スイッチ : Cisco BPX/IGX/IPX WAN ソフトウェア

tstcon コマンドの詳細

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、tstcon コマンドの詳細について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

tstcon コマンド 詳細

tstcon コマンドは相手先固定接続(PVC)の継続および機能をネットワークによってデータを渡すテストします。 コマンドは嵌入的で、簡潔に割り込まれるためにテストされる接続のデータを引き起こします。

tstcon コマンドが発行される時:

  • ソフトウェアは Frame Relay PAD (FRP) /Frame リレー モジュール(FRM)をリモート ループバックを要求するリモート エンドにメッセージと共に「tstframe」を送信 するように告げます。

  • FRP/FRM は送信 します「tstframe を」。

  • ソフトウェアはカードを応答を探すために「getframe」を発行するために見分けます。

  • 「tstframe」が受け取られれば、ローカル エンドは結果を宣言します:

    • 「tstframe」がそっくりそのまま返される場合、tstcon のステータスは完了し、結果は「良いです」。

    • 「tstframe」がリモート エンドから戻らない場合、tstcon の結果は「失敗します」。

    • 送信 されたときに「tstframe」がリモート エンドから戻るが、不完全または異なっていればと、結果は「失敗します」。

これらの状況により tstcon は打ち切ります場合があります:

  • カードは別のタスクを、バックグラウンドテストのような、同時に実行します。

  • tstcon は tstcon を取り消すリモート エンドから同時に発行されます。

  • 手動 ループバックはリモート エンドで始められます。

  • 接続はありません。

  • 接続のエンドポイント カードは失敗しました。

  • 接続のパスのトランクはメジャー アラームに、「comm-fail のような」、信号消失 (LOS)、等あります。

  • エンドポイントノードは「Comm Break に」互いにあります。

注: tstcon コマンドは debug コマンドとして最初にもたらされ、オペレーショナル ユースのためのツールとして意図されていません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10774