IBM テクノロジー : ワークステーション用共通リンク アクセス(CLAW)

MVS と OS/390 の設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2005 年 8 月 30 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Multiple Virtual Storage(MVS)および OS/390 の設定について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

MVS へのログイン

MVS にログインするには、次の手順を実行します。

通常、最初のログイン プロンプトは次のように表示されます。

IKJ56700A ENTER USERID - CEMVS1
  1. このプロンプトが表示されたら、このセッションで使用するユーザ ID を入力します。

  2. 次の Time Sharing Option Extensions(TSO/E)ログオン パネルが表示されたら、パスワードだけを入力して Return キーを押します。

    -------------------------------------------------------------------------------
    ------------------------------- TSO/E LOGON -----------------------------------
    
    
        Enter LOGON parameters below:
    
        Userid    ===> CEMVS1
    
        Password  ===>
    
        Procedure ===> IKJACCNT
    
        Acct Nmbr ===>
    
        Size      ===> 4096
    
        Perform   ===>
    
        Command   ===>
    
        Enter an 'S' before each option desired below:
                -Nomail         -Nonotice        -Reconnect        -OIDcard
    
     PF1/PF13 ==> Help    PF3/PF15 ==> Logoff    PA1 ==> Attention    PA2 ==> Reshow
    ----------------------------------------------------------------------------------

    状況依存 の ヘルプを要求するためにあらゆる入力フィールドで疑問符を(か。)入力して下さい。

  3. オプションを選択します。

    選択をするために、パネルの参照ラベルを後コマンド プロンプト(「===>」を『Option』 を選択 して下さい)入力した、Return を押して下さい。

    -------------------------------------------------------------------------------
    
                          BIG COMPANY INC. INFORMATION SERVICES
     Select Option ===>
    
     --- PDF Functions ---       --- Local Functions ---     - End User Functions -
    
     0   Parms                  L0   SMP/E                  U0   Info Center
     1   Browse                 L1   IPCS                   U1   NetView Inst. Facl.
     2   Edit                   L2   SDSF
     3   Utilities              L3   ISMF
     4   Foreground             L4   Info Center (Admin)
     5   Batch                  L5   Hardware Definition
     6   Command                L6   APPC/MVS Admin
     7   Dialog Test            L7   TPNS
     8   LM Utilities
     10  SCLM
     C   Changes
     T   Tutorial
    
    
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=RFIND     F6=RCHANGE
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    
    
    -------------------------------------------------------------------------------

    注: このドキュメントの手順は、大部分の実装で表示される最初のパネルに基づくものです。

    この TSO パネルと他の TSO パネルは大幅に異なる場合があります。 パネルはユーザ部門によって異なります。 「MVS へのログイン」の手順 3 で示したパネルの PDF Functions の下に表示されているような選択肢が見つからない場合は、PDF または ISPF と記載されている選択肢をパネル上で探して選択します。

    注: MVS へのログイン」の手順 3 で示したパネルの下部の Program Function(PF; プログラム ファンクション)キーの選択肢がパネルに表示されない場合は、コマンドラインで PFSHOW ON と入力して Return キーを押すと、表示されます。

    先のパネルに進んでから、この最初のパネルに戻るには、F3 キーまたは「End」に対応する PF キーを押します。 End に対応する PF キーを押すと 1 つ前のパネルに戻ります。

TCP/IP の実行状況の確認

TCP/IP が実行されているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. 最初のパネルで SDSF オプションを選択し、System Display and Search Facility(SDSF)パネルを表示します。 この例では、L2 を選択します。

    注: 現在のユーザ部門で SDSF を使用していない場合は、Interactive Operator Facility(IOF)のオプションである可能性があります。 IOF の実装は SDSF と似ています。

    -------------------------------------------------------------------------------
    
                          BIG COMPANY INC. INFORMATION SERVICES
     Select Option ===> L2
    
     --- PDF Functions ---       --- Local Functions ---     - End User Functions -
    
     0   Parms                  L0   SMP/E                  U0   Info Center
     1   Browse                 L1   IPCS                   U1   NetView Inst. Facl.
     2   Edit                   L2   SDSF
     3   Utilities              L3   ISMF
     4   Foreground             L4   Info Center (Admin)
     5   Batch                  L5   Hardware Definition
     6   Command                L6   APPC/MVS Admin
     7   Dialog Test            L7   TPNS
     8   LM Utilities
     10  SCLM
     C   Changes
     T   Tutorial
    
