Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco トークン リング インターフェイス プロセッサ

Ciscoルータ・トークン・リング・インターフェイスのトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco ルータのトークン リング インターフェイスがトークン リングへの挿入に失敗する原因となる一般的な問題の一部について説明します。 トークン リング インターフェイスのトラブルシューティングのために実行する手順をすばやく確認できるフローチャートを示します。 この資料はまた最も広く使われた Cisco IOS のいくつかを説明しますか。 ソフトウェア コマンドおよびそれらをトークンリング インターフェイスについての情報をどのように正常に問題を解決するために収集するのに使用する方法を。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

トークンリング挿入プロセス

正常にステーションがリングに加入する前に起こるトークンリング インターフェイスのトラブルシューティングを実行するために、出来事の順序を理解することは重要です。

ステーションが続行するリングに加入する 5 フェーズが、あります:

  1. ローブのテスト

  2. 物理的 な 挿入およびモニタチェック

  3. 重複アドレスチェック

  4. リング ポーリングの参加

  5. 要求 初期化

ローブのテスト

挿入 プロセスはローブのテストから開始されます。 このフェーズは実際にトークンリング アダプタのトランスミッタおよびレシーバをテストし、アダプタとマルチステーション アクセス ユニット (MAU)間のケーブルをテストします。 MAU は物理的に接続ケーブルをか。ラップしますか。か。受信 ワイヤーに戻る s 送信するネットワーク。 効果はアダプタが MAU にケーブルの上のメディア テスト MAC フレームを送信できることであり、(ラップされるかところに)それ自身に戻って。 このフェーズの間に、アダプタは宛先アドレス 00-00-00-00-00-00 (アダプタの送信元アドレスと)および(両方としてアダプタのアドレスが送信元および宛先含まれている)に丸い突出部メディア テスト MAC フレームをケーブルの上の Duplication Address Test (DAT) MAC フレーム送ります。 ローブのテストが成功する場合、フェーズ1 は完了しました。

物理的 な 挿入およびモニタチェック

フェーズ 2 ではハブ リレーを開くために、ハブ リレーがステーションを開き、リングに接続すれば pH antom 電流は送信 されます。 ステーションはそれからアクティブ モニタ(AM がことを)これらの帯の何れかあるように確認によってあればかどうか確認します:

  • アクティブ モニタ現在の(AMP) MAC フレーム

  • スタンバイ モニタ現在の(SMP) MAC フレーム

  • リング パージ MAC フレーム

これらの帯のどれも 18 秒以内に検出する場合、ステーションは現在のアクティブ モニタがないし、モニタ コンテンション プロセスを開始すると仮定します。 モニタ コンテンション プロセスによって、最も高い MAC アドレスのステーションはアクティブ モニタになります。 コンテンションが 1秒以内に完了しない場合、アダプタは開きません。 アダプタが AM になり、パージを始め、パージ プロセスが 1秒以内に完了しなければ、アダプタは開きません。 アダプタがビーコン MAC フレームか取除ステーション MAC フレームを受信する場合、アダプタは開きません。

重複アドレスチェック

重複アドレスチェック フェーズの一部として、ステーションはそれ自身に当たる一連の二重アドレス MAC フレームを送信します。 ステーションが 1 に Address Recognized Indicator (ARI)および Frame Copied Indicator (FCI)が設定されていると 2 つの帯を受信する場合このアドレスがこのリングの重複であることを、それ取り外しますそれ自身を確認し、開く失敗を報告します。 これはこのチェックがされない場合トークン リングが Locally Administered Addresses (LAAs)を可能にする、および同じ MAC アドレスの 2 個のアダプタで終る可能性がありますので必要です。 このフェーズが 18 秒以内に完了しない場合、ステーションは失敗を報告し、リングからそれ自身を取り外します。

注: ソースルート繋がれたトークンリングネットワークで許されている別のリングに重複したMACアドレスがある場合、これは検出する。 重複アドレスチェックはただローカルで固有です。

リング ポーリングの参加

リング ポーリング フェーズでは、ステーションは NAUN (最も近いアクティブの上流隣接局)のアドレスを学習し、アドレスを最も近い下流近接ルータに認識されているようにします。 このプロセスはリング マップを作成します。 ステーションは 0 に ARI および FCI ビットが設定されていると AMP または SMP フレームを受信するまで待機する必要があります。 それがとき、ステーションは 1 に十分なリソースが利用できれば、反転させ伝達のための SMP フレームを並べます両方のビットを(ARI および FCI)。 そのような帯が 18 秒以内に受信されない場合、ステーションは開く失敗を報告し、リングから挿入解除します。 ステーションがリング ポーリングに成功する場合、挿入の最後の段階に、要求します初期化を続行します。

