IP : シリアル トンネル(STUN)

シリアル トンネリングに関する FAQ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


Q. Serial Tunneling (STUN) peer-name 文を定義するのにどんなアドレスを使用する必要がありますか。

A. ルータでアクティブインターフェイスの IP アドレスを使用することができます。 しかしループバックアドレスであるほとんどの安定した インターフェイス IP アドレスを使用する必要があります。

Q. Serial Tunneling (STUN)ピア名が閉じられる理由

A. STUN ピア名はデータが交換されなかったので閉じます。

  • ダイレクトエンキャプシュレーションを使用している場合、インターフェイスはそれからダウンしています。

  • IP カプセル化を使用している場合、2 同位間の IP接続はの上に IP接続がないか、またはどちらのデバイスもパイプ上のデータを送信 するように試みなかったのでそれからありません。

Q. なぜおよび異なる Serial Tunneling (STUN)グループはいつ使用されますか。

A. 異なる STUN グループを同じアドレスのコントローラを備えているフロントエンド プロセッサ(FEP)からのトラフィックを分類するのに使用して下さい。

Q. インターフェイスの Serial Tunneling (STUN) カプセル化を設定した後、この機能を削除する方法 か。か。か。no stun encapsulation か。か。か。 コマンドは動作しません。

A. デフォルト の カプセル化にインターフェイスを設定し直す hdlc encapsulation コマンドを発行して下さい。

Q. Serial Tunneling (STUN) インターフェイスを保存するために Request To Send (RTS)およびデータ端末レディ(DTR)を接続するのにブレイクアウト ボックスを使用しなければならない理由

A. 新しい半二重 nonreturn to zero inverted (NRZI)を持っていなければ、STUN は全二重だけをサポートします; この標準のによって、か。か。か。全二重か。か。か。 RTS および Clear To Send (CTS)が高い常にことを意味します。 RTS および DTR ピンをストラッピングすることは一緒に RTS をいつも高いままにします。

Q. Serial Tunneling (STUN) トラフィックに優先順位をつける必要がある方法

A. 下記に示されているように Cisco IOS ソフトウェア Release 9.1 と それ以降のための STUN トラフィックに、優先順位をつけて下さい。

  • 簡単なシリアル データ リンク上でのデータ カプセル化方式のために下記のプロシージャを使用して下さい。

    1. 次のコマンドを発行します。

      priority-list x stun {high|medium|normal|low} 
           address stun_group controller_address
      
      
      !--- The above command is entered on one line.
      
      
    2. アウトプットインターフェイスに優先順位 グループを割り当てて下さい。

  • このとき TCP カプセル化に関しては、1 つのポートの代りに、4 つのポートが、リストされた下記次前のソフトウェアあります。

    1994 : high priority
    1990 : medium priority
    1991 : normal priority
    1992 : low priority

    従ってトラフィックに優先順位をつけるために、STUN ポートを最初にコードし、次にプライオリティ設定を割り当てる priority-list コマンドを使用して下さい。 たとえば、下記に示されているようにコントローラ アドレス C1 との interface serial 1 の STUN のための優先順位 の 一覧を設定して下さい。

    priority-list 1 protocol ip high tcp 1994
    priority-list 1 protocol ip medium tcp 1990
    priority-list 1 protocol ip normal tcp 1991
    priority-list 1 protocol ip low tcp 1992
    priority-list 1 stun high address 1 C1
    interface s 1
    encapsulation stun
    stun group 1
    stun route address C1 tcp 131.108.64.250
         local-ack priority
    
    !--- The above command is entered on one line.
    
    interface serial 2
    priority-group 1
    
    !--- Note: This is the WAN interface.
    
    

: priority-group 文は STUN トラフィックがトンネル伝送される STUN インターフェイス自体への WANインターフェイスに、ない適用されます。

Q. Switched Multimegabit Data Service (SMDS)、フレーム リレー、または X.25 上の Serial Tunneling (STUN)作業は曇ることができますか。

A. はい、TCP カプセル化を使用している場合。 カプセル化の後で、パケットは通常の IPパケットのようであり、正常な IP トラフィックとして X.25、フレーム リレー、または SMDS 上のルーティングされる。

Q. 遅い切り替えがファースト スイッチングに 56 キロビット毎秒リンク間の推奨される理由

A. ほとんどの場合、ファースト スイッチングは 56 キロビット毎秒リンクのために出力キューにパケットを割り当てられるには余りにすぐに入れ、アウトプットバッファができない場合パケットは廃棄されます。 パケット破棄が、多くの CPU サイクルを使用する TCP パケットを再送信することを試みる時。 従って、あらゆるリンクとファースト スイッチングを消すことが 56 番のキロビット/秒またはより遅い、通常推奨されます。

Q. debug stun packet コマンドの出力では、SDI および NDI は何を意味しますか。

A. Serial Data Input (SDI)および Network Data Input (NDI)の意味のための debug stun packet コマンドからの SDI および NDI の説明を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 12261