スイッチ : Cisco BPX 8600 シリーズ スイッチ

CK-192 エラー

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、一部のカード上で送信信号を同期するために CK-192 を使用する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

それらは何ですか。

ポーリング クロック エラーと同様に、これはブロードバンド コントローラ カード(BCC)によって分配されるクロックのエラーです。

これはどういう意味ですか。

一部のカードでは、送信信号を同期するために CK-192 が使用されます。 これが存在していない場合は、送信信号は離調し、さまざまな回線またはトランク サイド エラーが生成されます。 他のボード機能も影響を受ける可能性があります。

どうすれば問題を回避できますか。

1 枚のカードだけで障害が示されている場合は、障害を示さない別のカードを同じスロットで試してみます。 この新しいカードでは障害が示されない場合、元のカードに不具合があるため、元のカードを交換する必要があります。 新しいカードでも障害が示される場合は、この障害の原因はバックプレーンまたは BCC にあります。

現在アクティブな BCC をスタンバイにするため、switchcc コマンドを発行します。 次にこの BCC を、正常であることが判明している別のユニットに交換します。 その BCC をアクティブにしてエラーが発生するかどうかを再度確認するには、switchcc コマンドをもう一度発行します。 エラーが解消されたら、交換した BCC を、返品許可(RMA)手続きに従って返品します。 I/O カードと BCC の両方が正しく機能していると考えられる場合は、バックプレーンに問題があり、バックプレーンを交換する必要がある可能性があります。 これは非常手段であるため、このテストを繰り返し実行して念のため再確認できます。


関連情報


Document ID: 10807