スイッチ : Cisco BPX/IGX/IPX WAN ソフトウェア

リアルタイムの回復

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

スイッチ ノード(IGX または BPX)が多くのリアルタイム(80 ~ 90 パーセント)を消費している場合、このリアルタイムの一部を再設定し、回復するには cnfrobparm コマンドを使用できます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

構文

cnfrobparm <index> <value>

<index> が設定するためにパラメータをおよび規定 する一方、<value> はパラメータのために入るべき New 値を規定 します。

機能

このスーパーユーザ コマンドが頑強なアラームによって関連付けられるタイマーを設定 するのに使用されています。 頑強なアラームは node-to-NMS 通信のためのプロトコルです。 これらのパラメータはソフトウェアにどの位の割りで強い状態マシンを実行するためにおよびメッセージの間で待つためにどの位告げます。

強い通信パラメータ

いいえ。 パラメータ 説明 デフォルト
1 強い状態目覚しタイマー(秒。) この状態マシンはライフに毎秒(デフォルト)来ます。 このタイマーが増長される場合、より少しを頻繁に操作し、ノード プロセッサで負担のより少しをかけます。 10 秒。
2 Robust Update タイマー(秒。) メッセージが NMS に送られたら、もう 1 つはこのタイマーが切れる前に送信 されません。 10 秒。
3 強い確認応答 タイムアウト(秒。) この時間内の NMS によって確認応答が戻す通信リンクがダウンしていることを仮定されます。 300 秒。
4 強い確認応答 リセット タイムアウト(秒。) リンクがダウン状態になり、続いて修理される場合、次のメッセージはこのタイムアウトの後で送信 されます。 リンクのための演算時間を提供します。 60 秒。


関連情報


Document ID: 10778