音声 : デジタル CAS

cas-custom コマンドを使用する E1 R2 カスタマイゼーション

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

コントローラ E1 の下の cas-custom コマンドは、E1 R2 の国別バリアントと個別線信号方式(CAS)パラメータをカスタマイズするために使用されます。 このドキュメントは、『E1 R2 Signaling Theory』および『E1 R2 Configuration and Troubleshooting』ドキュメントとともに使用する必要があります。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。 ただし、この文書に記載されている情報は Cisco 3640 ルータおよび Cisco IOS によってテストされましたか。 ソフトウェア リリース 12.2(26)。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

E1 R2 カスタマイゼーション

コマンド cas-custom の下のサブコマンドが国名の異形を取り扱い、チャネル連携信号 (CAS) パラメータをカスタマイズするのに使用されています。

このコマンド シーケンスはすべての cas-custom サブコマンド オプションをどのように表示できるか説明します:

E1R2Router(config)#controller E1 0
E1R2Router(config-controller)#ds0-group 1 timeslots 2 type r2-digital r2-compelled ani
E1R2Router(config-controller)#cas-custom 1
E1R2Router(config-ctrl-cas)#?
CAS custom commands:
  alert-wait-time      Time to wait for alert indication for incoming R2 calls
  ani-digits           Expected number of ANI digits
  ani-timeout          Timeout for ANI digits
  answer-guard-time    Wait Between Group-B Answer Signal And Line Answer
  answer-signal        Answer signal to be used
  caller-digits        Digits to be collected before requesting CallerID
  category             Category signal
  country              Country Name
  debounce-time        Debounce Timer
  default              Set a command to its defaults
  disconnect-tone      Provide tone to the calling party after sending group B
  dnis-complete        Send I-15 after DNIS digits for dial-out
  dnis-digits          Expected number of DNIS digits
  exit                 Exit from cas custom mode
  groupa-callerid-end  Send Group-A Caller ID End
  invert-abcd          invert the ABCD bits before tx and after rx
  kA                   kA Signal
  kd                   KD Signal
  metering             R2 network is sending metering signal
  nc-congestion        Non Compelled Congestion signal
  no                   Negate a command or set its defaults
  proceed-to-send      Suppress proceed-to-send signal for pulsed line signaling
  release-ack          Send Release Acknowledgment to Clear Forward
  release-guard-time   Release Guard Timer
  request-category     DNIS Digits to be collected before requesting category
  seizure-ack-time     Seizure to Acknowledge timer
  signal-end-to-end    Transfer R2 Category and Answer signals end-to-end 
  timer                configure timer 
  trunk-group          Configure interface to be in a trunk group
  unused-abcd          Unused ABCD bit values

コマンド ds0-group 1 タイム・スロット 2 型 R2-Digital R2-Compelled ani が ds0-group しか作成しないのに intially 使用される必要があります。 グループ番号を用いる cas-custom コマンドは必要グループをカスタマイズするために時はいつでも使用することができます。

Cisco はサポートされる国にすべての関連パラメータをそれに応じて設定 するために最初に国別ネーム使用デフォルト パラメータを設定することを推奨します。 ある特定の構内交換機 (PBX)を取り扱うか、または切り替えるために必要なそれ以上のカスタマイゼーションのために他の cas-custom サブコマンドを使用して下さい。

注: CAS パラメータをカスタマイズする柔軟性はユーザエラーのマージンを高めることができます。 カスタマイゼーションは国が選択された、または CAS パラメータはデフォルトに戻ります後入る必要があります。 この例では、最後の文は caller-digits 4 コマンドを無効にするブラジルのデフォルト設定にすべての CAS パラメータを戻します:

(config-controller)#cas-custom 1
(config-ctrl-cas)#country brazil use-default
(config-ctrl-cas)#caller-digits 4
(config-ctrl-cas)#country brazil use-default

