Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco IGX 8400 モジュール

少量の出力フレーム廃棄と PIF オーバーフロー

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Internetwork Packet Exchange(IPX)プラットフォームおよび IGX プラットフォームの Credit Maximum(Cmax)の設定が非常に高いために Packet Input FIFO(PIF)のオーバーフローが発生している場合、隔離と診断は困難な場合があります。 高い Cmax の設定と大きなポート レートの組み合わせにおける少量の廃棄は、PIF のオーバーフロー問題がある IPX または IGX ネットワークの典型的な兆候です。

これらの PIF オーバーフローは FIFOバッファの不可能の結果パケットを処理する即時要求に応じるです。 高いCmaxの設定原因が ForeSight および非 ForeSight 相手先固定接続両方(PVC)とのネットワークに発生する場合があることオーバーフロー します。 高い Cmax および高いポート 比率設定と組み合わせて ForeSight を使用するネットワークは PIF に特に脆弱 オーバーフロー しますです。 さらに効果的に PVC レートを管理する、この組み合せは ForeSight の機能を妨げることができます。 これらの複雑な状況を避けるために、10.の Cmax 設定を使用して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

説明

用語

したたる出力 エラーは条件です一貫したエラーかフレーム廃棄の低率を示す。 これらの破棄の原因は多くの可能性があるので判別しにくい場合もあります。

Cmax は接続が最小情報速度(MIR)または休止情報レート(QIR)にスロットルなしでポート速度でネットワークにバーストできるパケットの数です。 通常、ユーザ設備から期待する平均 フレームのサイズを近づけるために Cmax を設定して下さい。

ForeSight は独自の、ダイナミック クローズドループ、レートベース、セルベースネットワークを渡るバースティ データの送信するで帯域幅保存をもたらす輻輳管理機能です。 ForeSight は接続が最大利用可能 な スループットを得ること、そして接続が他の接続が必要とするキャパシティを奪取 しないようにします。

詳細

少量イーグレスフレーム廃棄は Cmax値および高いポート レートの接続に発生する場合があります。 Cmax はフレーム リレー 固定速度および ForeSight接続のための構成可能パラメータです。 Cmax値はフレームリレー 接続によってがアイドル時間の間に生じるクレジットの最大数です。 各クレジットは 1 FastPacket に匹敵します。

これらのクレジットは接続が、IPX または IGX フレームリレーカードからの割り込み無しで、一定量の FastPacket をバーストするようにします。 接続がクレジットの使用とバーストときメカニズムが、PVC パスに沿う輻輳に関係なくパケットのバーストを絞ることができる ForeSight を含んでありません。 従って、ForeSight を使用するフレームリレーネットワークで、10 の Cmax値は最大の全体的なパフォーマンスが得られます。 このパラメータが設定可能であるけれども、大きい値にデフォルト設定をより 10.変更しないで下さい。

10 の上の Cmax値を設定 した場合、ネットワーク PVC の ForeSight によって効率的 な 管理を妨げることができます。 さらに、パケット破棄は適度 な トランク 輻輳の時の間にトランクに、発生する場合があります。 大きいポートレートと共の Cmax値を用いるネットワークに PIF オーバーフローが理由でパケット破棄のより高い確率があります。 したたる出力破棄は PIF オーバーフローの一般的 な 症状です。 時々、入力破棄かトランク エラーに少量の廃棄を帰因させることができます。 しかし、PIF の場合には発生のための明らかな説明オーバーフロー しません でしたり、そこにです。

PIF オーバーフローを識別するために、完全にの Cbus トレースおよび仕様 PVC のための終端 ノードを行って下さい。 トランクカードの PIF は 64 FastPacket を保持でき、4 Mbps のおおよそスループットレートがあります。 オーバーフローが行われるとき、FIFOバッファはバスからのパケット入力の即時要求に応じるにはトランクにパケットを渡すことが十分に急速にできません。

このイベントは二分の一 アップデート上のイベントを平均する dsptrkutl コマンドを使用するとき、イベントが表示する統計情報の重大な影響がないほど急速に発生する場合があります。


関連情報


Document ID: 10797