要求 初期化

要求 初期化フェーズでは、ステーション送信 4 は Ring Parameter Server (RP)の機能アドレスに初期化 MAC フレームを要求します。 リングの RP がない場合アダプタは自身のデフォルト値を使用し、挿入 プロセスの正常な完了を報告します。 アダプタが 1 に ARI および FCI ビットが設定されていると 4 つの要求 初期化 MAC フレームの 1 つを受信する場合応答を 2 秒を待っています。 無応答がある場合、4 回まで再送信します。 現時点で、無応答があれば、それは要求 初期化失敗を報告し、リングから挿入解除します。

これは機能アドレスのリストです:

C000.0000.0001 - Active monitor
C000.0000.0002 - Ring Parameter Server
C000.0000.0004 - Network Server Heartbeat 
C000.0000.0008 - Ring Error Monitor
C000.0000.0010 - Configuration Report Server
C000.0000.0020 - Synchronous Bandwidth Manager 
C000.0000.0040 - Locate Directory Server
C000.0000.0080 - NetBIOS
C000.0000.0100 - Bridge
C000.0000.0200 - IMPL Server
C000.0000.0400 - Ring Authorization Server
C000.0000.0800 - LAN Gateway
C000.0000.1000 - Ring Wiring Concentrator
C000.0000.2000 - LAN Manager

機能アドレスに関する詳細については、IEEE802.5 仕様を参照して下さい。

トラブルシューティング

フローチャート

速いトラブルシューティングの概要のためのこのフローチャートを参照して下さい:

/image/gif/paws/12402/troubleshooting_tr_interfaces.gif

トークンリング インターフェイスにリングに挿入に問題があるとき、チェックする必要がある最初 の 事柄 の 1 つはリングに挿入しているかどうかで既に存在 します。 Yes の場合は、他のソースルートブリッジ(SRB)によって支配される既存のリング数が付いているトークンリング インターフェイスで設定されるリング 番号を一致する必要があります。

注: Ciscoルータは、デフォルトで、ほとんどの IBM ブリッジが 16進法 表記法を使用する一方、10進法式のリング 番号を受け入れます。 従って Ciscoルータでこれを設定する前に 16 進法から小数点に変換をすることを、確かめて下さい。 たとえばリング 番号 0x10 との SRB があれば、そして Ciscoルータの 16 を入力する必要。 また 0x とリング 番号に先行する場合、16 進法で Ciscoルータのトークンリング インターフェイスのリング 番号を入力することができます:

turtle(config)# interface token

turtle(config)# interface tokenring 0

turtle(config-if)# source

turtle(config-if)# source-bridge 0x10 1 0x100

注: 設定を表示するとき、ルータは自動的に十進 表記のリング 番号を表示する。 その結果、十進法リング 番号は Ciscoルータの最も広く使われた形式です。 これは show run コマンドからの関連した部分です:

source-bridge ring-group 256
  interface TokenRing0
  no ip address
  ring-speed 16
  source-bridge 16 1 256

!--- 16 is the physical ring number, 1 is the bridge number or ID,
!--- and 256 is the Virtual Ring number.

  source-bridge spanning

リング 番号を一致する場合、Cisco トークンリング インターフェイスはこれと同じようなメッセージを伝え、停止します:

02:50:25: %TR-3-BADRNGNUM: Unit 0, ring number (6) doesn't match
established number (5).
02:50:25: %LANMGR-4-BADRNGNUM: Ring number mismatch on TokenRing0,
shutting down the interface
02:50:27: %LINK-5-CHANGED: Interface TokenRing0, changed state
to administratively down

か。それからトークンリング インターフェイスの正しい リング 番号を設定しなければなりませんか。か。この場合、5???and はそれから手動で no shutdown コマンドを発行します。

注: ブリッジ番号(かブリッジID)ネットワークの他のブリッジ番号を一致する必要がありません; SRB ネットワークで各デバイスにユニークなルーティング情報フィールド (RIF) パスがある限りネットワーク全体の固有の値か同じブリッジ番号を使用できます。 異なるブリッジ番号を必要とするときに例はの 2 つの平行ブリッジを通して接続される 2 つのリングがある場合です。 この場合、異なるブリッジ番号を使用する失敗は 2 つの異なるパス、同じ RIF 情報という結果に物理的に終ります。

