IBM テクノロジー : データリンク スイッチング(DLSw)および データリンク スイッチング プラス(DLSw+)

イーサネットへのDLSwwイーサネット設定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この例では、イーサネットにデータリンク スイッチング(DLSw)イーサネットを設定します。

下記のネットワークダイアグラムでは IP接続は存在によっての仮定されます:

  • ネットワーク 132.146.251.0 を指す 132.146.252.0 を指すルータ A およびルータ B のスタティック ルートまたは

  • 設定されるネットワークと動作するダイナミック ルーティング プロトコル。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは次の図に示すネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/12342/dlsw_eth-eth.gif

設定

このドキュメントでは次に示す設定を使用しています。

ルータ A
hostname RouterA
dlsw local-peer peer-id 132.146.252.1
dlsw remote-peer 0 tcp 132.146.251.1
dlsw bridge-group 1
   
interface Ethernet0
 ip address 132.146.252.1 255.255.255.0
 bridge-group 1

interface Serial0
 ip address 132.146.250.2 255.255.255.0
 bandwidth 336

bridge 1 protocol ieee 

ルータ B
hostname RouterB
dlsw local-peer peer-id 132.146.251.1
dlsw remote-peer 0 tcp 132.146.252.1
dlsw bridge-group 1
 
interface Ethernet0
 ip address 132.146.251.1 255.255.255.0
 bridge-group 1

interface Serial0
 ip address 132.146.250.1 255.255.255.0
 bandwidth 336

bridge 1 protocol ieee

注: source-bridge ring-group 文はこの設定で使用されません。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12342