ブロードバンド ケーブル : 無線周波数(RF)光ファイバ / 同軸ハイブリッド(HFC)

ケーブル無線周波数(RF)FAQ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


Q. アップストリーム Radio Frequency (RF)場合を測定する方法

A. 「ゼロ スパン 方式」を使用して下さい。 (この方式のその他の情報に関しては、Cisco uBR7200 シリーズ ルータとケーブル ヘッドエンドの接続を参照して下さい。) 次の手順に従ってください。

  1. ケーブル ネットワークからのアップストリーム信号(すべてのケーブル モデムが接続される結合器での信号)へ、スペクトラム アナライザを接続します。
  2. 中心周波数のアップストリームを Cable Modem Termination System (CMTS)の設定を一致するために表示するようにアナライザを設定 して下さい。
  3. スパンを 0 MHz に設定します。
  4. 帯域幅およびビデオ チャネル帯域幅を 3 MHz に設定 し、拡張ピングをして下さい。
  5. 80 マイクロ秒(μs)に sweep 値を設定 して下さい。 Sweep ボタンをマニュアル80、そして Usec 押して下さい。
  6. 場合の高低部分間のトリガー ラインをアクティブにして下さい。 Trig ボタンビデオ ボタン、およびダイヤルを回すことを押すことによってこれを適切にして下さい。
  7. RF 場合の上部部分がディスプレイ グリッドの上方眼区画図面にある調節し、トリガー ラインをそれに応じてリセットして下さいように振幅を。

Q. MCXX カードからのダウンストリーム パワーシグナルを測定する方法

A. ケーブルラインカードからアップコンバータに来るダウンストリーム パワーシグナルを測定するとき、電源が一連のラインカードが持っている 1 ミリボルト(dBmV)に参照されたデシベルで測定した異なっています。

  • MCxx " B " カードに関しては、出力は 32 dBmV +/-2 dB にあります。

  • MCxx 「C」カードに関しては、出力は 42 dBmV +/-2dB にあります。

注: これはすべてのアップコンバータがある特定の電源に自動的に調節し、従って埋め込みを必要とすることができる" autogain " 機能がないので重要です。

次の手順に従ってください。

  1. ラインカードからの出力を測定した場合、44 MHz に中心周波数および 10 MHz のスパンを設定 すること確実でであって下さい。
  2. 上に振幅 ダイヤルをほとんど回して下さいそうすれば dbmv設定は約 -10 dBmV を読みます。
  3. チャネル 電源オプションを使用して中間周波(IF)場合を測定して下さい。
  4. チャネル間隔およびチャネル帯域幅を 6MHz に設定します。
    1. Meas/ユーザ電源メニューおよびセットアップを押して下さい。
    2. この後、チャネル間隔およびチャネル帯域幅を設定できます。

      /image/gif/paws/12185/cable_faq_rf-1.gif

  5. 前のメニューの選択によってビデオ平均機能を > 設定される > ビデオ Ave 設定 して下さい。 ビデオ平均を行うための値は、実際のチャネル電力よりも 2.5dB 小さい値です。

    /image/gif/paws/12185/cable_faq_rf-2.gif

    その他の情報に関しては、
    Cisco uBR7200 シリーズ ルータとケーブル ヘッドエンドの接続スペクトラムアナライザのチャネル 電源オプションを使用してダウンストリーム RF シグナルを測定することを参照して下さい。 また、得ます詳細についてはスペクトラムアナライザを使用して DOCSIS ダウンストリーム 信号の電源測定単位を参照して下さい。

Q. アップコンバータ出力からのダウンストリーム パワーシグナルを測定する方法

A. この演習の目標は調整されたデジタル 直交振幅変調 (QAM)場合のアップコンバータからの電源が 1 ミリボルト(dBmV)に参照される +50 から +58 デシベルの範囲の間にあることを確かめることです。 次の手順に従ってください。

  1. ケーブル カードのダウンストリーム出力をアップコンバータの入力コネクタに接続します。
  2. アップコンバータの Radio Frequency (RF)出力にスペクトラムアナライザを接続して下さい。
  3. アップコンバータの出力を +50 ~ +58 dBmV の間に設定します。
  4. 20 MHz のスパンの Cable Modem Termination System (CMTS)の設定を一致するためにスペクトラムアナライザの中心周波数を設定 して下さい。
  5. チャネル間隔およびチャネル帯域幅を 6MHz に設定します。 RF 場合により過負荷か「レーザークリッピング」を引き起こす場合、減衰を追加する必要があります。 この場合、ここに見られるように RF 場合の側の行の傾斜を、見ます:

    cable_faq_rf-3.gif

  6. 次に減衰を追加するために、10 のような振幅 ボタン、そして Manual ボタン、そして値、および MHz ボタンを押して下さい。
  7. スペクトラム アナライザの設定を変更して、デジタル チャネル電力を表示します。 前のメニューを押して下さい、設定し、そして電源をチャネリングして下さい。 ここでは、値が +50 から 58 dBmV の範囲の外部で下る場合アップコンバータからたくさんの電源があるかどうか見られます。
  8. 必要な範囲外に値がある場合、アップコンバータの電力設定を調整します。
    1. GIアップコンバータで、モードを選択する下矢印キーを押すことによってこれをします。 垂直バーのあるモードへ移動します。
    2. 棒を点滅するためにアクティブにするように右矢印キーを押して下さい。
    3. dB を追加するために、3 秒のための上矢印キーを押し、握って下さい。
    4. dB を引くために、3 秒のための下矢印キーを押し、握って下さい。

