IP : シリアル トンネル(STUN)

フレームリレー上のローカル確認応答でのBSTUNポイントツーポイント設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Bisync シリアル トンネル(BSTUN)機能は、Bisync データリンク プロトコルを使用するデバイスをサポートできるようにします。 このプロトコルにより企業は、別個の Bisync 機能を必要とせずに、システム ネットワーク アーキテクチャ(SNA)およびマルチプロトコル トラフィックをサポートする同じネットワークに Bisync トラフィックを転送できます。 フレーム リレーを使用すると、BSTUN ピアでセッションのローカル終端を提供するためにローカル ACK 機能を使用できます。

この例では、BSTUN ポイントツーポイントはフレーム リレー上のローカル Ackowledgement で設定されます。 show bstun コマンド出力の関連した状態はこの資料で強調表示されます。

: debug bstun packet/event によりおよび debug bsc packet/event コマンドが余分な CPU 利用を引き起こすべきではないがログファイルに出力をコピーするのに logging buffered コマンドが使用されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS に基づいていますか。 ソフトウェア リリース 12.1(5)。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

bstun_p2p_localack_over_fr-01.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

Kilcot
Building configuration 
!
version 12.1
service timestamps debug datetime msec
!
hostname kilcot
!
! 
bstun peer-name 100.1.1.1
bstun protocol-group 72 bsc-local-ack
!
! 
interface Loopback0
ip address 100.1.1.1 255.0.0.0
!
interface Serial0/0
ip address 10.1.1.1 255.0.0.0
encapsulation frame-relay
no ip mroute-cache
frame-relay interface-dlci 16
frame-relay lmi-type ansi
!
interface Serial1/0
no ip address
ip directed-broadcast
encapsulation bstun
no ip mroute-cache
no keepalive
full-duplex
clockrate 9600
bstun group 72
bsc secondary
bstun route all tcp 200.2.2.2
!
!
router rip
network 10.0.0.0
network 100.0.0.0
!
end

パーティ
Building configuration...

version 12.1
! 
service timestamps debug datetime msec
!
hostname party
!
bstun peer-name 200.2.2.2
bstun protocol-group 72 bsc-local-ack
!
!
interface Loopback0
ip address 200.2.2.2 255.255.255.0
! 
interface Serial0
no ip address
encapsulation bstun
load-interval 30
no keepalive
full-duplex
clockrate 9600
bstun group 72
bsc primary
bstun route all tcp 100.1.1.1
!
interface Serial1
ip address 10.1.1.2 255.0.0.0
encapsulation frame-relay IETF
no ip mroute-cache
frame-relay interface-dlci 17
frame-relay lmi-type ansi
!
!
router rip
network 10.0.0.0
network 200.2.2.0
!
end

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を示しています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

  • show bstun

  • show bsc

kilcot#show bsc
BSC local-ack on Serial1/0:
secondary state is CU_Idle.
Control units on this interface:
 
   Poll address: 40. Select address: 60 *CURRENT-CU*
   State is Initializing.
   Tx Counts: 0 frames(total). 0 frames(data). 0 bytes.
   Rx Counts: 3 frames(total). 0 frames(data). 15 bytes.
 
Total Tx Counts: 0 frames(total). 0 frames(data). 0 bytes.
Total Rx Counts: 19 frames(total). 0 frames(data). 59 bytes.

kilcot#show bstun
This peer: 100.1.1.1
 
*Serial1/0  (group 72 [bsc-local-ack])
route transport address         dlci lsap state      rx_pkts tx_pkts   drops
all   TCP       200.2.2.2                 open         1       3        0

party#show bsc
BSC local-ack on Serial0:
primary state is TCU_Polled.
Control units on this interface:
 
   Poll address: 40. Select address: 60 *CURRENT-CU*
   State is Inactive.
   Tx Counts: 126 frames(total). 0 frames(data). 378 bytes.
   Rx Counts: 0 frames(total). 0 frames(data). 0 bytes.
 
