ブロードバンド ケーブル : Telco リターン

双方向RF リターンパスにTelcoリターンを切り替える方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Telco-Return(単方向)シナリオから双方向の無線周波数(RF)リターン パスにカットオーバーを行う方法について説明します。 双方向のプラントのシナリオでは、ケーブル モデムは公衆電話交換網(PSTN)を通じて、非同期ポイントツーポイント プロトコル(PPP)のリターン パスではなく、RF アップストリームを使用します(図 1 を参照)。 このカットオーバー プロセスは通常、ケーブル プラントが単方向増幅器を双方向へアップグレードした後実行されるので、これによりフォワード パスおよびリターン パスの両方で RF 伝送がサポートされます。 Multiple Service Operator(MSO)に関する問題は、実稼働中の光ファイバ/同軸ハイブリッド(HFC)ネットワークで、課金されている加入者への影響を最小限に抑えてカットオーバーを行うことです。

図 1 - Telco-Returnダイアグラム

tr_cut_over1.gif

そのようなカットオーバーを行う機能は物理的に複雑なようで、長くより好ましい期間の損失インターネット接続によって可能性としてはサービスを割り込むかもしれません。 ただし、これは正しく実行された場合事実ではないはずです。 これは Cisco UBR7246 Cable Modem Termination System (CMTS)が Both モードをサポートできるという理由によります: 同じヘッドエンドおよび同じケーブルラインカードの Telco Return および双方向リターンパス モード同時に。

注: 双方向ことをにモデムをすべて変換する前に、注意深くアップストリーム周波数を選択する必要があることを確認することは重要です(例は 24000000 MHz を使用します)。 またリターンパスがスペクトラムアナライザのことを使用によって利用でき、きれいであることを、確かめて下さい。 学ぶためにアップストリームを測定する方法をケーブルについてのFAQ を参照して下さい。 Telco Return からの双方向へのカットオーバーを行った場合、それが最初にに推奨されるケーブル設備 ヘッドエンドの中の少数のケーブルモデムおよびフィールドの小さいサンプルとのカットオーバーを試みて下さい。 これはテストとしてリターンパス の 問題がローリングの前にカットオーバーあるかどうか確認するために最初にすることができます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料はこれらの特定のソフトウェア および ハードウェア バージョンを使用します:

  • Cisco IOS との uBR7223 か。 ソフトウェア 12.0(5)T

  • Cisco Network Registrar (CNR) バージョン 3.5.3

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Telco リターンと双方向が混在した環境の例

CMTS 設定のこの部分は Telco Return に関連している必要なコマンドを示します。

interface Cable2/0 
    ip address 10.10.169.1 255.255.255.0 secondary 
    ip address 10.10.168.1 255.255.255.0 
    no ip directed-broadcast 
    cable helper-address 172.16.135.20 
    no ip route-cache 
    no ip mroute-cache 
    no keepalive 
    cable insertion-interval automatic 25 500 
    cable dhcp-giaddr policy 
    cable downstream annex B 
    cable downstream modulation 64qam 
    cable downstream interleave-depth 32 
    cable downstream frequency 117000000 
    cable upstream 0 frequency 24000000 
    cable upstream 0 power-level 0 
    cable upstream 0 range-backoff 0 6 
    no cable upstream 0 shutdown 
    cable Telco-Return enable 
    cable Telco-Return spd 1 factory-default 
    cable Telco-Return spd 1 threshold 255 
    cable Telco-Return spd 1 dial-timer 1200 
    cable Telco-Return spd 1 manual-dial 
    cable Telco-Return spd 1 dhcp-authenticate 
    cable Telco-Return spd 1 dhcp-server 172.16.135.20 
    cable Telco-Return spd 1 ppp-authenticate pap 
    cable Telco-Return spd 1 phonenum 2489888 
    cable Telco-Return spd 1 username test 
    cable Telco-Return spd 1 password test 
   ! 

