IBM テクノロジー : TN3270 サーバ プロトコル

スタティックなリンクとダイナミックな PU を使用した DLUR および DLUS でのセッション スイッチング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2011 年 10 月 28 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、従属型論理ユニット リクエスタ(DLUR)でのセッション スイッチングを使用する Cisco TN3270 Server と、スタティックなリンクとダイナミックな物理ユニット(PU)を使用する従属型論理ユニット サーバ(DLUS)の設定例を紹介します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

72-a.gif

設定

これはこの設定 例のためにきちんと整っています:

  • Enterprise System Connection(ESCON; エンタープライズ システム接続)Multiple Image Facility(EMIF)メインフレームで Multiple Virtual Storage(MVS)を稼働させる Logical Partition(LPAR; 論理パーティション)を 2 個使用します。

    • LPAR #1: MVS1 システム。 このシステムは、Network Node(NN; ネットワーク ノード)のみとして設定する必要があります。

    • LPAR #2: MVS2 システム。 このシステムは、NN およびプライマリ DLUS として設定する必要があります。

  • エンド ノードとして使用されるルータの拡張分散ネットワーク機能 (APPN)サブシステム無し、Cisco TN3270 サーバ DLUR を除く。

  • Cisco TN3270 Server は DLUS(MVS2)に接続する IP アドレス 172.26.19.99 をリッスンします。

  • Cisco TN3270 Server DLUR の下に、MVS1 および MVS2 接続用のスタティック リンクを設定しています。

  • MVS1 は、Channel To Channel(CTC)リンクを使用して MVS2 に接続します。

  • CTC 上の MVS1 と MVS2 の間で確立される Multi-Path Channel (MPC)によって制御点(CP-CP)接続への制御点はリンクします。 (MVS1 と MVS2 で、Transport Resource List(TRL)および LOCAL メジャー ノードの定義が必要です)。

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

ルータの設定
!
version 11.2
service udp-small-servers
service tcp-small-servers
!
interface TokenRing0/0
 ip address 172.26.7.16 255.255.255.0
 ring-speed 16
!
interface Channel1/0
 csna C010 70                      

!--- This is the Cisco Systems Network Architecture (SNA) connection to MVS1.

 csna C020 71                      

!--- This is the Cisco SNA connection to MVS2.

!
interface Channel1/2
 ip address 172.26.19.98 255.255.255.224
 no keepalive
 lan TokenRing 0
  adapter 1 4000.1241.1000         

!--- This is bound to the TN3270 server.

  adapter 30 4000.aaaa.0000        

!--- This is bound to the MVS1 Cisco SNA connection.

  adapter 31 4000.bbbb.0000        

!--- This is bound to the MVS2 Cisco SNA connection.

 tn3270-server
  dlur NETA.WALL NETA.MVS2         

!--- The DLUR: NETA.WALL and the DLUS: NETA.MVS2.

   lsap token-adapter 1 
    link CPAC  lsap C0   rmac 4000.aaaa.0000 rsap 04
    link MVS2  lsap C0   rmac 4000.bbbb.0000 rsap 04
   pu dlurpup eeeeffff 172.26.19.99
!
router eigrp 109
 network 172.26.0.0
!
line con 0
 exec-timeout 0 0
line aux 0
line vty 0 4
 password cisco
 login
!
end

MVS1 の XCA メジャー ノード: XCAMVS1
MVS1870 VBUILD TYPE=XCA
PR870   PORT   ADAPNO=30,CUADDR=870,SAPADDR=04,MEDIUM=RING,TIMER=60
*
GRP870  GROUP  ANSWER=ON,                                              X
               AUTOGEN=(5,U,P),                                        X
               CALL=INOUT,                                             X
               DIAL=YES,                                               X
               DYNPU=YES,                                              X
               DYNPUFX=CN,                                             X
               ISTATUS=ACTIVE

MVS2 の XCA メジャー ノード: XCAMVS2
MVS871  VBUILD TYPE=XCA
PR871   PORT   ADAPNO=31,CUADDR=871,SAPADDR=04,MEDIUM=RING,TIMER=60
*
GRP871  GROUP  ANSWER=ON,                                              X
               AUTOGEN=(5,U,P),                                        X
               CALL=INOUT,                                             X
               DIAL=YES,                                               X
               DYNPU=YES,                                              X
               DYNPUPFX=CN,                                            X
               ISTATUS=ACTIVE

