スイッチ : Cisco MGX 8250 Edge Concentrator

RPM 相違点の理解

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ルート プロセッサ モジュール(RPM)を別のルート プロセッサ モジュールと区別する方法について説明します。 Cisco MGX 8800、8230、および 8250 シリーズ 製品のための RPM は別のものと 1 つを区別する必要があるとき混乱を引き起こす場合がある複数の修正を経ました。 Return Material Authorization (RMA)順序を処理するために RPM の 3 つの生成間の違いを識別できる必要があります。

前提条件

要件

この文書の読者には、次の項目に関する知識が必要です。

  • Cisco MGX 8800、8230、および 8250 シリーズ 製品 ハードウェア

  • Cisco IOS(R) ソフトウェア Command Line Interface (CLI)

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

RPM タイプを判別するためにボードを点検して下さい

この表は一般に利用可能 な RPM の 3 つの型の各生成の製品名、主要部分および変更を提供したものです。

注: この表では、X はハードウェアバージョンを表す変数です。

注: SAR = Segmentation And Reassembly

- - - -
RPM タイプ 他の名前 処理エンジン DRAM 製品番号 800 レベル 部品番号 RPM 機能拡張
RPM RPM/A NPE150 64MB 128MB MGX-RPM-64M= MGX-RPM-128M= 800-04541-0X 800-04645-0X
RPM/B NPE150 128MB MGX-RPM-128M/B= 800-05743-0X 増強されたフラッシュメモリ、より速い SAR およびセル バス スループット
RPM-PR RPM-400 NPE350 256MB 512MB MGX-RPM-PR-256= MGX-RPM-PR-512= 800-07178-0X 800-07656-0X 増強されたフラッシュメモリ、高速プロセッサ
RPM-XF RPM-XF1 512MB MGX-RPM-XF-512= 余分高速プロセッサ

RPM/B および最小ファームウェアおよび IOS 必要条件への機能拡張についてのその他の情報に関しては、製品速報を、第 984 参照して下さい。 RPM PRs は MGX-RJ45-4E を使用しません。 RPM PRs は MGX-RJ45-4E/B を必要とします。 MGX-RJ45-4E/B は RPM/B および RPM-PR を使用します。

RPM ラベルのフロント 前面プレートが正しくない常にことに注意することは重要です。 できる何を意味するかさまざまな RPM 前面プレート ラベルはここにリストされ、:

このフロント 前面プレート ラベル… …この RPM カードを示すことができます:
RPM RPM/A RPM/B
RPM/B RPM/B
RPM-400 RPM-PR
RPM-PR RPM-PR
RPM-XF RPM-XF

RPM (RPM/A) の特性

モジュールの ATMizerチップによって RPM を識別できます。 カラム識別子 L.用のカードの上を(カードが保持された直立物のとき)検知 して下さい。 提供される例では識別は LSI からの 2 つの ATMizerチップです。 オリジナル RPM に ATMizer-LX60 と分類される半導体素子があります。 これらの下のチップに(L 形成で)それらのデジタルからのロゴがあります。 L 形成のチップはこのピクチャの範囲によって示されます:

/image/gif/paws/10833/RPM_A_picture.gif

RPM/B の特性

またモジュールの ATMizerチップによって RPM/B を識別できます。 カラム識別子 L.用のカードの上を(カードが保持された直立物のとき)検知 して下さい。 識別子の下で LSI からの 2 つの ATMizerチップはあります。 RPM/B に ATMizer II+ と分類される半導体素子があります。 細字印刷テキストの最初の行は ATMizer-LX80 としてこれを識別します。 これらの下のチップに(L 形成で)それらの Intel からのロゴがあります。

RPM-PR (RPM-400) の特性

ボードを覆うケースによって RPM-PR を識別できます。 チップおよび管理 委員会は目に見えません。

RPM-XF の特性

ボードのラベル上の追加大文字小文字の区別によって RPM-XF を識別できます。 チップおよび管理 委員会は目に見えません。

RPM タイプを判別するのに CLI を使用して下さい

インストールされるどの RPM を次のものを持っているか識別するのを助けることができるフラッシュメモリ量を RPM Command Line Interface (CLI)で判別するこれらの Cisco IOSソフトウェアコマンドを使用できます:

フラッシュメモリ量を判別した後、RPM タイプを調べるのにこの表を使用して下さい:

RPM タイプ flash size DRAMサイズ
RPM 4MB 32MB/64MB/128MB
RPM/B 16 MB 128MB
RPM-PR 32 MB 256MB/512MB
RPM-XF 32 MB 512MB

show version コマンドを使用して下さい

例 1:

この例では、下から 2 番目の行に注意して下さい。 この行はフラッシュメモリ量を示します。 この場合、16 MB に匹敵する 16384 KB があります。 メモリ量はこれに RPM/B.を作ります。

m8250-6a-rpm-9> show version
Cisco Internetwork Operating System Software 
IOS (tm) RPM Software (RPM-JS-M), Experimental Version 12.1(20010111:004152) [sw tools-rpm12153t_xt 103]
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 15-Jan-01 18:07 by swtools
Image text-base: 0x60008960, data-base: 0x61306000

