/0 RNRs 0/0 REJs 0/0 INTs 0/0
2501#

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。 これらのデバッグは新しいデバイスが PVC をはじめて確立するとき得られます。

ルータを自動的に通過する PVC はホストおよびノードが両方行に最初に来るとき再始動を送信 します。 これは正常にアップしたときに再始動 送信 される ホストです。

2501#

Jan 28 113935 Serial0 X25 O R2 RESTART (5) 8 lci 0 cause 0 diag 0
Jan 28 113935 Serial0 X25 I R2 RESTART (5) 8 lci 0 cause 7 diag 0
Jan 28 113935 Serial0 X25 O D2 RESET REQUEST (5) 8 lci 1 cause 0
diag 0
Jan 28 113935 Serial0 X25 I D2 RESET REQUEST (5) 8 lci 1 cause 15
diag 0
%LINK-3-UPDOWN Interface Serial0, changed state to up
%LINEPROTO-5-UPDOWN Line protocol on Interface Serial0, changed state
to up
2501#

関連情報


Document ID: 12498