注: source-bridge コマンドを追加するか、または削除するとき、トークンリング インターフェイスを通してこのルータに出入して中断を引き起こすトークンリング インターフェイスは跳ねます。 SRB を設定する方法に関する詳細については知識およびトラブルシューティング Local Source-Route Bridging を参照して下さい。

一致するリング番号と同様、またリング速度が正しく設定されるようにする必要があります; すなわち、4 Mbps または 16 Mbps。 する失敗によりそうリング ビーコンの生成を引き起こし、このリングのネットワーク停止を引き起こします。 リング 番号およびリング速度が正しく設定されるが、トークンリング インターフェイスがそれでもリングに挿入しない場合ケーブルまたは MAU においての問題を除外するのに除去のプロセスを使用して下さい。 ラップ プラグを使用するか、またはアダプタがはたらく MAU に接続されるようにして下さい。 悪いケーブル接続は挿入 プロセスの間に多くのアダプタ問題を引き起こします。 探す 事柄は下記のものを含んでいます:

  • アダプタによって設定される使用は正しいメディア ポート、非シールド ツイストペア線 (UTP) ケーブル、またはシールド ツイスト ペア ケーブル (STP) ケーブルですか。

  • ケーブルはアダプタからハブに完了しました、正しいです実行するか。

  • どのようなメディア フィルタが使用中ですか。 4 Mbps のどんな作業が 16 Mbps で常にはたらかないかことに留意して下さい。

それはようにより多くのステーション挿入出て来るリングに物理層問題があることである可能性があります(たとえば、配線、回線雑音、またはジッタ)。 これにより最近挿入されたアダプタを開始するビーコン引き起こします、およびパージを。 これは他のステーション無しで別の MAU に接続されるときトークンリング インターフェイスがアップする場合除去することができます。 見るためにそれからどんなポイントがでによって失敗に見つけてあげるか順次より多くのステーションを追加できます。 このテストはまたアクティブ モニタ、RP、Configuration Report Server (CRS)、および他のような可能性のある競合問題を除去します。 詳細については LAN Network Manager セクションを参照して下さい。

LAN Network Manager

LAN Network Manager (以前 LAN Manager と呼ばれる LNM、)はソースルートブリッジの収集を管理する IBM 製品です。 LNM は共通管理情報プロトコル(CMIP)のバージョンを LNM ステーション マネージャに話すのに使用します。 LNM はソースルートブリッジネットワークから成り立つトークン リングの全体の収集を監視することを可能にします。 ソースルートブリッジの設定を管理し、トークン リング エラーを監視し、トークン リング パラメータサーバからの情報を収集するのに LNM を使用できます。

4 つを使用するおよび SRB サポートのために LNM が使用する独自 の プロトコル設定される 16 Mbps トークンリング インターフェイス Cisco IOS ソフトウェア リリース 9.0、Ciscoルータ現在。 これらのルータは IBM ブリッジ プログラムが現在提供する機能すべてを提供します。 従って、LNM はルータとそれが IBM ソースルートブリッジ- IBM 8209 のような-で、それはバーチャル リングまたは物理的 な リングであるかどうかルータに接続されたトークン リングを管理するか、または監視できるように通信できます。 LNM は Ciscoルータでデフォルトで有効に なります。 また、これらの非表示 インターフェイスコンフィギュレーションコマンドはデフォルトで有効に なります:

  • [いいえ] lnm crs - CRS はトークン リングの現在のロジカルコンフィギュレーションを監察し、LNM への変更を報告します。 CRS はまたトークン リングのアクティブ モニタの変更のような他のいろいろなイベントを、報告します。

  • [いいえ] lnm rps -どの新しいステーションでもトークン リングに加入し、リングのすべてのステーションは一貫した一組のレポート パラメータを使用するようにする時 RP は LNM に報告します。

  • [いいえ] lnm rem - Ring Error Monitor (REM)はリングのあらゆるステーションによって報告されるエラーを監察します。 さらに、REM はリングが機能か障害状態にあるかどうか監察します。

それらのコマンドはディセーブルにされたら設定だけで目に見えます:

para# config terminal

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

para(config)# interface tokenRing 0

para(config-if)# no lnm crs
para(config-if)# ^Z

これは設定が表示する トークンリング インターフェイス 設定の一部です:

interface TokenRing0
 ip address 192.168.25.18 255.255.255.240
 no ip directed-broadcast
 ring-speed 16
 source-bridge 200 1 300
 source-bridge spanning
 no lnm CRS