    
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=RFIND     F6=RCHANGE
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    
    
    -------------------------------------------------------------------------------
    
    
    
    

    次に SDSF メニュー パネルが表示されます。

    -------------------------------------------------------------------------------
    V1R3M3 ------------------  SDSF PRIMARY OPTION MENU  --------------------------
     COMMAND INPUT ===>                                            SCROLL ===> PAGE
    
      Type an option or command and press Enter.
    
         LOG       - Display the system log
         DA        - Display active users of the system
         I         - Display jobs in the JES2 input queue
         O         - Display jobs in the JES2 output queue
         H         - Display jobs in the JES2 held output queue
         ST        - Display status of jobs in the JES2 queues
         PR        - Display JES2 printers on this system
         INIT      - Display JES2 initiators on this system
    
         TUTOR     - Short course on SDSF (ISPF only)
         END       - Exit SDSF
    
         Licensed Materials - Property of IBM
     
         5665-488 (C) Copyright IBM Corp. 1981, 1992. All rights reserved.
         US Government Users Restricted Rights - Use, duplication or
         disclosure restricted by GSA ADP Schedule Contract with IBM Corp.
    
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=IFIND     F6=FIND '-
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    F12=RETRIEVE
     -------------------------------------------------------------------------------
    
    
    
    
  2. 次のいずれかの方法で、TCP/IP が実行されているかどうかを確認します。

オプション 1:Display Active(DA)コマンドを使用する

TCP/IP が実行されているかどうかを確認するため、アクティブな TCP/IP プロセスを表示します。 次の手順に従ってください。

  1. DA を選択して、システムのアクティブ ユーザを表示します。

  2. DA パネルが表示されたら、コマンド入力行で prefix tcpip* と入力します。

    これにより、リストに TCP/IP プロセスだけが表示されるようになります。 複数の TCP/IP スタックが実行されている場合、複数のエントリが表示されます。 エントリが何も表示されない場合、TCP/IP が実行されていない可能性があります。 TCP スタックの命名規則に制限はないので、別の名前で実行されている可能性もあります。

    -------------------------------------------------------------------------------
    SDSF DA CPAC  PAGING    1  SIO    19  CPU  96%         LINE 1-1 (1)
     COMMAND INPUT ===> prefix tcpip*                               SCROLL ===> PAGE
     NP JOBNAME  STEPNAME PROCSTEP JOBID    OWNER    C POS DP PGN REAL PAGING    SIO
        TCPIP    TCPIP    TCPIP    STC05793 ++++++++   NS  71   5  483   0.00   0.00
    
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=IFIND     F6=FIND '-
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    F12=RETRIEVE
    -------------------------------------------------------------------------------
    