MVS2 の LU メジャー ノード: LUCPCP
LUGRL    VBUILD TYPE=LUGROUP
DLUSYED  LUGROUP
327802   LU    DLOGMOD=D4C32782,LOGAPPL=NETTESTR,                      X
                MODETAB=ISTINCLM,USSTAB=USSL3270,SSCPFM=USS3270
327804E  LU    DLOGMOD=D4C32784,LOGAPPL=NETTESTR,                      X
               MODETAB=ISTINCLM,USSTAB=USSL3270,SSCPFM=USS3270
@        LU    DLOGMOD=D4C32782,LOGAPPL=NETTMVS2,                      X
               MODETAB=ISTINCLM,USSTAB=USSL3270,SSCPFM=USS3270

!--- The NETTESTR application is on MVS1. 
!--- This is specified with LOGAPPL=NETTESTR.

MVS2 の Switched Network(SWNET)メジャー ノード: SW1TSYSP
SW1TSYS  VBUILD TYPE=SWNET
*
*
TSYSPU   PU    ADDR=02,                                                X
               IDBLK=EEE,IDNUM=EFFFF,                                  X
               ISTATUS=ACTIVE,                                         X
               LUGROUP=DLUSYED,LUSEED=M3270L##,                        X
               PUTYPE=2,DLOGMOD=D4C32784,MODETAB=ISTINCLM,             X
               SSCPFM=USS3270,PACING=8,VPACING=8
M3270L01 LU    LOCADDR=01,LOGAPPL=TSOMVS1 

!--- PU TSYSPU is used for the Cisco TN3270 Server 
!--- session switching connection.

CTC 接続用の MVS1 の TRL ネットワーク ノード: MPCM1ICN
************************************************************************
*  MVS1 READ  CUAS: A60,A70 CTC UNITAD 20,30                           *
*  MVS2 WRITE CUAS: B20,B30 CNC UNITAD 20,30                           *
*  MVS1 WRITE CUAS: B40,B50 CNC UNITAD 00,10                           *
*  MVS2 READ  CUAS: A00,A10 CTC UNITAD 00,10                           *
************************************************************************

MPCM1ICN VBUILD TYPE=TRL
MPCM1M2  TRLE  LNCTL=MPC,MAXBFRU=16,                                   X
               READ=(A60,A70),                                         X
               WRITE=(B40,B50)

CTC 接続用の MVS1 の LOCAL メジャー ノード: TRLM1ICN
TRLM1ICN VBUILD TYPE=LOCAL
*       XID=YES,HPR=YES FOR NN ONLY
TRLM1PU1 PU    TRLE=MPCM1M2,                                           X
               ISTATUS=ACTIVE,VPACING=0, *XID=YES,HPR=YES              X
               SSCPFM=USSSCS,CONNTYPE=APPN,CPCP=YES

CTC 接続用の MVS2 の TRL ネットワーク ノード: MPCM2NN
************************************************************************
*  MVS1 READ  CUAS: A60,A70 CTC UNITAD 20,30                           *
*  MVS2 WRITE CUAS: B20,B30 CNC UNITAD 20,30                           *
*  MVS1 WRITE CUAS: B40,B50 CNC UNITAD 00,10                           *
*  MVS2 READ  CUAS: A00,A10 CTC UNITAD 00,10                           *
************************************************************************

MPCM2NN  VBUILD TYPE=TRL
MPCM2M1  TRLE  LNCTL=MPC,MAXBFRU=16,
               READ=(A00,A10),
               WRITE=(B20,B30)

CTC 接続用の MVS2 の LOCAL メジャー ノード: TRLM2NN
TRLM2NN  VBUILD TYPE=LOCAL
*******      USE XID=YES,HPR=YES  IF OTHER MVS IS NN
TRLM2PU1 PU    TRLE=MPCM2M1,                                           X
               ISTATUS=ACTIVE,VPACING=0,  *XID=YES,HPR=YES,            X
                SSCPFM=USSSCS,CONNTYPE=APPN,CPCP=YES

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12329