トークンリング インターフェイスのトラブルシューティングを実行するので、Ciscoルータの CRS、RP、REM、または他のトークン リング デバイスにおいての競合問題を除外するために 3 をすべてディセーブルにすることは必要であるかもしれません。 一般的なシナリオは同じステーションが現在の他のステーション無しで隔離されたリングに挿入できるのにトークンリング ステーションがリングに挿入しないときあります。 個々のサーバを、このグローバルコンフィギュレーションを用いるルータの RP のような、CRS および REM、またはディセーブル LNM 機能性全体でディセーブルにすることができます:

  • lnm disabled -このコマンドはすべての LNM サーバ 入力およびレポート リンクを終了します。 それは普通 lnm remlnm rps および lnm rps コマンドによって個々のインターフェイスで実行された 機能の上位セットではないです。

LNM をディセーブルにしたらおよびそれが問題を解決したら、既知の不具合に動作していないことを確かめて下さい。 LNM がネットワークで必要とならない場合、それをディセーブルにされて残すことができます。

またルータに接続されるローカル リングにある隔離エラーカウントが見ある、どのステーションがそれらを送信 して いるか見るためにできますかどうかステーションをリストするように Ciscoルータの LNM 機能性を利用:

para# show lnm station

                                              isolating error counts
    station      int    ring  loc.   weight   line  inter burst  ac   abort
0005.770e.0a8c   To0    00C8  0000   00 - N   00000 00000 00000 00000 00000
0006.f425.ce89   To0    00C8  0000   00 - N   00000 00000 00000 00000 00000

注: LNM をディセーブルにする場合、の show lnm コマンド使用できません。

特別 な 関心の show lnm station コマンドから、局 アドレス、リング 番号および報告されたエラーはあります。 フィールドの完全な 説明に関しては、コマンドレファレンスマニュアルの show lnm station コマンドを参照して下さい。

もう一つの useful lnm コマンドは show lnm interface コマンドです:

para# show lnm interface tokenring 0

                                           nonisolating error counts
interface   ring   Active Monitor   SET    dec  lost  cong.  fc   freq. token
To0         0200   0005.770e.0a8c  00200  00001 00000 00000 00000 00000 00000

Notification flags: FE00, Ring Intensive: FFFF, Auto Intensive: FFFF
Active Servers: LRM LBS REM RPS CRS

Last NNIN:   never, from 0000.0000.0000.
Last Claim:  never, from 0000.0000.0000.
Last Purge:  never, from 0000.0000.0000.
Last Beacon: never, 'none' from 0000.0000.0000.
Last MonErr: never, 'none' from 0000.0000.0000.

                                              isolating error counts
    station      int    ring  loc.   weight   line  inter burst  ac   abort
0005.770e.0a8c   To0    00C8  0000   00 - N   00000 00000 00000 00000 00000
0006.f425.ce89   To0    00C8  0000   00 - N   00000 00000 00000 00000 00000

そのコマンドから、直接接続されたリングにある、およびリングのアクティブなサーバすべてできますステーション容易にアクティブ モニタはだれであるか表示(REM、RP、および他のような)。

これらは他の show lnm コマンド オプションです:

show lnm bridge
show lnm config
show lnm ring

Cisco IOS ソフトウェアコマンドの使用

これらはトークンリング インターフェイスのための最も広く使われた Cisco IOSソフトウェア トラブルシューティング コマンドです:

show interfaces tokenring

これらは show interfaces tokenring コマンドの強調表示するです:

ankylo# show interfaces tokenring1/0

TokenRing1/0 is up, line protocol is up
  Hardware is IBM2692, address is 0007.78a6.a948 (bia 0007.78a6.a948)
  Internet address is 1.1.1.1/24
  MTU 4464 bytes, BW 16000 Kbit, DLY 630 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation SNAP, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  ARP type: SNAP, ARP Timeout 04:00:00
  Ring speed: 16 Mbps
  Duplex: half
  Mode: Classic token ring station
  Source bridging enabled, srn 5 bn 1 trn 100 (ring group)
    spanning explorer enabled
  Group Address: 0x00000000, Functional Address: 0x0800001A
  Ethernet Transit OUI: 0x000000
  Last Ring Status 18:15:54  <Soft Error> (0x2000)
  Last input 00:00:01, output 00:00:01, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Queueing strategy: fifo
  Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     27537 packets input, 1790878 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     7704 packets output, 859128 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     1 transitions

