音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

コーデックステートメントがない状態で Cisco CallManager にH323 着信コールでダイヤルされた最後の数字の後のビジーシグナル

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この問題は、ダイヤル ピア上でコールを発信するデバイスに対してダイヤル ピアのコーデックを設定する際のエラーにより発生している可能性があります。 このドキュメントの例では、g711ulaw を必要とするデバイスが、ダイヤル ピア上でコールの発信を試行しています。 コールは失敗し、発信者はビジー トーンが聞こえます。

この資料のこの最初セクションはこの問題のための Cisco CallManager エラーメッセージ トレースを示します。 第 2 セクションは抜けたコマンドにポインタとの設定を示します。 第 3 セクションは同じダイヤル ピアの複数のコーデックをサポートするために voice class codec コマンドを設定する方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManager トレース

Cisco CallManager|H245Interface(30) - match capabilities failed
Cisco CallManager|AgenaInterface - ERROR 
waitForMXCapabilitiesExchanged_MediaExchangeCapabilitiesIncoming - 
match capabilities error

TAC のためのトレースを設定していたらヘルプを必要とする場合 TAC のための CallManagerトレースのセットアップを参照して下さい。

ルータの部分設定

!
dial-peer voice 2000 voip
    destination-pattern 2...
    session target ipv4:10.10.10.10
    dtmf-relay cisco-rtp h245-signal h245-alphanumeric
    ip precedence 5
!

この設定にダイヤル ピアの下で codec g711ulaw コマンドがありません。 デフォルトで、ダイヤル ピアは g729r8 圧縮を使用します。 g729r8 圧縮を使用しないどのデバイスでもコールを完了できません。

これを固定するために、ダイヤル ピアの下で codec g711ulaw コマンドを追加して下さい。

複数Codecのセットアップ例

場合によってはダイヤル ピアの複数のコーデックをサポートすることは必要です。 異なる領域かデバイスは異なるコーデックを使用するかもしれません。 たとえば、ルータ間の WAN 接続は g729 を、が Cisco Unity サーバ 使用 g711 デフォルトで使用します。 コールは異なるコーデックを領域を横断する使用する必要があったりまたは異なるコーデックを必要とするデバイスを統合必要があることがわかっていれば、ダイヤル ピア サポート倍数コーデックを確かめる必要があります。 このセクションは 1 人のダイヤル ピアのための複数のコーデックを設定する方法を説明します。

Router#configure terminal
Router(config)#voice class codec 99
Router(config-class)#codec preference 1 g711ulaw
Router(config-class)#codec preference 2 g729br8
Router(config-class)#codec preference 3 g729r8
Router(config-class)#end 

Router(config)#dial-peer voice 2000 voip
Router(config-dial-peer)#voice-class codec 99
Router(config-dial-peer)#^Z

voice-class の下でコーデックを入力するときパーザヘルプを呼び出すとき、ルータによってサポートされるコーデックのリストを表示します。

AV-3640-1(config-class)#codec preference 3 ?
  clear-channel  Clear Channel 64000 bps
  g711alaw       G.711 A Law 64000 bps
  g711ulaw       G.711 u Law 64000 bps
  g723ar53       G.723.1 ANNEX-A 5300 bps
  g723ar63       G.723.1 ANNEX-A 6300 bps
  g723r53        G.723.1 5300 bps
  g723r63        G.723.1 6300 bps
  g726r16        G.726 16000 bps
  g726r24        G.726 24000 bps
  g726r32        G.726 32000 bps
  g728           G.728 16000 bps
  g729br8        G.729 ANNEX-B 8000 bps
  g729r8         G.729 8000 bps
  gsmefr         GSMEFR 12200 bps
  gsmfr          GSMFR 13200 bps

関連情報


Document ID: 10918