Total Tx Counts: 126 frames(total). 0 frames(data). 378 bytes.
Total Rx Counts: 0 frames(total). 0 frames(data). 0 bytes.
 
party#show bstun
This peer: 200.2.2.2
 
*Serial0  (group 72 [bsc-local-ack])
route transport address         dlci lsap state      rx_pkts tx_pkts   drops
all   TCP       100.1.1.1                 open          3       2        0

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

debug bstun packet/event および debug bsc packet/event 出力はログファイルにコピーされました。 このデバッグ 出力を理解する時:

  • Serial Data Incoming (SDI) —同期データ リンク制御(SDLC) インターフェイスから受信されるパケット。

  • Network Data Incoming (NDI) — WAN からカプセル化が解除されしたパケット。

: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

kilcot#show log
Syslog logging: enabled (0 messages dropped, 0 flushes, 0 overruns)
    Console logging: disabled
    Monitor logging: level debugging, 0 messages logged
    Buffer logging: level debugging, 5088 messages logged
    Trap logging: level informational, 70 message lines logged
          
Log Buffer (100000 bytes):

Dec 28 09:43:21.748: BSC: Serial1/0: POLLEE-FSM event:  E_LineUp old_state: CU_Down.  new_state: CU_Idle.
Dec 28 09:43:21.756: BSC: Serial1/0: SDI-rx: Data (5 bytes):   40407F7F2D
Dec 28 09:43:36.756: BSTUN bsc-local-ack: Serial1/0 SDI:   Data:   401100
Dec 28 09:43:36.756: BSTUN: Change state for peer  (all[72])200.2.2.2/1976 (closed->opening)
Dec 28 09:43:36.756: BSC: Serial1/0: POLLEE-FSM  event: E_RxEnq 
Dec 28 09:43:36.760: BSTUN: Change state for peer   (all[72])200.2.2.2/1976 (opening->open wait)
Dec 28 09:43:36.764: %BSTUN-6-OPENING: CONN:  opening peer (all[72])200.2.2.2/1976, 3
Dec 28 09:43:36.792: bsttcpd_connect:  Refreshing tcp_encaps for group 72
Dec 28 09:43:36.792: %BSTUN-6-OPENED: CONN:  peer (all[72])200.2.2.2/1976 opened, [previous state open wait]
Dec 28 09:43:36.792: BSTUN: Change state for  peer (all[72])200.2.2.2/1976 (open wait->open)
Dec 28 09:43:36.844: BSTUN bsc-local-ack:  Serial1/0 NDI: Data:   401400
Dec 28 09:43:36.848: BSC: Serial1/0: NDI-rx:  Data (3 bytes):  401400
Dec 28 09:43:37.640: %SYS-5-CONFIG_I:  Configured from console by vty0

party#show log
Syslog logging: enabled (0 messages 
   dropped, 0 flushes, 0 overruns)
    Console logging: disabled
    Monitor logging: level debugging, 114 messages logged
        Logging to: vty2(114)
    Buffer logging: level debugging, 5199 messages logged
    Trap logging: level informational, 79 message lines logged
          
Log Buffer (100000 bytes):

ec 28 09:48:09.816: %BSTUN-6-PASSIVEOPEN:   passive open 100.1.1.1(11017) -> 1976
Dec 28 09:48:09.836: %BSTUN-6-OPENED: PHDR:  peer (all[72])100.1.1.1/1976 opened, [previous state closed]
Dec 28 09:48:09.836: BSTUN: Change state for  peer (all[72])100.1.1.1/1976 (closed->open)
Dec 28 09:48:09.836: BSTUN bsc-local-ack:  Serial0 NDI: Data:   401100
Dec 28 09:48:09.836: BSC: Serial0: NDI-rx:  Data (3 bytes):  401100
Dec 28 09:48:09.836: BSTUN bsc-local-ack:  Serial0 SDI: Data:   401400
Dec 28 09:48:09.836: BSC: Serial0: SDI-tx:  Data (10 bytes):  37FF32323240407F7F2D

関連情報


Document ID: 12347