Output drops はパケットを廃棄し始める前に出力 メディアが帯を受け入れることができない出力キューが最大値に達するとき引き起こされる場合があり。 Output drops は(特定のリングで既に移動してしまったので)廃棄される探索フレームが output drops カウンターを増分することができるので必ずしも問題を示唆しないかもしれません。

入力 ドロップを、一方では増加することは、深刻である場合もあり、注意深く分析する必要があります。 入力 ドロップは不十分なシステムバッファによって引き起こされる場合があります; 前の show interfaces tokenring1/0 出力の 0 バッファを参照しないで下さい。 show interfaces 出力の増分するノー バッファー カウンターは増分するミスshow buffers 出力のカウンターを関連させ適切なバッファプールは調整される必要があるかもしれません。 詳細についてはすべての Ciscoルータのためのバッファ 調整を参照して下さい。

注: 入出力キューは hold-queue 長さと増やすことができます{で | }コマンド; ただしそれらを増加する前にそれらのキューが最大 ホールド値になぜ達しているか、理由を理解することは重要です。 彼らが再度オーバーフロー する前にだけ hold-queue 最大値を増加するとき、時間を増加することが分るかもしれません。

またスロットル カウンターをチェックする必要があります。 このカウンターは十分に速く保守されないか、または圧倒されるのでことインターフェイスのインプットバッファがきれいになった回数を示します。 通常、エクスプローラ ストームによりスロットル カウンターは増分します場合があります。 ソースルート ブリッシングの設定のセクションを処理している最適化されたエクスプローラsource-bridge explorer-maxrate コマンドを参照すれば。

注: スロットルがある度に、インプットキューのパケットすべてはドロップされます。 これにより低いパフォーマンスを非常に引き起こし、また既存 の セッションを破壊するかもしれません。

遷移は初期化にダウンまたはからへの初期化行くときインターフェイスが状態を変更するとのような発生します。 リセットはインターフェイスが蹴り開始するとき発生します。 リングへのその他のデバイスの挿入によりこれらのカウンターの増加することを引き起こすべきではありませんがによりソフトウェアエラーの数は増加します。 さらに show interface トークン・リング コマンドはドロップ、入力エラー、または出力エラーがないことを示したものでが、あなたリセットおよび遷移の重要な数を参照して下さい、そしてキープアライブはインターフェイスをリセットするかもしれません。

注: トークンリング インターフェイスをクリアするとき、1 基のリセットすれば 2 つの遷移は発生します: 初期化までのからの 1 つの遷移およびからのへの 1 初期化。

最後のリング Status フィールドはリングのための最後のリング ステータスを表示します。 たとえば、0x2000 はソフトウェア エラーを示します。 これは可能 な ステータス 値のリストです:

RNG_SIGNAL_LOSS FIXSWAP(0x8000)
RNG_HARD_ERROR  FIXSWAP(0x4000)
RNG_SOFT_ERROR  FIXSWAP(0x2000)
RNG_BEACON      FIXSWAP(0x1000)
RNG_WIRE_FAULT  FIXSWAP(0x0800)
RNG_HW_REMOVAL  FIXSWAP(0x0400)
RNG_RMT_REMOVAL FIXSWAP(0x0100)
RNG_CNT_OVRFLW  FIXSWAP(0x0080)
RNG_SINGLE      FIXSWAP(0x0040)
RNG_RECOVERY    FIXSWAP(0x0020)
RNG_UNDEFINED   FIXSWAP(0x021F)
RNG_FATAL       FIXSWAP(0x0d00)
RNG_AUTOFIX     FIXSWAP(0x0c00)
RNG_UNUSEABLE   FIXSWAP(0xdd00)

注: ソフトウェアエラー 0x2000 は非常によくある、正常なリング ステータスです。 0x20 はリングが初期化および 00 サブベクトルの長さであることを示します; これはリング ステーションがリングを入力したことを示します。

show controllers トークン・リング

解決するのに使用する次の Cisco IOSソフトウェアコマンドは show controllers トークン・リング コマンドです:

FEP# show controllers tokenring 0/0

TokenRing0/0: state up
  current address: 0000.30ae.8200, burned in address: 0000.30ae.8200

  Last Ring Status: none
    Stats: soft: 0/0, hard: 0/0, sig loss: 0/0
           tx beacon: 0/0, wire fault 0/0, recovery: 0/0
           only station: 0/0, remote removal: 0/0
  Bridge: local 100, bnum 1, target 60
    max_hops 7, target idb: null
  Interface failures: 0