オプション 2:TSO コンソールでコマンド エントリを表示する

TCP/IP が実行されているかどうかを確認するため、TSO コンソールでコマンド出力を表示できます。 次の手順に従ってください。

  1. Log を選択して、システム ログ(syslog)ファイルを表示します。

    次のような画面が表示されます。

    -------------------------------------------------------------------------------
     SDSF SYSLOG   5636.109 CPAC DATE 12/08/94 LINE   1,240  COLUMNS   1  80
     COMMAND INPUT ===>                                            SCROLL ===> PAGE
    N 0000000 CPAC     94342 12:59:21.24 STC05835 00000010  ITP050I NO NETWORKS INIT
    N 4000000 CPAC     94342 12:59:22.67          00000001  IST530I  AM GBIND   PEND
    N 4000000 CPAC     94342 12:59:22.69          00000001  IST1051I  EVENT CODE = 0
    N 4000000 CPAC     94342 12:59:22.71          00000010  IST1062I  EVENT ID = 000
    N 4000000 CPAC     94342 12:59:22.76          00000001  IST314I  END
    NC0000000 CPAC     94342 12:59:52.97 TSU05843 00000210  F TCPIP,DFLTAPPL,TSO
    N 4040000 CPAC     94342 12:59:53.35 STC05793 00000010  MVPMVP079I MVP Default A
    N 4000000 CPAC     94342 13:00:20.47 STC05849 00000010  ERB101I ZZ : REPORT AVAI
    N 4040000 CPAC     94342 13:01:01.11          00000010  CSV210I LIBRARY LOOKASID
    N 0200000 CPAC     94342 13:01:35.64 TSU05843 00000010  $HASP150 MILROY2  OUTGRP
    N 0200000 CPAC     94342 13:01:50.54          00000010  $HASP160 PRT1     INACTI
    N 4000000 CPAC     94342 13:02:25.26          00000001  IST530I  AM GBIND   PEND
    N 4000000 CPAC     94342 13:02:25.36          00000001  IST1051I  EVENT CODE = 0
    N 4000000 CPAC     94342 13:02:27.49          00000010  IST1062I  EVENT ID = 000
    N 4000000 CPAC     94342 13:02:27.53          00000001  IST314I  END
    N 4000000 CPAC     94342 13:03:01.88          00000001  IST590I  CONNECTIN  ESTA
    N 0000000 CPAC     94342 13:03:12.44 TSU05843 00000210  IEA630I  OPERATOR MILROY
    NC0000000 CPAC     94342 13:03:15.24 MILROY2  00000210  F T,Q
    NR0000000 CPAC     94342 13:03:16.04 TSU05843 00000010  IEE345I MODIFY   AUTHORI
    N 4000000 CPAC     94342 13:03:28.44          00000010  IST380I  ERROR FOR ID =
    0100000 CPAC     00.18.50 STC05659 @05 ITP904E ITPECHO: ENTER NEW PARMS, 'U' OR
    8000000 CPAC     19.56.40          *04 DSI803A CNM01    REPLY INVALID. REPLY WIT
    ******************************** BOTTOM OF DATA ********************************
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=IFIND     F6=FIND '-
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    F12=RETRIEVE
    -------------------------------------------------------------------------------
    
  2. システム メッセージを表示するには、F11 キーまたは「Right」に対応する PF キーを押します。

    syslog には、オペレータのコンソールに出力されるコマンド出力とシステム メッセージがすべて記録されます。 *** Bottom of Data *** という行が表示されない場合は、コマンド入力プロンプトで M と入力し、「Down」に対応する PF キー(この場合は F8 キー)を押します。

  3. 終了したら、コマンド入力プロンプトで /D A,L コマンドを発行します。 コマンドの前にスラッシュ記号(/)を入力する必要があります。

    このコマンドにより、MVS システムで実行中のすべてのジョブが表示されます。

  4. syslog 画面は自動的にアップデートしません; 表示コマンドからの出力を見るまで「」のための Pf キーを押して下さい(この場合、F8)。

    次のような出力が表示されます。

    -------------------------------------------------------------------------------
     SDSF SYSLOG   5636.109 CPAC DATE 12/08/94 LINE   1,240  COLUMNS   1  80
     COMMAND INPUT ===>                                            SCROLL ===> PAGE
    0210  D A,L
    0010  IEE114I 13.04.13 94.342 ACTIVITY 884
    0010   JOBS     M/S    TS USERS    SYSAS    INITS   ACTIVE/MAX VTAM     OAS
    0010  00001    00016    00012      00018    00009    00012/00025       00000
    0010   LLA      LLA      LLA      NSW  S  CNMNET   CNMNET   NET      NSW  S
    0010   VLF      VLF      VLF      NSW  S  CNMPROC  CNMPROC  NETVIEW  NSW  S
    0010   CNMPSSI  CNMPSSI  NETVIEW  NSW  S  APPC     APPC     APPC     NSW  S
    0010   ASCH     ASCH     ASCH     NSW  S  JES2     JES2     IEFPROC  NSW  S
    0010   TSO      TSO      STEP1    OWT  S  TPNSECHO TPNSECHO ITPECHO  OWT  S
    0010   TPNSECHS TPNSECHS ITPECHO  OWT  S  TCPIP    TCPIP    TCPIP    NSW  S
    0010   FTPSERVE FTPSERVE FTPSERVE NSW  S  TPNS2    T        GO       IN   S
    0010   RMF      RMF      IEFPROC  NSW  S  RMFGAT   RMFGAT   IEFPROC  NSW  S
    0010   ACCEPT   S1                IN   J
    0010  CISCO02 OWT      LARRYP  OWT      LEP01   OWT      DSHIM   OWT
    0010  VRAWAT  OWT      CISCO03 OWT      GLENN   OWT      CISCO06 OWT
    0010  MILROY2 OWT      MURRAY1 OWT      CEMVS1  OWT      MURRAY2 OWT
    ******************************** BOTTOM OF DATA ********************************
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=IFIND     F6=FIND '-
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    F12=RETRIEVE
    -------------------------------------------------------------------------------
    