前述の例で使用されるコマンドの Telco Return および説明の完全な設定には Cisco UBR7200 シリーズ Universal Broadband ルータのための Telco Return を参照して下さい。

次 の 例は show cable qos profile であり、show cable modem は運用コンフィギュレーションに関して出力します。 出力は同じ CMTS で混合された Telco Return および双方向 環境の例を示したものです。 ここに示されているすべてのケーブルモデムが同じケーブルインターフェイス(Cable2/0)にあることに注意して下さい。

注: Telco Return のため T がであるあるおよび U0 とのモデムにアップストリームポート 0 を使用して双方向 モデムのためですモデム。 Both モードは同じ MC16C カード インターフェイス Cable2/0 にあります。

ubr7223#show cable modem 
Interface   Prim Online    Timing     Rec       QoS    CPE IP address      MAC address 
            Sid   State    Offset     Power    
Cable2/0/T  94   online     0          0.00     3      2   10.10.169.151     0020.4066.b6b0 
Cable2/0/T  95   online     0          0.00     3      1   10.10.168.18      0020.4061.db5e 
   
Cable2/0/T  96   online     0          0.00     3      1   10.10.169.240     0020.4066.b644 
Cable2/0/U0 97   online    307         0.25     4      1   10.10.168.108     0020.4002.fc7c    
Cable2/0/T  98   online     0          0.00     3      1   10.10.169.245     0020.4003.65fe 
Cable2/0/U0 99   online    332         0.25     4      0   10.10.168.110     0020.400b.9b40    
Cable2/0/U0 100  online    277         0.25     4      1   10.10.169.114     0020.4002.ff42 
Cable2/0/T  101  online     0          0.00     3      1   10.10.169.175     0020.4066.b6c8 
Cable2/0/U0 102  online    272         0.25     4      1   10.10.168.115     0020.400b.9b84 
Cable2/0/T  103  online     0          0.00     3      1   10.10.168.204     0020.4003.6788 
Cable2/0/T  104  online     0          0.00     3      1   10.10.168.66      0020.400b.9af6 
Cable2/0/T  105  online     0          0.00     3      1   10.10.169.107     0020.4065.d75e 
Cable2/0/T  106  online     0          0.00     3      2   10.10.168.193     0020.4065.9148 
Cable2/0/T  107  online     0          0.00     3      2   10.10.168.96      0020.4066.d2b0 
Cable2/0/T  108  online     0          0.00     3      1   10.10.169.118     0020.4003.7110 
Cable2/0/T  109  online     0          0.00     3      1   10.10.168.202     0020.4003.6b22 
Cable2/0/U0 111  online    227         0.25     4      1   10.10.169.117     0020.4002.fd0e 
Cable2/0/T  112  online     0          0.00     3      0   10.10.169.127     0020.4062.1ba0 
Cable2/0/T  113  online     0          0.00     3      1   10.10.169.109     0020.400b.9a22 
Cable2/0/T  114  online     0          0.00     3      1   10.10.168.229     0020.4061.65ee 
Cable2/0/T  115  online     0          0.00     3      1   10.10.169.173     0020.4002.ffb4 
Cable2/0/T  116  online     0          0.00     3      1   10.10.169.38      0020.407e.a54c 
Cable2/0/T  117  online     0          0.00     3      1   10.10.168.77      0020.4084.1780 

、Both モードが(Telco Return および双方向)異なる DOCSISコンフィギュレーションファイルを使用していることです注意するべき興味深いポイントは show cable modem コマンドと比較して出力 show cable qos profile に見られるように。 すべてのオンライン Telco Return モデムは QoS #3 を使用して、双方向 QoS #4 を使用しています。

この例では、2 つの DOCSISコンフィギュレーションファイルがあります。 1 ファイルは QoS #3 と Telco Return を、双方向 QoS #4 の他のファイル使用使用します。

ubr7223#show cable qos profile 
Service Prio   Max         Guarantee   Max         Max tx     TOS   TOS    Create     B 
class          upstream    upstream    downstream  burst      mask  value  by         priv 
               bandwidth   bandwidth   bandwidth                                      enab 
1       0      0           0           0           0           0x0  0x0    cmts(r)    no 
2       0      64000       0           1000000     0           0x0  0x0    cmts(r)    no 
3       1      128000      0           512000      0           0x0  0x0    cm         no 
4       7      32000       0           265000      0           0x0  0x0    cm         no 

