IP : シリアル トンネル(STUN)

debug stun packet コマンドからの SDI および NDI の説明

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

SDI
NDI

概要

この資料は Serial Data Input (SDI)および Network Data Input (NDI)の定義をデバッグで見られたとき、次 STUN 仮想マルチポイントの設定Verify セクション提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

SDI

ローカル Serial Tunneling (STUN) カプセル化されたインターフェイスによってソースをたどられ、シリアル、直接の、または TCP カプセル化に向かう SDI はパケットを表します。

NDI

シリアル、直接の、または TCP カプセル化によってネットワークに出くわした表し、STUN カプセル化されたインターフェイスに向かいます NDI はパケットを。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12303