    このマシンで TCP/IP が実行されていることが確認できます。

    この方法を使用するシステム情報の入手は、システム コンソールでの操作に類似しています。 ただし、この方法の場合、コマンドをシステムに反映させるために、コマンドの前にスラッシュ記号(/)を入力する必要があります。 また、この方法では画面が自動的には更新されません。

TCP/IP プロファイルの編集と閲覧

TCP/IP プロファイルを編集するには、事前に次の情報を確認しておく必要があります。

  • TCP/IP プロファイルのデータ セット名。

  • TCP/IP プロファイルのデータ セットがカタログされているかどうか。 されていない場合は、プロファイルの存在する Direct Access Storage Device(DASD)の Volume Serial Number(VOLSER)を確認する。

  • 自分に TCP/IP プロファイルの変更権限があるかどうか。

これらの情報を確認したうえで、次の手順に進みます。

  1. オプション 3 を選択して Utilities パネルに移動し、オプション 4 を選択して Data Set List Utility パネルに移動します。

    次のようなパネルが表示されます。

    -------------------------------------------------------------------------------
    --------------------------- DATA SET LIST UTILITY -----------------------------
     OPTION  ===>
    
       blank - Display data set list *          P  - Print data set list
       V     - Display VTOC information only    PV - Print VTOC information only
    
     Enter one or both of the parameters below:
       DSNAME LEVEL  ===> 
       VOLUME        ===>
    
    
       INITIAL DISPLAY VIEW     ===> VOLUME   (VOLUME,SPACE,ATTRIB,TOTAL)
       CONFIRM DELETE REQUEST   ===> YES      (YES or NO)
    
     * The following line commands will be available when the list is displayed:
    
     B - Browse data set      C - Catalog data set      F - Free unused space
     E - Edit data set        U - Uncatalog data set    = - Repeat last command
     D - Delete data set      P - Print data set
     R - Rename data set      X - Print index listing
     I - Data set information M - Display member list
     S - Information (short)  Z - Compress data set     TSO cmd, CLIST or REXX exec
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=IFIND     F6=FIND '-
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    F12=RETRIEVE
    -------------------------------------------------------------------------------
    

    TCP/IP プロファイル用のデータ セット名は、ピリオド(.)で区切られた複数のデータ セット名修飾子で構成されます。 最初の修飾子がディレクトリで、最後の修飾子がそのディレクトリ内のファイル名と考えてください。 「DSName Level」プロンプトで修飾子を入力すると、その修飾子で始まるすべてのデータ セットが表示されます。 したがって、完全なデータ セット名を入力した場合、ファイルは 1 つしか表示されません。

  2. DSName Level プロンプトの後に、データ セット名修飾子を入力します。

    「TCPIP」(最上位レベルの修飾子)だけを入力した場合、次のような出力が表示されます。

    -------------------------------------------------------------------------------
     DSLIST - DATA SETS BEGINNING WITH TCPIP ---------------- CHARS 'PROFILE' FOUND
     COMMAND ===>                                                  SCROLL ===> PAGE
    