アップコンバータを調節した後、スペクトラムアナライザは +50 および +58 dBmV の間で読む必要があります。か。 下記に、それは 57.06 dBmV を読みます。

/image/gif/paws/12185/cable_faq_rf-4.gif

Cisco uBR7200 シリーズ ルータとケーブル ヘッドエンドの接続をまた参照して下さい。

Q. 周波数が 1.75 MHz で特定の National Television Systems Committee (NTSC) チャネルのための中心周波数よりより少し設定 する必要があること、それが、GI アップコンバータである理由

A. GI C6U は標準映像搬送波(ブルーシグナル)周波数を離れて長年にわたりはたらくために設定 されました。 これがされたという原因は映像搬送波にチャネルでより高い振幅があったことです。 (紫色信号で表される)データ チャネルでは、そのチャネルを表す中心周波数を使用するのが標準です。 データ信号は 6MHz チャネル全体においてよりフラットであるからです。 中心周波数とビデオ キャリアの間の差は、1.75MHz です。

このイメージで表されるスペクトラムアナライザからのビデオおよびデータ 信号を両方検知 して下さい:

cable_faq_rf-5.gif

Q. 「ユニティ ゲイン」によって何が意味されますか。

A. ユニティ ゲインはカスケードのすべての増幅器が電源(1 ミリボルト[dBmV 参照される]にデシベル)入出力が付いているバランスにある概念です。 ユニティ ゲインを実現させるために、レシーバ出力は Radio Frequency (RF) 入力によって判別される適切なレベルにノードのパッドを入れるか、または減衰によって調節する必要があります。か。RF セクションかノードは RF プラントのための最適ノイズおよびゆがみ パフォーマンスが得られる出力レベルにそれから合わせられます。か。通常、ノードに続く同じレベルにすべてのそれに続く増幅器の出力は設定 されます。か。従って、それは各増幅器のよくある基準 点間のゲイン ファクタが 1 つに匹敵するところにプラントが一直線に並ぶこと言うことができます。 フォワード側の装置の場合、単位利得点は増幅器の出力です。

Q. ミニスロットサイズとチャンネル幅間の相関関係は何ですか。

A. ミニスロット サイズおよびチャネル幅はある程度は関連付けられますが、緊密結合ではないです。 既にミニスロット サイズがティックの単位にあり、各ティックが 6.25 マイクロ秒(μs)であるために定義されることを確認するかもしれません。 チャネル幅はシンボルレートを言うありふれた方法です。

それらはより高いシンボルレート、変調方式(Quadrature Phase-Shift Keying [QPSK]または 16 求績法振幅変調[QAM 固定])とという意味で関係しています、より多くのシンボルは選択されたミニスロット サイズに合うことができます。 たとえば、QPSK を仮定して、8 匹のティックのミニスロットは 1280 ksym 比率で 64 のシンボル、か 2560 ksym 比率で 128 のシンボルを運ぶことができます。 従って、ミニスロット サイズはまたシンボルかバイトの点では表現することができます。 しかしシンボルレートの変更はある特定のミニスロット サイズが無効後シンボルレート変更ではなかった、ミニスロット サイズの変更を常に意味しません。 ミニスロット サイズは Data-over-Cable Service Interface Specifications (DOCSIS)によって下位区分されしま、— 32 のシンボル— Broadcom Cable Modem Termination System (CMTS) PHY 半導体素子(BCM3137)によって上限値を制限されして います— 256 のシンボル。か。すべての可能性のある ミニスロット サイズは次のとおりです:

???????????????????????? QPSK?????????????|???????????16-QAM 
?????????????? 2560? 1280? 640? 320? 160??| 2560? 1280? 640? 320? 160 (ksym/s) 
(us)? (ticks)????????(bytes)??????????????| (bytes)?? 
---?? ------?? ----? ----? ---? ---? ---??| ----? ----? ---? ---? --- 
12.5? 2??????? 8???? -???? -??? -??? -????| 16??? -???? -??? -??? - 
25??? 4??????? 16??? 8???? -??? -??? -????| 32??? 16??? -??? -??? - 
50??? 8??????? 32??? 16??? 8??? -??? -????| 64??? 32??? 16?? -??? - 
100?? 16?????? 64??? 32??? 16?? 8??? -????| 128?? 64??? 32?? 16?? - 
200?? 32?????? -???? 64??? 32?? 16?? 8????| -???? 128?? 64?? 32?? 1 
400?? 64?????? -???? -???? 64?? 32?? 16???| -???? -???? 128? 64?? 32 
800?? 128????? -???? -???? -??? 64?? 32???| -???? -???? -??? 128? 64

