IBM テクノロジー : 拡張分散ネットワーク機能(APPN)

従属 LU および DLUR/DLUS

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

図 1

/image/gif/paws/12240/dlur31.gif

最初に、拡張分散ネットワーク機能 (APPN)はピアツーピア接続だけか。サポートしましたか。か。Logical Unit (LU)を使用するセッション 6.2 接続。 ただし、APPN は、ネットワークが従来のシステム ネットワーク アーキテクチャ(SNA)トラフィック(LU 0、LU 1、LU 2 など)をサポートできる場合にも実行可能です。

APPN では、もはやセッションのプライマリおよび 2番目の終端の概念がありません。 どのエンドポイントが始まることを選択するセッションはプライマリになり、BIND を送信 します。 しかしレガシー SNA トラフィックによって 2番目の終端はセッションを始めるために Virtual Telecommunications Access Method (VTAM)を頼みます。 APPN の BIND を送信できないノードの概念がありません。 従って、BIND を発行できないレガシー セカンダリ LU に特別なサポートが必要となります。

従属型LUリクエスタおよびサーバ(DLUR/DLUS)はネットワークの Network Node (NN)か End Node (EN)にサーバが VTAM 4.2 および要求者で実装される APPN ネットワークの依存 LU のための問題を、ある場合もあります解決します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

DLUR/DLUS の基本

図 2

/image/gif/paws/12240/dlur32.gif

LU 6.2 セッションのペアは DLUR および DLUS 制御流れの間で DLUS と DLUR の間でこれらのセッションに(アクティブ化のような LU は、LU を、アクティブにします Physical Unit (PU)、無効にする PU、ログオン、開始を無効にします)フローします設定されます。 DLUR は適切なリソースにメッセージを渡します。

セカンダリ依存 LU (DLUs)は LU 6.2 パイプの 1 つにそれを置く DLUR へ開始 要求を送信 することによってセッションを始めることができます。

セッション要求がフローすれば、DLUS および DLUR 通信は完了しました。

DLUR/DLUS セッションサービス拡張

図3

/image/gif/paws/12240/dlur33.gif

VTAM/DLUS がセッション要求を受け取れば、VTAM はアプリケーションがどこに見つけられ、アプリケーションホストに CDINIT-LOCATE 要求を送信 するか、BIND がセカンダリに送信 されるように要求します判別しま。

APPN VTAM のこのサポートはレガシー SNA セッションサービスが APPN に掲示されたことを意味するセッションサービス 拡張として知られています。

セッションサービス拡張はまたセカンダリによって始められるセッションに加えてセッションパートナーが利用可能になるまでサード パーティ セッション開始およびキューイングをサポートします。

DLUR/DLUS ルーティングサービス

図 4

/image/gif/paws/12240/dlur34.gif

レガシー LU への BIND を送信 する必要があることアプリケーションが知らせられれば BIND は APPN ネットワークを渡って送信 されます。 それはカプセル化されません。 レガシー SNA トラフィックおよび APPNトラフィックは同じ SNA ヘッダを使用し、APPN ネットワークで共存できます。

VTAM がセッション開始に気づいているが、セッショントラフィックは VTAM か接続されたチャネル インターフェイス プロセッサ (CIP) ルータをフローする必要はありません。 APPN アルゴリズムを使用する、アプリケーションホストにネットワークサーバ 機能性を提供する NN は適切なサービスの分類 (CoS)を提供するネットワークによってベストパスを選択します。

DLUR/DLUS パイプアクティブ化の例

図 5

/image/gif/paws/12240/dlur32.gif

交換識別情報 (XID)が受け取られるとき、DLUR は DLUS ことをに物理ユニット(REQACTPU)をアクティブにするためにサービスが要求の送信によって必要となることシステム サービス 制御点(SSCP)に信号を送ります。 続いて、DLUS 問題 ACTPU 要求。

図 6

/image/gif/paws/12240/dlur35.gif

このフローでは、支店網 Node/DLUR (BrNN/DLUR)はダウンストリーム PU から DLUS からの SSCP サービスを要請するために DLUR に信号を送る XID を受け取りました。 すべての XID02 か XID32 で ACTPU 要求ビットが設定そして REQACTPU を送信 してもらいます。 「パイプ」がアクティブではない場合、最初に「置けば」パイプを開始するために BIND 要求を以下は送信 されます。

DLUS はそれから ACTPU 要求に先行している肯定応答 +RSP REQACTPU を返します。

Auto Network Shutdown

DLUR はネットワーク制御プログラム(NCP)によって提供される ANS サポートと同じような Auto Network Shutdown (ANS)サポートを提供します。 PU がと規定 される ANS = CONT アクティブになる場合パイプが終わるときどの既存の LU-LU セッションでも保持されます。

DLUR は依存するデバイスからの SSCP-PU/LU トラフィックを拒否します。

依存するデバイスのそれ以降 の アクティブ化によっては、DLUR は LU-LUセッションを終えるかもしれません。

SSCP テークオーバー - ネットワーク稼動時

図 7

/image/gif/paws/12240/dlur36.gif

図 7 では、すべてのセッション(SSCP-PU、SSCP-LU および LU-LU)は LU-LUセッションにおよびデータ フローしています設定されました。

SSCP テークオーバー - ネットワーク停止時

図 8

/image/gif/paws/12240/dlur37.gif

図 8 では、ネットワーク停止は従って DLUs-DLUR パイプおよび SSCP-PU および SSCP-LU セッションを壊すこと発生しました。

LU-LUセッションはパススルー影響を受けた Cisco CIP NN ルータので、続きます。

SSCP テークオーバー - テークオーバー実行時

図 9

/image/gif/paws/12240/dlur38.gif

図 9 では、バックアップ DLUS は引き継ぎに開始します、パイプは確立されます、リソースは(ACTPU、アクティブ化論理ユニット[ACTLU])アクティブになり、DLUR は ACTLU 応答のセッション ヒント(プライマリ 論理ユニット[PLU]、LU1)送信 します。

セッションは新しい SSCP によって今回復されます。 それに続く LU-LU セッションは DLUR に VTAM3 にセッション 認識という結果に終ります。

リカバリが VTAM1 で行われるとき、giveback は発生し、SSCP-PU および SSCP-LU セッションは VTAM3 によって無効になり、LU-LU セッションを破壊しないでオリジナル設定を復元する VTAM1 によって再稼働することができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12240