表示する方法を知っているので cas-custom コマンド の パラメータは、この表これらのパラメータおよびそれぞれ使用を詳述します。

コマンドパラメータ 説明
ANI番号最小値 0-64 最大値 0-64 ルータが自動番号識別(ANI)ディジットの最小番号を受け取らない場合、コールをクリアします。 ルータは ANI番号の最大数を集めた後、呼び出し側ID終了を送信 し、前方 Group-I-15 場合を待っていません。
ani タイムアウト 1-15 デフォルト last-tone-timeout は 3 秒です。 いくつかのスイッチは脈打つためにより 3 秒 ANI番号長くかかります。 従って、これは設定可能になります。 それが ANI番号を待ち、コールを打ち切る間、ルータ時が、このタイマー 引数を高めれば。
発信者ディジット 1-64 国際電気通信連合 (ITU)デフォルトは 1.です。 これは最初の Dialed Number Information Service (DNIS)ディジットを受信した後ことをルータ要求 ANI 意味します。
groupa-callerid-end ANI 収集のための中国、タイおよびメキシコ使用のような国 Group-C 場合。 これが設定される場合、ルータは呼び出し側ID終了として後方 Group-A-1 場合を使用します。 それが設定されない場合、ルータは Group-C 場合であるかもしれないカントリーデフォルトを使用します。
ka 1-15 これは中国で使用されます。 これは後方 Group-A-6 場合に応じて送信 される コーリングパーティのカテゴリです。 着信コールに関しては、ルータは ka 値を集めます。 送信コールに関しては、ルータはもし設定するなら ka を送信 します。 さもなければ、ルータは国に対するデフォルトカテゴリを送信 します。
kd 1-15 これは中国で使用されます。 これは後方 Group-A-3 場合に応じて送信 される カテゴリです。 着信コールに関しては、ルータは kd 値を集めます。 送信コールに関しては、ルータはもし設定するなら kd を送信 します。 さもなければ、それは国に対するデフォルトカテゴリを送信 します。
dnis-digits min 1 max 1-64 ルータが DNIS ディジットの数をあらかじめ知らない場合 DNIS の終わりを検出するために、タイムアウト メカニズム(3 秒)に頼らなければなりません。 最大値の設定は 3 秒までにコール セットアップ時間を高速化します。
dnis-complete 送信はすべての DNIS 数字後 Group-I-15 場合を転送します。 送信コールだけのために有効。 スイッチがそれを必要とするか、または 3 秒までにコール セットアップ時間を短縮したらこれを設定して下さい。 dnis-complete パラメータはスイッチ側の要件です。 たとえば、フィリピンで、前方 Group-I-15 場合が送信 されなければ、送信コールは成立しません。 従って、これは設定されていました。
応答シグナル{group-a | group-b} 1-15 デフォルトで、ルータは DNIS/ANI 収集の後で後方 Group-A-3 (アドレス完全な、Group-B への変更)を送信 します。 スイッチがグループII カテゴリを送信 するとき、ルータは Group-B 応答信号を送信 し、接続します。 Group-A 応答信号(A-6)が設定される場合、ルータはアドレス収集の後で A-3 を送信 しません。 それは A-6 を送信 し、次に接続します。
request-category 1-64 これが設定される場合、着信コールだけのための DNIS ディジットの「request-category」数を収集した後カテゴリのためのルータ要求。 このパラメータが設定されない場合、ルータはカテゴリを後方 Group-A-3 場合の送信によって後やっとアドレス収集頼みます。
カテゴリ 1-15 コール(優先順位または標準サブスクライバを持つサブスクライバ)の種類を規定 します。 ITU デフォルトは 1 です(正常なサブスクライバ)。 送信コールに関しては、ルータはこのカテゴリを送信 します。 これが設定されない場合、ルータはカントリーデフォルト カテゴリを送信 します。 着信コールに関しては、ルータはスイッチからカテゴリを集めます。 特別な処理はカテゴリに基づいていません。