     COMMAND      NAME                                      MESSAGE          VOLUME
     -------------------------------------------------------------------------------
              TCPIP.V2R2M1.PROFILE.TCPERROR                                  CSCNCP
     E        TCPIP.V2R2M1.PROFILE.TCPIP                                     CSCCAT
              TCPIP.V2R2M1.SEZACMAC                                          CSRES1
              TCPIP.V2R2M1.SEZACMTX                                          CSRES1
              TCPIP.V2R2M1.SEZADBRM                                          CSRES1
              TCPIP.V2R2M1.SEZADPIL                                          CSRES1
              TCPIP.V2R2M1.SEZADSIL                                          CSRES1
              TCPIP.V2R2M1.SEZADSIM                                          CSRES1
              TCPIP.V2R2M1.SEZADSIP                                          CSRES1
              TCPIP.V2R2M1.TELNETSE.TCPXLBIN                                 CSCCAT
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=RFIND     F6=RCHANGE
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    F12=RETRIEVE
    -------------------------------------------------------------------------------

    注: これは、高レベル修飾子「TCPIP」で始まるすべてのデータ セット名のリストです。 特定の TCP/IP プロファイルを表示するには、この画面の Command フィールドに B または E を入力して、プロファイルを選択します。

    • B と入力した場合、TCP/IP プロファイルを閲覧できますが変更はできません。

    • E と入力した場合、自分に編集権限があれば TCP/IP プロファイルを編集できます。 TCP/IP プロファイルに加えた変更は、「Exit」に対応する PF キーを押したときに保存されます。

      保存する予定のない変更を加えてしまった場合は、Command プロンプトの後に cancel と入力します。

CHPID がオンラインかどうかの確認

次の手順を実行し、Channel Path Identifier(CHPID)がオンラインかどうかを確認します。

  1. システム コンソールから、コマンド D M=DEV(XXX)を発行します(XXX は確認対象のデバイス番号)。

    次のような出力が表示されます。

    0210  D M=DEV(580)
    0010  IEE174I 12.48.28 DISPLAY M 813
    0010  DEVICE 580   STATUS=ONLINE
    0010  CHP                   05 15 25 35
    0010  PATH ONLINE           Y  Y  Y  Y 
    0010  CHP PHYSICALLY ONLINE Y  Y  Y  Y
    0010  PATH OPERATIONAL      N  Y  N  N
  2. 確認する CHPID 番号を探して、行 CHP Physically Online を見つけます。

    CHP Physically Online 出力に、CHPID がオンラインかオフラインかの情報があります。 この例にある「Y」の表示を確認します。

パスがオンラインかどうかの確認

特定のデバイスのパスがオンラインかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. システム コンソールから、コマンド D M=DEV(XXX)を発行します(XXX は確認対象のデバイス番号)。

    次のような出力が表示されます。

    0210  D M=DEV(580)
    0010  IEE174I 12.48.28 DISPLAY M 813
    0010  DEVICE 580   STATUS=ONLINE
    0010  CHP                   05 15 25 35
    0010  PATH ONLINE           Y  Y  Y  Y 
    0010  CHP PHYSICALLY ONLINE Y  Y  Y  Y
    0010  PATH OPERATIONAL      N  Y  N  N
  2. 確認する CHPID 番号を探して、行 Path Online を見つけます。

    Path Online 出力に、パスがオンラインかオフラインかの情報があります。 この例にある「Y」の表示を確認します。

デバイスがオンラインかどうかの確認

デバイスがオンラインだったかどうか確認するために、コマンド D U を、システムコンソールからの XXX,2 発行して下さい。 (XXX はワークステーション[CLAW]デバイスのための 2 よくあるリンク アクセスの第一号を示します。)

次のような出力が表示されます。

0210  D U,,,580,2
0010  IEE450I 12.50.16 UNIT STATUS 817
0010  UNIT TYPE STATUS  VOLSER VOLSTATE   UNIT TYPE STATUS  VOLSER VOLSTATE
0010  580  CTC  O                         581  CTC  O

Status フィールドの出力には、次のいずれかが表示されます。

出力 定義
O [オンライン]
OFFLINE Offline
A 割り当て済み(TCP/IP などのシステム アプリケーションに割り当て済み)
A-BSY 割り当て済みビジー(TCP/IP などのシステム アプリケーションに割り当てられ、現在使用中)

