IP : シリアル トンネル(STUN)

STUNの状態に関する定義

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、show stun コマンドの出力の State フィールドの値を定義します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

STUN 状態

State フィールドは 2 つのシリアル トンネル(STUN) ピアルータ間の接続のステータスを表示します。 State フィールドは次のいずれかの値をあるかもしれません:

  • デッド—開くことを試みしかし失敗します(または接続は停止しました)。

  • 閉じる—アクティビティ無し。

  • 開始—開き、待っている試みること接続。

  • openwait —開き、待っている試みること接続。

  • open —確実に接続されるおよび STUN データを交換することできる。

  • 直接—同じボックスの 2 つのポート間のダイレクト接続。 その間の接続状態を考慮する必要がありません。

注: STUN ピア 接続はトンネルを渡るトラフィック フローがある場合だけ開くようになります、他では閉じる残ります。 この動作はその間に IP接続があるとすぐ同位が接続されたステータスに行く Data-Link Switching (DLSw; データリンク スイッチング)に反対です。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12273