CMTS が QPSK にある場合、1280 ksym 比率および 8 匹のティック ミニスロット サイズは、それから 640 ksym にシンボルレートを変更し、ミニスロット サイズまだ有効です。 しかし 320 ksym にシンボルレートを変更すれば、ミニスロット サイズは無効になります; これが発生する場合、CMTS はミニスロット サイズをそれに応じて変更します。

Q. show cable modem 状態はどういうことを意味しますか。

A. このリストは意味するか何をケーブルモデムの可能性のある状態すべてを提供し、:

  • offline - モデムがオフラインであると考えられます

  • init(r1) - モデムが初期レンジングを送信しました

  • init(r2) - モデムがレンジング中です

  • init(rc) - レンジングが完了しました

  • init (d) —受け取ったダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル 要求

  • init (i) —受け取った DHCP応答; IP アドレスが割り当てられました

  • init(o) - オプション ファイル転送を開始しました

  • init(t) - TOD 交換を開始しました

  • online - モデムが登録され、データの送受信が可能になりました

  • オンライン(d) —登録されているモデムしかしケーブルモデム(CM)のためのネットワーク アクセスは無効です

  • online(pk) —、割り当てられる Baseline Privacy Interface (BPI)登録されている有効に なる モデムおよび鍵暗号化鍵(KEK)

  • online(pt)で—、割り当てられる BPI 登録されている有効に なる モデムおよびトラフィック暗号化キー (TEK)

  • リジェクト(m) —登録するように、悪い mic が拒否された原因であるように試みられるがモデム

  • リジェクト(c) —モデムは登録されるように試みました; 登録は拒否された原因でしたか。Class of Serviceの不良(CoS)

  • KEK モデム キーの割り当てが拒否されました

  • reject(pt) - TEK モデム キーの割り当てが拒否されました。

ケーブルモデムがオンラインではない場合、トラブルシューティング:uBR ケーブル モデムがオンラインにならない場合を参照して下さい。

Q. する何が*および! show cable modem コマンドの電力 レベル の 読み方のための平均か。

A. Cisco UBR7200 が特定のモデムのための不安定なリターンパスを検出する、電力調整で補正したら show cable flap-list および show cable modem は示すことができます。

アスタリスク(*)か。 電力調整がなされたらモデムのための電力 調整 フィールドに現われます。

感嘆符は(!)ケーブルモデムが最高レベルに電力レベルを上げたことを示します。 Ciscoケーブルモデムに関しては、それは 1 ミリボルト(dBmV)に参照される 61 デシベルに匹敵します。

Q. ケーブル フラップ リストをデコードする方法

A. 方法の簡単な説明は Ciscoケーブルモデム 終了 システム(CMTS)で出力される show cable flap-list をデコードする下記にあります。

留意するべき 1 つの事柄はフラップ リストが「イベントディテクタ」単にである、原因がイベントがことができる数える 3 つの状況ありますことであり。か。それらは次のとおりです。

再挿入

最初に、挿入と共にモデムに登録問題があり、すぐに何回も再登録することを試み続ければフラップがあるかもしれません。 P-Adj カラムの値が低くなることがあります。 ケーブルモデムによる 2 最初のメンテナンス の 再登録間の時間が 180 秒より小さいとき、「挿入と共に得ます「フラップ」を」。 従って、フラップ探知器はそれを数えます。 この 180 秒というデフォルト値は、必要に応じて変更できます。

router(config)# cable flap-list insertion-time ?
? <60-86400> Insertion time interval in seconds

ヒット数/ミス数

2 番目に、フラップ探知器は" hit "に先行している" miss "を見るときフラップを数えます。か。 イベントの検出は、「Flap」カラムにのみカウントされます。 これらのポールは、30 秒ごとに送出される hello パケットです。 " miss "を" miss "に先行させていて得る場合、ポーリングは各秒応答があるように活発に試みる 16 秒の送信 されます。 16 秒の前に" hit "を稼働していれば得る場合、フラップを得ます、16 のポーリングのための" hit "を得なければ最初のメンテナンスをまた最初から始めるために、モデムはオフラインになります。 モデムが最終的に再びオンラインになる場合、ケーブルモデムが ACTIVE 状態に再びそれ自身を挿入したので「挿入」を得ます。 6 回連続してミスが起きると、フラップのカウントが増分されます。 このデフォルト値は、必要に応じて変更できます。

router(config)# cable flap miss-threshold ?
? <1-12>? missing consecutive polling messages

電力調整

最終的には、フラップ探知器はリストで電力調整 の 働きを見るときフラップを示します。 イベント検出は P-Adj カラムおよびフラップ カラムで数えられます。 ステーションのメンテナンス ポーリングによって、一定の間隔で、ケーブルモデムの送信の電力、周波数およびタイミングが調整されます。 電力調整が 2 デシベル(dB)を超過する時はいつでも、フラップおよび P-Adj カウンターは増分します。 これは、アップストリーム プラントに問題があることを示唆しています。 2 dB のしきい値 デフォルト値は必要であれば変更することができます:

outer(config)# cable flap power-adjust threshold ?
? <1-10> Power adjust threshold in dB

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12185