システムがTelco リターンか双方向リターンパスか確認するためのケーブルモデムの決定プロセス

General Instruments (GI) SURFboard SB2100D および 3100D にモデム 双方向および Telco Return をする機能があります。 二重可能のための 2100D および 3100D 立場の D。 デュアルモデムは新しい独自に来、システムにはじめてインストールされているとき、UNKNOWN 状態で初期化されます。 UNKNOWN 状態ではアップストリームを得る方法を、ケーブルモデムは学ぶためにダウンストリームのメッセージを聞き取ります。 ケーブルモデムが Upstream Channel Descriptors (UCD)を聞けば RF リターンパスで接続をするように試みます。 Telephone Channel Descriptors (TCD)ことをケーブルモデムが聞けばアップストリーム RF リターンパスを得る失敗の後で PSTN によって内部 PPP モデムを使用してアップストリーム接続を(GI モデムの中で)するように試みます。 通常、二重 GI ケーブルモデムは UCD を最初に探します。 ケーブルモデムが Telco Return を使用している場合、UCD メッセージは受け取られません。 ケーブルモデムは TCDs を探し始めます。

二重Telcoリターンモデムで自動的にモードを切り替える方法

Telco Return 二重 D モデムにモードの間であちこちに切り替える機能が自動的にありません。 すなわち、デュアル ケーブル モデムがアップストリームの取得に成功すれば、モードがシステム 操作員によって修正されるまでのそのモードにデュアルモデムとどまる。 SB2100D におよび SB3100D に自動的に RF と Telco-Returnモードの間で切り替える機能がありません。 モデムが Telco-Returnモードで登録されたら、UCD を無視します。

Telco リターンから双方向モードへデュアル・ケーブル・モデムを手動で切り替える方法

システム 操作員は RF 双方向 モードにデュアルモデムを変更する 3 つのさまざまな方法を使用するかもしれません:

DOCSIS設定ファイルの使用

DOCSISコンフィギュレーションファイルは修正することができます。 モードを定めるアップストリームチャネルID の値を変更して下さい:

  • 0 = Telco Return

  • 1 またはより大きい = RF 戻り

図 2 - Cisco DOCSIS CPE Configurator V3.0a

/image/gif/paws/12214/tr_cut_over2.gif

これは RF リターンパスのためのアップストリームチャネルID を設定 するために使用される Cisco DOCSIS Configurator V3.0 のスクリーンキャプチャーです。

カットオーバーを行うために、1-2 の DOCSISコンフィギュレーションファイルを作成できます。 これはすぐに遷移を行いたいと思うかによって決まります。 Telco Return から 1 つのステップの双方向へのすべてのモデムを変更したいと思う場合ただ Upstream Channel ID フィールドの現在の Telco Return DOCSISコンフィギュレーションファイルを編集する必要があります(0 から 1 に、かブランクを 2)参照して下さい。 その後、電源の再投入新しいパラメータをつかむためにそれらを強制するモデム。 これは双方向 モードを有効に します。 より漸進的なカットオーバーを行いたいと思う場合パーセントとしての Telco Return モデムだけ双方向に変換されるところで、図 2.に示すように 2 つの DOCSISコンフィギュレーションファイルを、必要とします また CNR で処理するクライアント クラスを有効に することも必要です。 カットオーバーが実稼働環境で次第に実行されたことが危険性を最小限にするために、推奨されます。

SNMP の使用

第 2 方式は 3Com によって提供される公共管理情報ベース (MIB)を使用して簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)によってモードを切り替えることです: TelcoReturnCABLE デバイス MIB.

