Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco BPX 8600 モジュール

BXMカードとBXM-E カードを見分ける方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco BPX 8600 シリーズ スイッチのレガシー BXM カードから、新しい Enhanced Broadband Switch Module(BXM-E)カードを識別する方法について説明します。 BXM-E カードは、コスト効率に優れた非同期転送モード(ATM)のスイッチングとトラフィック管理を提供することでレガシー BXM カードを向上させます。 接続およびより大きいセル ストレージ収蔵可能量の大きい数 BXM-E カード許可はレガシー BXM とカードを比較しました。

WANスイッチソフトウェアを使用したBXM およびBXM-E 互換性

BXM カードの次のハードウェアモデルは利用できます:

ハードウェアモデル 識別子 機能
BXM 識別文字無し E3、T3、OC3、OC12
BXM-E E 拡張 な E3 か T3
BXM-E D 拡張 な OC3 か OC12
BXM-E EX 拡張 な E3 または T3 のための追加メモリ
BXM-E DX 拡張 な OC3 または OC12 のための追加メモリ

WANスイッチソフトウェアのリリース 9.2 に関しては、BXM-E カードは BXMカードと互換性がありません。 この非互換性は BPX のカードの置換にだけ適用します。 BXM および BXM-E カード間の接続およびトランクはフル機能装備です。 BXM および BXM-E 非互換性はミスマッチ状態という結果に終る場合があります:

  • リリース 9.1 からのリリース 9.2 へのスイッチソフトウェアアップグレードにカード間の異なるメモリコンフィギュレーションを用いる Y冗長なBXM-E カードの組み合せの BPX があります。 BXMカード メモリ違いはリリース 9.1 でないリリース 9.2 で無視されます。

  • リリース 9.1 からのリリース 9.2 へのスイッチソフトウェアアップグレードに Y冗長なBXM-E および BXM カードの組み合せの BPX があります。 BXMカード メモリ違いはリリース 9.1 でないリリース 9.2 で無視されます。

  • 下部の キャパシティ BXMカードは不正確に発注された Return Material Authorization (RMA)が理由で高容量 BXM-E スロットにインストールされています。

  • BXM-E か BXM は不正確に発注された RMA が理由で適合しないカードタイプが付いている Y冗長ペアにインストールされています。

BXM-E カードに関する詳細については、拡張 な BXM を参照して下さい。

BXM から BXM-E へアップグレードに関する詳細については、BXM-E カードにアップグレード BXM を参照して下さい。

次 の テーブルは広く使われたスイッチ ソフトウェアの修正を用いる BXM および BXM-E 互換性を示します。

WANスイッチソフトウェアのリリース カードタイプは dspcd <slot_number ではっきりと > 出力されて示されますか。 BXM および BXM-E 互換性
9.1.x いいえ。 完全な互換性。 スイッチ ソフトウェアは BXM および BXM-E カードの間で区別しません。 BXM および BXM-E カードはプライマリとして動作するどちらかの 1 の Y冗長な設定で共存できます。
9.2.x リリース 9.2.36 と それ以降でだけ。 2 枚のカード間のインターオペラビリティは BXM からの BXM-E へのアップグレードの間にだけサポートされます。 スロットが BXM-E カードで動作したら、決して BXM にそれをダウングレード。
9.3.x はい。 BXM-E カードタイプはように dspcd <slot_number > コマンドの出力示されます。 完全な互換性。 BXM および BXM-E カードはプライマリとして動作するどちらかの 1 の Y冗長な設定で共存できます。

追加メモリの BXM-E カードについての次の出力は dspcd <slot_number > コマンドを発行した後表示する。 リリース 9.3.11 は使用されました。 カードタイプはで示されます: 下記のフィールド。

bpx1       TN    SuperUser       BPX 8620  9.3.11    May 19 2001


 Detailed Card Display for BXM-155 in slot 4
 Status:          Active
 Revision:        FKL              Backcard Installed
 Serial Number:   870918             Type: LM-BXM
 Top Asm Number:  28215802           Revision: BA
 Queue Size:      524280             Serial Number: 822049
 Support: 8 Pts, OC3, FST, VcShp     Supp: 8 Pts,OC3,SMF,APS
 Support: APS(FW, HW1+1)
 Support: LMIv 1, ILMIv 1, NbrDisc
 Support: OAMLp, TrfcGen
 #Ch:32704,PG[1]:32736, PG[2]:32736
 PG[1]:1,2,3,4,PG[2]:5,6,7,8,
 #Sched_Ch:61440
 Type: BXME, revision DX
Last Command: dspcd 10