NC-congestion 1-15 これは non-compelled シグナリングのための後方 Group-B 輻輳場合です。 これが設定されない場合、ルータはデフォルト後方 Group-B-4 場合を使用します。
country use-default 常に最初に country use-default パラメータで設定して下さい。 これはその国のためのデフォルト レジスタ シグナルをロードします。 レジスタ シグナルがロードした後スイッチに基づいてそれからカスタマイズできます。
answer-guard-time 1-1000 ミリ秒 これはレジスタ返事後方 Group-(B1 か B6)場合および行返事送信 する ルータ間の待機です(01)。 デフォルトは 1秒です。 リングがこの待機の間にコール セットアップ時間を高速化したいと思う場合シグナリング ステージに失敗する呼び出しである返事(RNA、)、または起こらないかこのタイマーを短く設定して下さい。
デバウンス時間 10-40 ミリ秒 このタイマーの少なくとも長さを持続させるときだけどのラインシグナリング変更でも有効と見なされます。 デフォルトはすべての国のための 40 ミリ秒です。 スイッチに基づいてこれを調整して下さい。
release-guard-time 1-2000 ミリ秒 ルータはスイッチから clear-forward信号を受け取ることのこのタイマーを開始します。 それはそれからこのタイマーの有効期限のアイドル状態を送信 します。 デフォルトは 2 秒です。 スイッチ設定にこのタイマーを一致させました。
seizure-ack-time 2-100 ミリ秒 これは捕捉を受け取り、Seizure Acknowledgment (ACK)を送信 する ルータ間の遅延です。 このタイマーは AS5200s および AS5300s でだけ設定可能です。 AS5800s で、遅延がありません。 スイッチ 要件に基づいてこれを調整して下さい。
計量 課金信号はコールの料金ポイントからの発生 交換のサブスクライバの度数計にコールの間に逆方向に送信されるパルス型場合です。 このパルスは「脈打ったクリアバック」(01 から 11 および背部)または「脈打った返事」のどれである場合もあります(11 から 01 および背部)。 課金信号との混合を避けるために、クリアバック場合は許可されません。 計量がオンになっている場合、ルータは強制リリースを送信 します(00)クリアバック(11)の代りに。
invert-abcd 0|1 0|1 0|1 0|1 TX の前におよび rx の後でタイム スロット 16 の ABCD ステータスビットを逆にします。 少し 1 に設定 される場合、ルータは送信する前に、そして受け取った後ビットを逆にします。 たとえば、invert-abcd 1 0 0 0 はビットだけ A 逆にします。
unused-abcd 0|1 0|1 0|1 0|1 R2 シグナリングは A を、B ステータスビットだけ使用します。 このコマンドは未使用 C を、D ビット 設定 します。 中国が 01 である以外未使用 C を、すべての国のための D ビット ディフォルトして下さい。 中国に関しては、C は、D ビット 11.です。
release-ack これが設定される場合、ルータはスイッチからの clear-forward信号に ACK (11)を送信 します。 現在 AS5800 でサポートされなくて。 最初はマルタのために設定されて。
送られ続ける ITU パルス回線 シグナリング(S-7) ACK 送られ続ける場合(150 ms パルス)との捕捉。 サテライトリンク上のこのシグナリングのバリアントはこの場合を使用しません。 これが設定される場合、ルータは ACK 着信コールのための捕捉し、送信コールのための ACK を期待しません。 これはパルス回線 シグナリング呼び出しだけに影響を与えます。 AS5800 でまだサポートされなくて。

注:  カテゴリのための ka および kd 立場。 中国に group-k 場合があります。 ka パラメータは後方 Group-A-6 (発呼側カテゴリ 要求)に応じて、最初に送信 されます。 kd は後方 Group-A-3 (完全なアドレス)に応じて送信 されます。 これら二つは可能性としては中国のために異なります。 他の国に関しては、同じカテゴリは両方の要求に送られます。

国オプションに関する詳細は、E1 R2 信号を送ることのための国オプション 設定を示します

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12153