Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco IGX 8400 モジュール

UXM/BTM:BIP-8 コード エラー

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは UXM/BTM BIP-8 のコード エラーについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

このエラーは T3 および E3 バックカードとの IGX 広帯域トランク モジュール (BTM)に適用されます。

8 ビット エラー(BIP-8)のビット挿入パリティはどちらかの 8 ビット フィールド フレームのエラーを検出することができる DS3 または E3 フレーミング構造です。 それは方式をチェックする偶数 パリティーを使用します。

DS3 PLCP フレーム

btm_bip8_code_errs-1.gif

ビット挿入パリティ- (B1) BIP-8 はパス エラー モニタリングをサポートします。 前の PLCP フレームの Path Overhead (POH) フィールドおよび関連する ATM セル(648 のオクテット 青で表示)で構成されている計算され、B1 オクテットで挿入されます BIP-8 は 12 x 54 オクテット 構造に。 B1 の n番目ビットは 12 x 54 オクテット 構造の 648 オクテットの n番目ビット上の偶数 パリティーを提供します。

G.832/804 E3 フレーム

btm_bip8_code_errs-2.gif

BIP- 8 (EM)を監察するエラーは 1 バイト エラー モニタリングのために割り当てられます。 この機能は偶数 パリティーを使用する BIP-8 コードです。 前のフレームの付加ビットが含まれている BIP-8 はすべてのビットに計算されます。 計算された BIP-8 は EM バイトの現在のフレームに置かれます。

ATM およびブロードバンド なトランクのブロードバンド な(ATM)トランク 形式 セクションのフレーミング構造の更に詳しい情報を読むことができます。

エラー例

装置エラーの本当らしい位置は黄色で強調表示されています。

/image/gif/paws/10845/btm_bip8_code_errs-3.gif

トラブルシューティング

ここで説明するトラブルシューティングを実行すると、運用に影響します。 Maintenance ウィンドウでこれらのステップをこのような状況で実行して下さい:

  • ユーザトラフィックが影響を受けていればまたは

  • エラー状態はまだ持続することを dsptrks が示せば、のようなトランクが Clear-OK にない時

トランクの両端は解決するときアクティブである必要があります。

  1. dsptrks コマンドを実行して、トランクがアクティブであることを確認します。 トランク番号が dsptrks 画面に表示されていない場合、そのトランクはアクティブになっていません。 トランクをアクティブにするために、dsptrks コマンドを発行して下さい。

  2. ローカル BTM バックカードと次 の デバイス アップストリーム間のケーブル接続をチェックして下さい。 通常、次のデバイス アップストリームはローカル ネットワーク終端(NT)です。

    1. ローカルケーブル接続を BTM バックカードに接続されて残して下さい、しかし NT から取除いて下さい。

    2. 適切な BNCコネクタが付いているローカル BTM バックカードにケーブルをループバックして下さい。 代替として、ローカル顧客前提機器(CPE)の方にメタリックループにローカル NT を置いて下さい。 この例では、ローカル CPE はローカル BTM です。 dsptrks のトランクステータスが Clear-OK に変更し、dsptrkerrs がもはやインクレメンタル エラー、ローカルケーブルおよび BTM カード セット作業きちんと示さなければ。 ステップ 3.に進んで下さい。

    3. clrtrkerrs および dsptrkerrs コマンドを発行して下さい。

    4. dsptrkerrs を数分間監視して下さい。 トランクステータスが Clear-OK に変更しないかまたは IF エラーが増分し続けたらステップ 2.と続けて下さい。

  3. ローカルハードウエアをチェックして下さい。

    1. BTM バックカード コネクタにケーブルをループして下さい。 dsptrks のトランクステータスが Clear-OK に変更すれば、そして dsptrkerrs がインクレメンタル エラーを示さなければ、BTM カード セットはきちんとはたらきます。

    2. ケーブル接続を交換して下さい。

    3. 続ける前に待機少なくとも cnftrkparm の Red Alm Out タイマー 設定より長く 10 秒。

  4. リモート BTM バックカードと次 の デバイス アップストリーム間のケーブル接続をチェックして下さい。 通常、これはリモート NT です。

    1. リモート ケーブルを BTM バックカードに接続されて残して下さい、しかしリモート NT から取除いて下さい。

    2. 適切な BNC ケーブルのリモート BTM バックカードにケーブルをループバックして下さい。 代替として、リモート CPE の方にメタリックループにリモート NT を置いて下さい。 この例では、リモート CPE はリモート BTM です。 リモート トランクの dsptrkerrs がもはやインクレメンタル エラー、リモート ケーブルおよび BTM カード セット作業きちんと示さなければ。

    3. 5 分ステップ 5.に進む前にモニタ dsptrkerrs のための少なくとも。

  5. Telco ループのためのリモート NT を設定して下さい。 適切な BNC ケーブルを使用するこれはケーブル ループを必要とします。 試験装置が利用できない場合、dsptrkerrs コマンドをローカル IGX で発行し、インクレメンタル エラーが発生するかどうか確認して下さい。 それ以上のトランク エラーが数えられない場合、Telco回線はきちんとはたらきます。

    1. リモート NT Telco ループを取除き、保守するためにトランクを復元する。

    2. dsptrkerrs コマンドをローカル IGX で発行し、エラーが増分し続けるかどうか確認して下さい。 BIP-8 エラーが続く場合、ステップ 6.に進んで下さい。

  6. 信号 強度が十分であること最大ライン の 長さが超過しなかったことを確かめれば。 ライン ケーブル長を設定する cnftrk コマンドを発行して下さい。

  7. 行をテストするために Telco を頼んで下さい。

これらのステップを実行した後問題が持続したら、Cisco Systems Technical Assistance Center (TAC)に連絡して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10845