ミスマッチのBXMカードの訂正

組合わせを誤まられた BXM Y冗長カード セットを訂正するプロシージャはスイッチ ソフトウェア 9.2.34 および BXM および BXM-E T3 ファームウェア モデル E カードを使用してラボで確認されました。 ルータは BXM カードに BXM Y冗長カード セットを渡るトラフィック負荷を提供するために接続されました。 ラボ 確認の間に、Y冗長ペアのアクティブ BXM の取り外しによりおよび switchyred コマンドはほとんどトラフィックの中断を引き起こしませんでした。

  1. バックグラウンド情報を得るために BXM-E カード テキストにアップグレード BXM を検討して下さい。

  2. スタンバイ BXM を取除き、BXM-E と取り替えて下さい。

  3. 必要であれば、BXM-E を空のスロットに移動し、チャネル統計情報を設定する cnfcdparm コマンドをアクティブ BXM のそれを一致するために水平になります発行して下さい。 これはアクティブ BXM のミスマッチ モードからスタンバイBXM-E を持って来ます。

  4. STANDBY 状態でアップするために BXM-E を待って下さい。

  5. アクティブ BXM を取除き、BXM-E と取り替えて下さい。 これは ACTIVE 状態でアップするためにスタンバイBXM-E を強制します。 switchyred コマンドはフロント カードに異なるキューサイズがあるので許可されません。

  6. STANDBY 状態でアップするために新しい BXM-E を待って下さい。

  7. Y 冗長 機能性を確認する switchyred コマンドを発行して下さい。

BXMカードとBXM-E カードを見分ける方法

リリース 9.2 に対する BXMカード型を識別するために。、コマンド dspcd <slot_number を > カードタイプを判別するために発行して下さい。 カードの 2 つの型の間で区別するために、dspcd <slot_numberキューサイズ フィールドを > 出力される観察して下さい。

この例では、BXM-155 カードは使用されます。 キューサイズ フィールドが 228300 である場合、カードタイプはレガシー BXM です。 キューサイズ フィールドが 260090 または 262140 である場合、カードタイプは BXM-E カードです。 より小さいメモリが低速カードで必要とされるのでレガシー E3/T3 BXM カード レポート 131000 のキューサイズ フィールド。 追加メモリ メモリ・カード レポートを用いる BXM-E カード 524280 のキューサイズ フィールド。

次 の テーブルは BXM および BXM-E カードのためのリリース 9.2.33 で dspcd コマンド出力間の相違点を示します。

BXMカードについての次の出力は dspcd <slot_number > コマンドを発行した後表示する。 リリース 9.2.33 は使用されました。 型がありません: カードが BXM または BXM-E だったかどうか識別するべきフィールド。

bpx1       TN    SuperUser       BPX 8620  9.2.33    Apr. 29 2001


 Detailed Card Display for BXM-155 in slot 10
 Status:          Active
 Revision:        FDD              Backcard Installed
 Serial Number:   770078             Type:          LM-BXM
 Fab Number:      28-2158-02         Revision:      BS
 Queue Size:      228300             Serial Number: 690488
 Support: 8 Pts, OC3, FST, VcShp     Supp: 8 Pts,OC3,SMF,RedSlot:NO
 Supp: VT,ChStLv 1,VSI(Lv 2,I,T,M)
 Support: APS(FW)
 Support: LMIver 1, ILMIver 1
 Support: OAMLp, TrfcGen
 #Ch:16320,PG[1]:8160,PG[2]:8160
 PG[1]:1,2,3,4,PG[2]:5,6,7,8,
 #Sched_Ch:16384

 Last Command: dspcd 10

BXM-E カードについての次の出力は dspcd <slot_number > コマンドを発行した後表示する。 リリース 9.2.33 は使用されました。 型がありません: カードが BXM または BXM-E だったかどうか識別するべきフィールド。

bpx2        TN    SuperUser       BPX 8620  9.2.33    Apr. 29 2001


 Detailed Card Display for BXM-155 in slot 3
 Status:          Active
 Revision:        FAE              Backcard Installed
 Serial Number:   869127             Type:          LM-BXM
 Fab Number:      28-2158-02         Revision:      P03
 Queue Size:      262140             Serial Number: 401183
 Support: 8 Pts, OC3, FST, VcShp     Supp: 8 Pts,OC3,MMF,RedSlot:NO
 Supp: VT,ChStLv 1,VSI(Lv 2,I,T,M)
 Support: APS(FW)
 Support: LMIver 1, ILMIver 1
 Support: OAMLp, TrfcGen
 #Ch:16320,PG[1]:8160,PG[2]:8160
 PG[1]:1,2,3,4,PG[2]:5,6,7,8,
 #Sched_Ch:16384

 Last Command: dspcd 3


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


 


Document ID: 10822