docsTrCmMode MIBオブジェクトを使用する、MIB Properties 値 表に示すようにアップストリーム選択を調節できます。 このオブジェクトは 1.3.6.1.2.1.10.128.1.1.2 の OID があるケーブルモデム 動作モードを表します。 ケーブルモデムはこの表に示すように MIB 整数値情報を用いるこれらのモードでオペレーティングであるかもしれません。

モード MIB 整数値情報
その他 1
Telco Return 2
双方向 3

DOCSIS コンフィギュレータ ツールの使用(図を、3.と等しい整数値情報の設定によってカットオーバーの間に Telco-Returnモードからの双方向 モードへの docsTrCmMode MIBオブジェクトを設定できます 3)参照して下さい。

図 3 - Cisco DOCSIS CPE Configurator V3.0a

/image/gif/paws/12214/tr_cut_over3.jpg

これは docTrCmMode MIB を設定 するための Cisco DOCSIS Configurator V3.0 使用のスクリーンキャプチャーです。

これは MIBオブジェクト docsTrCmMode が含まれている MIB 定義の部分です:

Name: docsTrCmMIB  
Type: MODULE-IDENTITY  
OID: 1.3.6.1.2.1.10.128  
Full path:  
iso(1).org(3).dod(6).internet(1).mgmt(2).mib-2(1).transmission(10).docsTrCmMIB(128)  
Module: TelcoReturnCABLE-DEVICE-MIB  
Parent: transmission  
First child: docsTrCmMIBObjects  
Prev sibling: docsIfMib  
Last updated: July 28, 98 at 09:20 GMT (9807280920Z)  
Organization: 3Com - Cable Access  
Contact:   Jack Fijolek/Srinivyasa Murthy  Adiraju  
  Postal: 3Com  
  3800 Golf Road  
  Rolling Meadows, IL 60008  
  Tel:    +1 847 2622201  +1 847 2622205  
  Fax:    +1 847 2620258  
  E-mail: Srinivyasa_Adiraju@3Com.com  
Description: Telco-Return MIB for Data Over Cable Access modems and termination systems 

工場出荷時状態へのリセット

この方式はケーブルモデムおよび PC を含みます。

Telco Return から双方向 モードへの切り替える第 3 方法に工場出荷時状態にあっていますリセットしました。 この方式は HTML Configuration Manager User Interface Webページの使用によって行われます。 このツールを使用する、モデムにそれが UNKNOWN 状態の「右の独自に」であると考えさせますことができます。 この UNKNOWN 状態では、次の最もよいリターンパスのためのモデム スキャンは起動します。

モデムは工場出荷時状態にリセットされるとき、UCD を聞き取り、RF で接続を戻らせます試みます。 モデムがアップストリームパスを見つけ出すことができない場合 TCDs を聞き取ります。

HTML Configuration Manager User Interface にアクセスするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. PC から二重 GI Telco Return ケーブルモデムの RJ 45 イーサネットポートにストレートイーサネットケーブルを接続して下さい。

  2. ブラウザの http://192.168.100.1/config.html を入力して下さい。

  3. 192.168.100.0/24 で同じ サブネットの IP アドレスで TCP/IP プロパティを設定して下さい。

たとえば、255.255.255.0 のマスクの IP アドレス 192.168.100.2、および 192.168.100.1 のデフォルト ゲートウェイを設定できます。 TCP/IP 特性を設定 し、PC から IP アドレス 192.168.100.1 を ping できればブラウザの診察道具を起動できるはずです。 Configuration Manager ページ診断 HTML は開き、工場出荷時状態にモデムをリセットすることを可能にします。 図 4 Defaults ボタンにリセットをクリックして工場出荷時状態にリセットする方法を示します。 このピクチャが Webページの底部だけ示すことに注意して下さい。

注: この方式は最も少なく好ましいですのでカットオーバー プロセスに関連するエンドユーザ(サブスクライバ)を持たなければならないカットオーバー プロセスを行うためにまたはサービス 技術員は宛先住所に差し向けられるかもしれません。

図 4 - SURFboard SB3100D Telco Return モデムの工場の画面へのリセット

/image/gif/paws/12214/tr_cut_over4.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12214