IP : シリアル トンネル(STUN)

STUN ダイレクト カプセル化の設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、シリアル トンネル(STUN)のダイレクト カプセル化の設定例を紹介します。 show stun コマンドの出力における関連のある状態および debug コマンドの出力における状態の変更は、このドキュメントの「確認とトラブルシューティング」の項に記載されています。

debug stun packet によりおよび debug stun event コマンドが過度のCPU利用を引き起こすべきではないがログファイルに出力をコピーするのに logging buffered コマンドが使用されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS に基づいていますか。 Stun configuration のための IBM 機能が付いているソフトウェア リリース 12.0(8)。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/12277/19_a.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

Cloclo
cloclo# show run

Building configuration...
Current configuration:
!
version 12.0
no service pad
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
no service password-encryption
!
hostname cloclo
!
boot system flash rsp-jsv-mz.120-8
logging buffered 64000 debugging
no logging console
enable password cisco
!
microcode CIP flash slot0:cip27-3
microcode reload
ip subnet-zero
no ip domain-lookup
ip cef
!
!
stun peer-name 10.10.10.10
stun protocol-group 2 sdlc
!
!
!
!
interface Loopback0
 ip address 10.10.10.10 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
!
interface Serial0/0
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 encapsulation stun
 no ip mroute-cache
 clockrate 9600
 stun group 2
 stun route address 1 interface Serial0/1
!
interface Serial0/1
 ip address 10.2.1.1 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
 no ip mroute-cache
!

!--- Output suppressed.

!
interface Ethernet1/0
 ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
 no ip mroute-cache
 shutdown
!

!--- Output suppressed.

!
router eigrp 100
 network 10.0.0.0
!
ip classless
!
!
!
line con 0
 exec-timeout 0 0
 transport input none
line aux 0
line vty 0 4
 password cisco
 login
!
end
cloclo#

フェアバンクス
fairbanks# show run

Building configuration...
Current configuration:
!
version 12.0
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
no service password-encryption
!
hostname fairbanks
!
boot system flash
 logging buffered 64000 debugging
no logging console
enable password cisco
!
ip subnet-zero
!
!
stun peer-name 10.20.20.20
stun protocol-group 2 sdlc
!
!
!
!
interface Loopback0
 ip address 10.20.20.20 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
!
interface Ethernet0
 ip address 10.1.1.2 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
 shutdown
 media-type 10BaseT
!
interface Ethernet1
 ip address 172.17.240.12 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
 shutdown
 media-type 10BaseT
!
interface Serial0
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 encapsulation stun
 no ip mroute-cache
 clockrate 9600
 stun group 2
 stun route address 1 interface Serial2
!

!--- Output suppressed.

!
interface Serial2
 ip address 10.2.1.2 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
 clockrate 19200
!

!--- Output suppressed.

!
router eigrp 100
 network 10.0.0.0
!
ip classless
!
!
!
line con 0
 exec-timeout 0 0
 transport input none
line aux 0
line vty 0 4
 login
!
end
fairbanks#

確認

このセクションでは、設定が正しく動作していることを確認するための情報が提供されています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

両方のルータのための show stun コマンド出力はこのセクションで示されています。 各ルータの STUN 状態が開いていることを示します。 また、受け取り パケット(rx_pkts)と伝送パケット(tx_pkts)のためのカウンターは show stun コマンドを発行することいつも増分します。

cloclo# show stun

This peer: 10.10.10.10
  *Serial0/0  (group 2 [sdlc])
                             state       rx_pkts   tx_pkts     drops    poll
1     IF  Serial0/1        open             4510      4513         0
fairbanks# show stun

This peer: 10.20.20.20
  *Serial0  (group 2 [sdlc])
                             state       rx_pkts   tx_pkts     drops    poll
1     IF  Serial2          open             2260      2257         0

fairbanks# show stun

This peer: 10.20.20.20
  *Serial0  (group 2 [sdlc])
                             state       rx_pkts   tx_pkts     drops    poll
1     IF  Serial2          open             2270      2267         0

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を紹介します。

トラブルシューティングのためのコマンド

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • debug stun packet — STUN リンクを移動するパケットについての情報を表示する。