  Monitor state: (active), chip f/w: '000500.CS1AA5 ', [bridge capable]
    ring mode: F00, internal enables:  SRB REM RPS CRS/NetMgr
    internal functional: 0800011A (0800011A), group: 00000000 (00000000)
    internal addrs: SRB: 0288, ARB: 02F6, EXB 0880, MFB: 07F4
                    Rev: 0170, Adapter: 02C4, Parms 01F6
    Microcode counters:
      MAC giants 0/0, MAC ignored 0/0
      Input runts 0/0, giants 0/0, overrun 0/0
      Input ignored 0/0, parity 0/0, RFED 0/0
      Input REDI 0/0, null rcp 0/0, recovered rcp 0/0
      Input implicit abort 0/0, explicit abort 0/0
      Output underrun 0/0, TX parity 0/0, null tcp 0/0
      Output SFED 0/0, SEDI 0/0, abort 0/0
      Output False Token 0/0, PTT Expired 0/0
    Internal controller counts:
      line errors: 0/0,  internal errors: 0/0
      burst errors: 0/0,  ari/fci errors: 0/0
      abort errors: 0/0, lost frame: 0/0
      copy errors: 0/0, rcvr congestion: 0/0
      token errors: 0/0, frequency errors: 0/0
    Internal controller smt state:
      Adapter MAC:     0000.30ae.8200, Physical drop:     00000000
      NAUN Address:    0005.770e.0a87, NAUN drop:         00000000
      Last source:     0000.30ae.8200, Last poll:         0000.30ae.8200
      Last MVID:       0006,           Last attn code:    0006
      Txmit priority:  0003,           Auth Class:        7BFF
      Monitor Error:   0000,           Interface Errors:  0004
      Correlator:      0000,           Soft Error Timer:  00DC
      Local Ring:      0000,           Ring Status:       0000
      Beacon rcv type: 0000,           Beacon txmit type: 0004
      Beacon type:     0000,           Beacon NAUN:       0005.770e.0a87
      Beacon drop:     00000000,       Reserved:          0000
      Reserved2:       0000

ソフトウェアエラー-これはこのインターフェイスによって見られるすべてのソフトウェアエラーの組み合せです。 ソフトウェアエラーは line エラーが、複数のモニタ、ARI および FCI Set エラー、バースト 誤 り、失われたフレーム、破損させたトークン、失われたトークン、循環フレームまたは優先順位 トークン、失われたモニタおよび周波数 エラー含まれています。 詳細についてはソフトウェアエラー 情報を参照して下さい。

ハード エラー-これらはソフトウェア ルーチンによって回復可能のエラーです。 リングは物理的にリセットされました。 詳細については、トークンリングの異常状態のリストを参照して下さい。

モニタ状態: (アクティブ) -コントローラの状態を示します。 有効値はアクティブ失敗非アクティブおよびリセットが含まれています。

SRB REM RP CRS/NetMgr - SRB、REM、RP および CRS がすべてインターフェイスで有効に なることを示します。 詳細については LAN Network Manager セクションを参照して下さい。

また出力で提供される重要な情報はアダプタ MAC およびリング型トポロジーの判別を助ける NAUN アドレスです。 またリング ビーコンNAUN はだれであるか調べることができます; すなわち、ビーコンステーションへの最も近いアクティブの上流隣接局。 これは問題がどこにあるかもしれませんか判別するために開始点を与えます: ビーコンステーション、そのの間にあるケーブルまたはビーコンNAUN。 フィールドの他の説明に関しては、コマンドレファレンスマニュアルの show controllers token を参照して下さい。

debug token events

解決するのに使用する最後の Cisco IOSソフトウェアコマンドは debug token events コマンドです:

1w6d: TR0 starting.
1w6d: %LINK-5-CHANGED: Interface TokenRing0, changed state to initializing
1w6d: TR0 receive SRB_FREE, state=2, if_state=6
1w6d: TR0 receive SRB_FREE, state=2, if_state=7 ring mode = F00

1w6d: TR0: modified open w/ option 1180

1w6d: TR0: Interface is alive, phys. addr 0000.3090.79a0
setting functional address w/ 800011A
setting group address w/ 80000000
ring mode = F00
          
1w6d: TR0: modified open w/ option 1180

1w6d: %LINK-3-UPDOWN: Interface TokenRing0, changed state to up
1w6d: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface TokenRing0,
changed state to up
1w6d: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console

