コラボレーション エンドポイント : Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ

フィーチャーキーを使用して Cisco 7910 に補助サービスを追加する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco 7910 またはその他の Cisco IP Phone のコール パーク、コール ピックアップ、および転送などの機能キーの設定方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco 7900 シリーズ IPフォン

  • Cisco CallManager 3.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

手順

フィーチャーキーを Cisco 7910 (または他の IP Phone)に追加するためデフォルト電話テンプレートに基づいてカスタム テンプレートを作成する必要がある。 この場合 Cisco 7910。

  1. Cisco CallManager Administration から、Device > Phone Button Template の順に選択 して下さい。

    注: Cisco Unified CallManager 4.x は、運行設定 する デバイス > デバイス > Phone ボタン テンプレートです。

    /image/gif/paws/10919/feature-keys-ip-phone-1.jpg

  2. テンプレートとしてドロップダウン メニューから『Default 7910』 を選択 し、『Copy』 をクリック して下さい。

    feature-keys-ip-phone-2.jpg

  3. 新しいテンプレートに名前をつけて下さい。 この場合、Example 7910:。 新しいテンプレートを作成したら、必要条件を満たし、『Insert』 をクリック する フィーチャーキーを選択できます。

    /image/gif/paws/10919/feature-keys-ip-phone-3.jpg

  4. Phone Configuration ページで、Phone ボタン Template* ドロップダウン・メニューからちょうど作成した新しいテンプレートを選択して下さい。 電話を新しいテンプレートを使用してもらうために『Reset Phone』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/10919/feature-keys-ip-phone-4.jpg

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10919