ROM: System Bootstrap, Version 11.3(19980722:220418) [phsu-brutus-120 101], DEVE
LOPMENT SOFTWARE
BOOTFLASH: RPM Software (RPM-BOOT-M), Version 12.0(7)T,  RELEASE SOFTWARE (fc2)

m8250-6a-rpm-9 uptime is 1 week, 2 days, 22 hours, 44 minutes
System returned to ROM by power-on
Running default software

cisco RPM (NPE150) processor with 98304K/32768K bytes of memory.
R4700 CPU at 150Mhz, Implementation 33, Rev 1.0, 512KB L2 Cache
Last reset from power-on
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
TN3270 Emulation software.
4 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 ATM network interface(s)
125K bytes of non-volatile configuration memory.
4096K bytes of packet SRAM memory.

16384K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x2102

例 2:

この例では、第 4 段落の最初の行に注意して下さい—これが RPM-PR カードであることをこの行は示します。 Cisco に RPM-PR カードの 2 つの変化があります; 1 つは 256 DRAM とあり、他は 512 DRAM とあります。 、フラッシュ メモリおよびセクタ サイズを示す最後の段落の第 2 行の外観 256 か 512 DRAM を区別するため。 セクタ サイズが 256 である場合、これは 256 DRAM を示します。

Router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) RPM Software (RPM-JS-M), Version 12.2(8)MC2, EARLY DEPLOYMENT RELEASE S
OFTWARE (fc1)
TAC Support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 26-Jul-02 12:54 by dchih
Image text-base: 0x60008940, data-base: 0x61660000 

ROM: System Bootstrap, Version 12.1(20001003:080040) [swtools-rommon400 102], DE
VELOPMENT SOFTWARE
BOOTLDR: RPM Software (RPM-BOOT-M), Version 12.2(8)T4, RELEASE SOFTWARE (fc1)

Router uptime is 2 weeks, 6 days, 10 hours, 15 minutes
System returned to ROM by power-on
System image file is "c:rpm-js-mz.122-8.MC2.bin"

cisco RPM-PR (NPE400) processor with 491520K/32768K bytes of memory.
R7000 CPU at 350Mhz, Implementation 39, Rev 3.2, 256KB L2, 4096KB L3 Cache
Last reset from s/w peripheral
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
TN3270 Emulation software.

1 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 ATM network interface(s)
125K bytes of non-volatile configuration memory.

32768K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x2102

例 3:

この例では、第 4 段落の最初の行に注意して下さい—これが RPM-XF カードであることをこの行は示します。 現在、Cisco は RPM-XF カードの 1 つの型だけを提供します。

Router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) RPMXF Software (RPMXF-P12-M), Experimental Version 12.2(20021021:081259
) [swtools-zenith1.nightly 1072]
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 21-Oct-02 01:13 by swtools
Image text-base: 0x4000A940, data-base: 0x41800000

ROM: System Bootstrap, Version 12.2(20020127:182207) [swtools-ROMMON 113], DevTe
st Software

Router uptime is 2 minutes
System returned to ROM by reload at 23:24:17 UTC Thu Jun 5 2003
System image file is "bootflash:rpmxf-p12-mz.122124T_XT3"

cisco RPM-XF (RPM-XF1) processor with 487424K/32768K bytes of memory.
R7000 CPU at 400Mhz, Implementation 39, Rev 3.3, 256KB L2, 4096KB L3 Cache
Last reset from register reset
PXF processor tmc0 is running.
PXF processor tmc1 is running.
2 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 Gigabit Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 ATM network interface(s)
509K bytes of non-volatile configuration memory.

65536K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512KB).
Configuration register is 0x2102

show flash コマンドを使用して下さい

この例では、利用可能 な フラッシュ メモリの量および使用する量を示す最後の行に注意して下さい。 インストールされる合計を判別するために 2 つの量を追加して下さい。 この場合、2448868 のバイト等号と 959004 バイト 3407872 バイト。 これに RPM をするこれはおよそ 4 MB です、(RPM/A)カード。

Router> show flash
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1   .. image    C60A2AAE  295DE4   24  2448740 Jan 01 2000 00:01:36 rpm-boot-mz.
121-5.3.T_XT

959004 bytes available (2448868 bytes used)

dir コマンドを使用して下さい

この例では、利用可能 な フラッシュ メモリおよび使用中である量の総量を示す最後の行に注意して下さい。 32768000 バイトが、32 MB の、ありこれに RPM-PR (RPM-400)を作ります。

Router# dir 
Directory of bootflash:/

    1  -rw-     2453720   Jan 01 2000 00:01:08  rpm-boot-mz.121-5.3.T
    2  -rw-     7910956   Jan 01 2000 00:02:09  rpm-js-mz.121-5.3.T
    3  -rw-     7913792   Jan 01 2000 00:09:52  rpm-js-mz_002.001.000.239

32768000 bytes total (14489148 bytes free)

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10833