注意 注意:  debug token events はトークン リング イベントおよびないパケットだけを表示するのでルータの最小限の影響があるはずです。 ただし、多くの移行の非常に使用中リングがあれば、ロギングバッファおよび no logging console コマンドを発行することが、そしてルータに物理アクセスをアクセスできること推奨されます。

前の debug token events 出力は Cisco 2500 ルータからあります。 出力は多様なメッセージがある場合がありますに関して与える問題があるかもしれない指導を必要があります。 前例では、それはトークンリング インターフェイスの正常な初期化を示します。 デバッグはまたリング モードグループ アドレスおよび機能アドレスに含まれている情報メッセージが含まれています。

リングモード定義

これらは主 システムからアダプタ ボードに通じるどのモードを使用するインターフェイスが必要があるか示す値、です。 それらはある特定の機能ビットがオンにされる制御し、使用する Command フラグをかどうか制御しますトークン リングに実際に挿入するとき。 リング モードに関しては、これはそれらの数が意味するものです:

前のサンプル デバッグに関しては、リング モードはこれらの意味がある 2 バイト値の 0x0F00 です、:

RINGMODE_LOOPBACK       0x8000
RINGMODE_NO_RINGSTAT    0x4000
RINGMODE_ALL_FRAMES     0x2000
RINGMODE_ALL_LLC        0x1000
RINGMODE_BRIDGE         0x0800  /* status only */
RINGMODE_REM            0x0400  /* be Ring Error Monitor */
RINGMODE_RPS            0x0200  /* be Ring Parameter Server */
RINGMODE_NETMGR         0x0100  /* be Configuration Report Server */
RINGMODE_TBRIDGE        0x0080  /* be a transparent bridge */
RINGMODE_CONTENDER      0x0040  /* be a contender for AMP */
RINGMODE_RS             0x0020  /* listen to ring maintenance MAC frames */
RINGMODE_ALL_MAC        0x0010  /* listen to all MAC frames */
RINGMODE_ETR            0x0008  /* Early Token Release */
RINGMODE_NEED_MAC       0x0730  /* Needs MAC frames */

従ってリング モードはそれらのビット設定の合計です。 0xF00 はブリッジ、Ring Error Monitor、Ring Parameter Server および Configuration Report Server を示します。

オプションとの修正された開いた

これは Cisco によってチップセットの新しい設定行います。 前のサンプル デバッグでは、オプション 1180 との修正された開いた表示できます。 これは左から右へ読み取られる 16 ビット値です。 Ciscoルータはオプションしか、設定なできます。

+  Bit 0 - Open in Wrap: the open adapter is executed without inserting
   phantom drive to allow testing of the lobe.
+  Bit 1 - Disable Hard Error: prevents a change in the Hard Error and
   Transmit Beacon bits causing a Ring Status Change ARB.
+  Bit 2 - Disable Soft Error: prevents a change in the Soft Error bit
   from causing a Ring Status Change ARB.
+  Bit 3 - Pass Adapter MAC frames: Causes adapter class MAC frames
   not supported by the adapter to be passed back as received Frames.
   If this bit is off, these frames are discarded.
+  Bit 4 - Pass Attention MAC frames: Causes attention MAC frames that
   are not the same as the last received attention MAC frame.
+  Bit 5 - reserved: should be 0
+  Bit 6 - reserved: should be 0
+  Bit 7 - Contender: When the contender bit is on, the adapter will
   participate in claim token upon receiving a claim token frame from
   another adapter with a lower source address. If this bit is off the
   adapter will not enter into claim token process if it receives a
   Claim Token MAC frame. The adapter will enter claim token if a need
   is detected regardless of the setting of this bit.
+  Bit 8 - Pass Beacon MAC frames: The adapter will pass the first
   Beacon MAC frame and all subsequent Beacon MAC frames that have a
   change in the source address of the Beacon type.
+  Bit 9 - reserved: should be 0
+  Bit 10 - reserved: should be 0
+  Bit 11 - Token Release: If this bit is set the adapter will not
   operate with early token release. If this bit is 0 the adapter will
   operate with early token release when the selected ring speed is 16
   megabits per second.
+  Bit 12 - reserved: should be 0
+  Bit 13 - reserved: should be 0
+  Bit 14 - reserved: should be 0
+  Bit 15 - reserved: should be 0