  • debug stun event — STUN 接続およびアクティビティを表示する。

STUN アクティベーションの間のデバッグ キャプチャ

cloclo# show log

Syslog logging: enabled (0 messages dropped, 0 flushes, 0 overruns)
    Console logging: disabled
    Monitor logging: level debugging, 0 messages logged
    Buffer logging: level debugging, 232 messages logged
    Trap logging: level informational, 43 message lines logged

Log Buffer (64000 bytes):

!--- These timestamped lines each appear on one line in normal output:

*Nov  3 11:35:06.191: %LINK-3-UPDOWN:
  Interface Serial0/1, changed state to up
*Nov  3 11:35:07.191: %LINEPROTO-5-UPDOWN:
  Line protocol on Interface Serial0/1, changed state to up
*Nov  3 11:35:31.819: %LINK-3-UPDOWN:
  Interface Serial0/0, changed state to up
*Nov  3 11:35:32.819: %LINEPROTO-5-UPDOWN:
  Line protocol on Interface Serial0/0, changed state to up
*Nov  3 11:35:36.631: STUN sdlc:
  00:04:12 Serial0/0       SDI: (001/008) U: SNRM    PF:1  
*Nov  3 11:35:37.831: STUN sdlc:
  00:00:01 Serial0/0       SDI: (001/008) U: SNRM    PF:1  
*Nov  3 11:35:37.859: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) U: UA      PF:1  
*Nov  3 11:35:37.879: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 11:35:37.907: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 11:35:38.031: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 11:35:38.059: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 11:35:38.091: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) I:         PF:0  NR:000  NS:000
*Nov  3 11:35:38.231: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 11:35:38.295: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) I:         PF:1  NR:001  NS:000
*Nov  3 11:35:38.431: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:001  
*Nov  3 11:35:38.459: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:001  
*Nov  3 11:35:38.555: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) I:         PF:0  NR:001  NS:001
*Nov  3 11:35:38.631: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:001  
*Nov  3 11:35:38.691: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) I:         PF:1  NR:002  NS:001
*Nov  3 11:35:38.831: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 11:35:38.859: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 11:35:39.031: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 11:35:39.059: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 11:35:39.231: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 11:35:39.259: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 11:35:39.431: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 11:35:39.563: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0/0       NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  

cloclo#
fairbanks# show log

Syslog logging: enabled (0 messages dropped, 0 flushes, 0 overruns)
    Console logging: disabled
    Monitor logging: level debugging, 0 messages logged
    Buffer logging: level debugging, 203 messages logged
    Trap logging: level informational, 40 message lines logged

Log Buffer (64000 bytes):

!--- These timestamped lines each appear on one line in normal output:

*Nov  3 09:38:12.759: %SYS-5-CONFIG_I:
  Configured from console by console
*Nov  3 09:38:14.231: %LINK-3-UPDOWN:
  Interface Serial2, changed state to up
*Nov  3 09:38:15.231: %LINEPROTO-5-UPDOWN:
  Line protocol on Interface Serial2, changed state to up
*Nov  3 09:38:44.687: STUN sdlc:
  00:04:41 Serial0         NDI: (001/008) U: SNRM    PF:1  
*Nov  3 09:38:45.887: STUN sdlc:
  00:00:01 Serial0         NDI: (001/008) U: SNRM    PF:1  @
*Nov  3 09:38:45.899: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) U: UA      PF:1  
*Nov  3 09:38:45.935: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 09:38:45.947: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 09:38:46.087: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 09:38:46.099: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 09:38:46.155: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) I:         PF:0  NR:000  NS:000
*Nov  3 09:38:46.287: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:000  
*Nov  3 09:38:46.323: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) I:         PF:1  NR:001  NS:000
*Nov  3 09:38:46.487: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:001  
*Nov  3 09:38:46.499: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:001  
*Nov  3 09:38:46.615: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) I:         PF:0  NR:001  NS:001
*Nov  3 09:38:46.687: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:001  
*Nov  3 09:38:46.719: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) I:         PF:1  NR:002  NS:001
*Nov  3 09:38:46.887: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 09:38:46.899: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 09:38:47.087: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 09:38:47.099: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 09:38:47.287: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         NDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
*Nov  3 09:38:47.299: STUN sdlc:
  00:00:00 Serial0         SDI: (001/008) S: RR      PF:1  NR:002  
 
fairbanks#

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12277