CHPID のオンライン/オフラインの切り替え

CHPID オンラインを変えるために、コマンド CF CHP(XX)を、システムコンソールからのオンライン発行して下さい。 (XX は変えられたオンラインである CHPID です。) コマンドの出力を待って、コマンドが正常に終了することを確認します。

CHPID をオフラインに変更するには、同じように、コマンド CF CHP(XX),OFFLINE を発行します

パスのオンライン/オフラインの切り替え

パスをデバイス オンラインに変えるために、コマンド V PATH (XXX-YYY, ZZ)を、システムコンソールからのオンライン発行して下さい。 (XXX は 2 つの CLAW デバイスの第一号です、YYY は CLAW デバイスの第 2 であり、ZZ は変えられたオンラインであるパスです。) コマンドの出力を待って、コマンドが正常に終了することを確認します。

デバイスへのパスをオフラインに変更するには、同じように、コマンド V PATH(XXX-YYY,ZZ),OFFLINE を発行します。

デバイスのオンライン/オフラインの切り替え

デバイス オンラインを変えるために、コマンド V XXX-YYY をシステムコンソールからのオンライン発行して下さい。 (XXX は 2 つの CLAW デバイスの第一号であり、YYY は CLAW デバイスの第 2 です。) コマンドの出力を待って、コマンドが正常に終了することを確認します。

デバイスをオフラインに変更するには、同じように、コマンド V XXX-YYY,OFFLINE を発行します。

CIP のステータス確認

Channel Interface Processor(CIP)のステータスを確認するには、次の手順を実行します。

  1. 最初のパネルで、コマンド パネルに移動するオプション(この例では 6)を選択します。

    -------------------------------------------------------------------------------
    
                         CISCO SYSTEMS INC. INFORMATION SERVICES
     Select Option ===> 6
    
     --- PDF Functions ---       --- Local Functions ---     - End User Functions -
    
     0   Parms                  L0   SMP/E                  U0   Info Center
     1   Browse                 L1   IPCS                   U1   NetView Inst. Facl.
     2   Edit                   L2   SDSF
     3   Utilities              L3   ISMF
     4   Foreground             L4   Info Center (Admin)
     5   Batch                  L5   Hardware Definition
     6   Command                L6   APPC/MVS Admin
     7   Dialog Test            L7   TPNS
     8   LM Utilities
     10  SCLM
     C   Changes
     T   Tutorial
    
    
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=RFIND     F6=RCHANGE
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    
    
    -------------------------------------------------------------------------------

    TSO Command Processor パネルが表示されます。

    -------------------------------------------------------------------------------
    -------------------------  TSO COMMAND PROCESSOR  -----------------------------
     ENTER TSO COMMAND, CLIST, OR REXX EXEC BELOW:
    
     ===> netstat devlinks
    
    
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=RFIND     F6=RCHANGE
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    F12=RETRIEVE
    -------------------------------------------------------------------------------
    
  2. コマンド netstat devlinks を「===>」プロンプトの後で発行し、Return を押して下さい。

    応答情報が画面に直接表示されます。 「***」と表示されたら、Return キーを押します。

    注:  「***」はです同等と「--More--」というエラー メッセージが表示されます。

    -------------------------------------------------------------------------------
    -------------------------  TSO COMMAND PROCESSOR  -----------------------------
     ENTER TSO COMMAND, CLIST, OR REXX EXEC BELOW:
    
     ===> netstat devlinks
    
     MVS TCP/IP Netstat V2R2.1
    
    
     Device CIP1              Type: CLAW        Status: Ready
     Queue size: 0            Address: 0580
        Link CHIP1            Type: IP          Net number: 1
    
     ***
    
      F1=HELP      F2=SPLIT     F3=END       F4=RETURN    F5=RFIND     F6=RCHANGE
      F7=UP        F8=DOWN      F9=SWAP     F10=LEFT     F11=RIGHT    F12=RETRIEVE
    -------------------------------------------------------------------------------

    この出力には CLAW デバイスのステータスと、CIP に関連するその他の情報が含まれています。

    netstat コマンドに関する詳細については、『netstat コマンドの出力例』を参照してください。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12326