オプション 0x1180 に関しては、前の太字のビットを参照して下さい。

機能およびグループ アドレスの設定

前のサンプル デバッグでは、機能アドレスは 800011A とへの設定 され、グループ アドレスは 80000000 とへの設定 されます。

これらは LNM のための属性を報告しています:

REPORT_LRM   0x80000000
REPORT_LBS   0x00000100
REPORT_CRS   0x00000010
REPORT_REM   0x00000008
REPORT_RPS   0x00000002
REPORT_AVAIL 0x8000011a
REPORT_ALL   0x8000011a

キープアライブ

問題が時間を計るためにトークンリング インターフェイスによって送信されるキープアライブを引き起こすトークンリング インターフェイスの乱数の断続的な非挿入および再挿入のようである場合リングは非常に混雑するかもしれません。 キープアライブ {0 を-キープアライブ値を増加する 32767} interface コマンド発行して下さい。 (デフォルト値は 10 秒です。)

tricera(config)# interface tokenring 4/0/0

tricera(config-if)# keepalive 30

注: キープアライブを増加するとき、跳ねることからトークンリング インターフェイスを守るかもしれません; しかしこれはよいネットワーク設計および適切なリング セグメンテーションを取り替えません。

LANアナライザの使用

頻繁に、トークンリングネットワークで直面される問題は再発生間隔の断続的な性質、無作為にです。 これは解決するためにはるかに挑戦的にさせます。 これは低いパフォーマンスを体験するか、またはリングから彼ら自身を瞬間的に取り外しがちであるステーションの乱数がある状況でよくあります。 また、挿入 問題を解決する上記の手法の使用は時々十分な情報を提供しないかもしれません。

問題を狭めるために、トークンリング LAN アナライザが帯をキャプチャ し、分析するために必要となるかもしれません。 アナライザは挿入することを試みているステーションへ隣接した 上流近接 ルータであるはずです。 従ってトークン リング トレースで健全なトークンリングネットワークで探し、期待できることを認知するはずであるもの認知していることは重要です。 トークンリングフレーム 分析はこの資料の範囲を超えてありますが、これらの帯は正常なトークンリング ステーション 挿入のトークン リング トレースで見ると期待するものです:

MAC: Active Monitor Present

!--- Normal ring poll.

MAC: Standby Monitor Present

!--- Normal ring poll.

MAC: Duplicate Address Test

!--- Inserting station sends duplicate address MAC#1 frames.

MAC: Duplicate Address Test

!--- Inserting station sends duplicate address MAC#2 frames.

MAC: Standby Monitor Present
MAC: Report SUA Change

!--- Stored Upstream Address reported to Configuration Report Server
!--- by inserting station.

MAC: Standby Monitor Present

!--- Participate in ring poll by inserting station.

MAC: Report SUA Change

!--- SUA reported by station downstream from inserting station.

MAC: Standby Monitor Present

!--- Normal ring poll.

MAC: Request Initialization

!--- Request ring initialization MAC#1 from Ring Parameter Server.

MAC: Request Initialization

!--- Request ring initialization MAC#2 from Ring Parameter Server.

MAC: Request Initialization

!--- Request ring initialization MAC#3 from Ring Parameter Server.

MAC: Request Initialization

!--- Request ring initialization MAC#4 from Ring Parameter Server.

MAC: Report Soft Error
MAC: Active Monitor Present
MAC: Standby Monitor Present

!--- Station inserted and participating in ring poll.

MAC: Standby Monitor Present

注: 対象の帯だけ示すためにトレースは(フィルタリングされたことコメントを参照して下さい)。 ネットワーク アナライザでそれらのフィールドで含まれている詳細な情報を表示するために、それらの帯は綿密に調べることができます。

またハブ リレーの開始の簡単な行為によって引き起こされたソフトウェアエラーを-バースト 誤 りのような、line エラーは、トークンエラー、リング、失われたフレームエラー削除し-見ることは可能性が高いです。 これらのエラーのプロシージャが問題となるリングを示すことしてと、です挿入 プロセスの間に発生する正常な症状仮定しないで下さい。

、たとえば検知 するために、Neighbor Notification Incomplete (NNI)と呼ばれたりまたはポーリング失敗を鳴らすあ発行された MAC フレームがである他の帯。 このフレームは AMP MAC フレーム前に 7 秒毎に壊れるリングの、ちょうど発行する必要があります。 NNI フレームは正常にリング ポーリング プロセスを完了するために最後のステーションのアドレスが含まれているので重要です。 このステーションからの下流近接ルータは通常原因であり、問題を解決するために下流近接ルータを削除できます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12402